●氏・名を変更したいトップへ

★元市民課職員の危ない話★
●ホームへ
▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲
氏・名を変更したい!
▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

じめに

 
 「氏名」という言葉はとてもポピュラーですね。文字通り「氏」と「名」のことです。突然、当たり前のことで失礼! ところが、このように「氏(うじ)」と「名」に分けてしまうと、この「氏」はあまりポピュラーではない気がするんです。なんとなく日本史のお勉強の世界に入ってしまったみたいで。

 「氏」と同じような意味で、「名字(苗字)」や「姓」という言葉があります。「夫婦別姓」「姓名判断」「同姓同名」など、どちらかというとこのほうがわかりやすい言葉かもしれません。

 でも、戸籍関係では、この「姓」のことを、一律して「氏」という言葉を使います。これが一番正式な呼び方なのでしょうか。このページでも、「名字(苗字)」「姓」のことを「氏」という言い方をします。堅苦しいイメージがありますが、そんなわけで、拒否反応を起こさないよう、よろしくお願いします。(「姓」という言葉を使っているときもあります。)

  

●■ ●  ■●●■●  ■ ●● ●■  ■●●■  ■● ●■

  

 さて、氏はどんな時に変更されるかといいますと、一番多いのは、婚姻した時でしょう。現在、日本では、夫婦別姓は選べないので、婚姻する時に、必ず、夫の氏か、妻の氏のどちらかを選ばなくてはなりません。そして、選ばなかった人は、選んだ人の氏に変更になります。

 次に多いのは、離婚届です。離婚によって、筆頭者の配偶者は、婚姻前の氏に戻ります。この場合は、戻らない(離婚しても、婚姻していた時の氏をそのまま名のる)ことも選べます。
 その他は、養子縁組や養子離縁、入籍届などです。いずれにしても、その届出をすることによって、ある程度自動的(必然的?)に氏が変わってしまう、あるいは、確実に変える理由があるという場合です。

 それ以外にも氏を変更したいということはあるでしょう。氏にしても名にしても、本人だけ、家族だけのもの(個人的なもの)とはいえないと思うのです。社会に対してといいますか、自分の氏名を世の中に示しているという点で、公共的なものという感じがします。
 もちろん、簡単にコロコロ変えることはできないわけですが、どういう場合にどう変えることができるのか、説明したいと思います。
  

◎氏とは、
  姓、苗字のこと。名は含まない。

◎名とは、
  氏ではなく、その下?次にくる名。

◎氏名とは、
  氏と名の両方。

 さて、「名」のほうは、一般的な言葉として「名前」というのをよく使います。でもこの「名前」というのは、その時々で、必ずしも「名」だけを指しているのではなく、実際には「氏名」のことを意味して使われることもありますから、ココではあやふなな「名前」も使いません。「名」という表現をします。
 
さぁ、この「氏」と「名」、はたして、変えることはできるのでしょうか。

■●●●●■●●●●■●●●●■●●●●■●●●●■●●●●■●●●●■●●●●■●●●●■●●●●■

 

●ホームへ      ●氏・名を変更したいトップへ