●ココだけの危ない話目次へ

★元市民課職員の危ない話★
●ホームへ

■■■■■
転出転入手続の話 ■■■■■

 

女性:「印鑑登録は住所が変わったら変更の手続が必要ですか?」

職員:「どちらからどちらに住所が変わりましたか?」

女性:「△△村からここ○○市ですけど」

職員:「はい。印鑑登録は、住所地で登録するようになってますから、△△村で転出の手続をしますと△△村の印鑑登録は廃止、無効になってしまうのですね。そして、ココ○○市では、新たに印鑑登録をするということになるんです。市区町村ごとにそれぞれ別々の登録なので、△△村での印鑑登録は△△村でしか通用しないのです。こちらではご面倒でも新しく登録しなおさなければならないのですが、ご本人で身分証明書をお持ちでしたら転入の手続と同時に印鑑登録もすることができます」

女性:「じゃ、このカードはもう使えないってこと?」

職員「あっ、それは、△△村の印鑑登録のカードですね。はい、それは、△△村で転出をした段階でもう使えなくなってます。△△村で転出届はもうお済みですね?」

女性:「転出? いえ、そんな手続してませんよ」

職員:「あっ、まだなんですか。それでは、今は転入の手続も無理になってしまいますね。転入の手続は転出証明書がないとお受けできないんです。」

女性:「えっ?」

職員:「まず、今までの住所地、△△村で、転出の手続をするんですね。そうしますと、転出証明書というものを発行してもらえるんです。次にその転出証明書を持ってこちらで転入の手続をするという順番なんです。ということなので、こちらで転入の手続をするためには、まず△△村で転出届をしてからということになります。」

〜〜〜 これ以降ものすごく省略 〜〜〜


 実際は、もっと長い時間お話してしまいました。長い時間お話していたのですが、この女性はどうしてもすぐに転入の手続をしたいという気持ちはなかったみたいで、窓口でのトラブルということではありません。転入だけでなく、印鑑登録をしたいということも一言もなかったですし、印鑑証明書が欲しいということもまったく言っていませんでした。何とも不思議な感じでした。

 当市での「印鑑登録」「転入」の話題から、前々住所(××町)から前住所(△△村)に住所を変更したときの手続についての話題に移ってしまったわけです。
 現に
△△村での印鑑登録証を持っているので、現在は△△村に住民登録しているというのはまず確実と思われます。その前の手続のことですから今さらどうのこうの言ってもどうにもならないので、永遠と世間話をしてしまったような感じ・・・・です。

 どう見ても(会話していても)日本人にしか見えなかったのですが、もしかして外国人?・・・・

 たしかに、外国人なら転出の手続をせずに転入の手続きをすることができます。
 

 

●戻る  ●ホームへ  ●ココだけの危ない話目次へ   ●次へ