●氏・名を変更したいトップへ

★元市民課職員の危ない話★
●ホームへ
▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲
氏・名を変更したい!
▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

 離婚により氏を変更したい

     

Q:離婚して、旧姓に戻りたい場合の手続はどうすればいいの?

 夫婦のうち、筆頭者ではないほうの人、ようするに結婚するときに氏が変わった人(現実には妻の場合が多い)は離婚すると(離婚届を届け出るだけで)原則として旧姓に戻ります。
 旧姓に戻りたい場合は、離婚届出以外の手続はありません。離婚届そのものが、旧姓に戻るための届といってもよいでしょう。

Q:離婚しても旧姓に戻りたくない場合は?

 「離婚したいけれど、旧姓にもどるのはいやだ。離婚しても、できれば婚姻していた時の氏(姓)のままでいたい。」という人は、離婚届と同時に、「離婚の際に称していた氏を称する届(戸籍法77条の2の届)」を届け出れば、離婚しても氏は変わりません。婚姻していた時の氏(離婚する直前の氏)のままでいられます。
 この「戸籍法77条の2の届」は、家庭裁判所の許可は必要ありません。
 離婚届の時に、この「戸籍法77条の2の届」を出していなくても(離婚届だけですと、必ず旧姓に戻ってしまいます)、
離婚後3ヶ月以内なら、この届出をすることができます。離婚によって、旧姓にもどってしまっても、「戸籍法77条の2の届」を届け出た段階で、また婚姻していた時の氏に変更できるのです。タイムリミットは3ヶ月です。

\(^-^)

 ■●●●●■●●●●■●●●●■●●●●■●●●●■●●●●■●●●●■●●●●■●●●●■●●●●■

    

Q:離婚後も旧姓に戻らず結婚していた時の氏にしたけれど、やっぱり・・・

 この「戸籍法77条の2の届」を届け出た後に、「やっぱり旧姓にもどりたい」と言ってもそれは簡単にはできません。通常の氏の変更(戸籍法107条1項の届)と同じように、家庭裁判所の許可が必要になります。これは裁判所の判断なのではっきりとは言えませんが、よほどの理由がない限り許可は難しいと思われます。ただ最近では理由によっては許可になる例もあるようですので、家庭裁判所に相談してみてください。
 家庭裁判所で許可になったら、審判書と審判確定証明書を添付して、住所地か本籍地の役所に「
氏の変更届」を届け出るという手続きになります。

●■● ■● ■● ● ●■ ● ■●■

 離婚により氏を変更したい パート2・・・・

(^o^)/

ハーイ、よろしいですか?

  

(^_^)/

がんばって!

Q:離婚後、旧姓に戻ったけれど、やっぱり・・・

 離婚によって、旧姓にもどってしまっても、離婚後3ヶ月以内なら「戸籍法77条の2の届」を届け出た段階で、また婚姻していた時の氏に変更できます。手続はものすごく簡単です。役所で届出用紙に記入(押印)して届け出るだけです。本籍地ではない役所に届け出る場合は、戸籍謄本が1通必要です。

 ところが、そのタイムリミットの3ヶ月を過ぎてしまった後、「やっぱり婚姻していた時の氏に変更したい!」という場合はどうしたらいいでしょう。
 この場合、「戸籍法77条の2の届」は届け出ることができませんから、家庭裁判所の許可をとって氏の変更届をすることになります。もし、裁判所で許可になれば、「
氏の変更届」を届け出ることができますが、これも「やむを得ない事由」に限り許可が認めらるので、だれでもすぐに許可になるということではありません。裁判所で許可にならない限り氏を変更することはできなくなります。

Q:離婚により母と子で氏が違ってしまう。子を母の氏に変更するには?

★子供の氏を父や母の氏に変更したいをご覧下さい。

 

■●●●●■●●●●■●●●●■●●●●■●●●●■●●●●■●●●●■●●●●■●●●●■●●●●■

   

 離婚により氏を変更したい パート3・・・・

     

Q:2度目の離婚のときは?

 離婚で旧姓に戻るというのは、原則として結婚する直前の氏に戻ることを意味しています。結論から言いますと、離婚の時は、そのままの氏を選ぶのか、1つ前の氏を選ぶのかの2通りです。結婚する前の前の氏や、結婚する3つ前の氏に戻ることは原則としてできません。

 Aさんが結婚してBさんに変更になり、離婚してまたAさんに戻った後、再婚してCさんになったとします。そして離婚という場合、選べるのは現在の「C」か、1つ前の「A」です。「B」になりたいといっても簡単にはできません。
 また、Aさんが結婚してBさんになり、離婚するときに「A」に戻らず「B」のままでいた人が、その後、再婚してCさんになったとします。そして離婚という場合は、現在の「C」か、1つ前の「B」のどちらかしか選ぶことができません。最初の「A」に戻りたいといっても簡単にはできないのです。

 どうしても変更したい場合は、通常の氏の変更(戸籍法107条1項の届)と同じように、家庭裁判所の許可が必要になります。「変更したい」というやむを得ない事由が認められ、家庭裁判所で許可になれば、審判書と審判確定証明書を添付して、住所地か本籍地の役所に「氏の変更届」を届け出るという手続きになります。

\(^-^)

 

●ホームへ      ●氏・名を変更したいトップへ