●氏・名を変更したいトップへ

★元市民課職員の危ない話★
●ホームへ
▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲
氏・名を変更したい!
▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

とにかく名を変更したい

 氏の変更は「やむを得ない事由」の場合、認められているのに対して、名の変更は「正当な事由」があれば認められています。氏の変更と同じように、家庭裁判所の許可を得て、役所に届け出ることにより、変更されるのです。

●■● ■● ■● ● ●■ ● ■●■

 氏の変更は「やむを得ない事由」、名の変更は「正当な事由」なので、言葉的に、氏の変更のほうが厳しいかな、という感じがします。氏は、1人だけではなく、その戸籍に入っている人全員に影響しますし、今、いる人だけではなく、その子供、またその子供にも影響が及ぶことが充分考えられます。その点、名は、その人個人だけにしか影響しません。というようなことから、名は「正当な事由」さえあれば、それが認められているのです。
 といっても、安易にどんどん改名できるわけではありません。いったい「正当な事由」とは、どんなことなのかといいますと、

営業上の目的から襲名する必要のあること。

同姓同名者があって社会生活上甚だしく支障のあること。

神官若しくは僧侶となり、又は神官若しくは僧侶をやめるために改名する必要のあること。

珍奇な名、外国人にまぎらわしい名、又は難解、難読の文字を用いた名で社会生活上甚だしく支障のあること。

帰化した者で、日本風の名に改める必要のあること。

異性と紛らわしい名。

永年使用の通名、芸名、雅号、ペンネームなど。


 

 具体的にどういう理由でどのぐらい証拠書類をそろえれば許可になるのかというような判断基準を決めるのは難しいです。少なくとも私にはわかりません。というより、私がどうのこうのいっても、それぞれ、その人によって年齢や社会的環境や名の持つ影響力が違いますから、個々の事案について家庭裁判所でそれぞれ審議されることになります。

 一般的に、単なる個人の趣味や主観的感情、そして姓名判断などを理由とするものは認められていないようです。
 事例として一番多いのは、永年使用している通名が認められるというケースだと思います。(調べたわけではありません。なんとなくです)

\(#^.^#)

●■● ■● ■● ● ●■ ● ■●■

(^_^)/
 家庭裁判所への許可審判の申し立てや戸籍の届はだれがするかというと、15歳未満なら法定代理人(親権者の父母)になりますが、15歳以上なら本人が申立人、届出人になります。15歳以上なら、自分の意志で変更することも可能だということです。(許可になればの話です)

●■● ■● ■● ● ●■ ● ■●■

 さて、しつこいようですが、名の変更も、氏の変更と同じように、家庭裁判所の許可を得なくてはなりません。その家庭裁判所の手続について、これ以上詳しくは、家庭裁判所で確認していただくしかないと思います。
 許可になったら、その審判書の謄本を添付して、本籍地か住所地の役所に名の変更届を届け出ることになります。家庭裁判所の許可を得ていない届出は受理されることはありません。本籍地以外の役所に届け出る場合は、戸籍謄本1通必要です。

 

家庭裁判所での手続についてはこちらをご覧下さい

  

■●●●●■●●●●■●●●●■●●●●■●●●●■●●●●■●●●●■●●●●■●●●●■●●●●■

   

●ホームへ      ●氏・名を変更したいトップへ