●住基ネット専用掲示板へ

★元市民課職員の危ない話★
●ホームへ
▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲
住民基本台帳ネットワークシステム
▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

  

 この住民基本台帳ネットワークシステム(略して「住基ネット」)が、平成14年8月5日に稼働しました。稼働する少し前から、役所にはそれまで頻繁にあった【とある苦情】がグッと減ったのです。どんな苦情かといいますと、

   

 住民票1通取るのにわざわざ役所の窓口まで行かなくちゃならないなんて時代遅れだ。インターネットで自宅でも住民票を取れるようなシステムにすべきじゃないのか。

  

 転出届は郵送でできるといっても、それじゃ転出証明書が届くまで何日かかるのさ。インターネットという便利なものがあるのにどうして利用しないの。

  

 なんで住所の変更の手続は転出と転入と2回もやらなくちゃいけないの、「どこどこからどこどこに変更する」という手続なんだから1回やればいいじゃないの。同じ役所なんだからインターネットを利用すればネットワークも簡単なはず、そうすれば1回で済むだろう。

  

 いまだにそんなことやってちゃ役所だけ時代に取り残されるぞ。

 

 だいたい上のような内容です。何回言われたことが、数えきれません。ところが、ところがです。これらの苦情が2002年の夏からパタッとなくなったのです。

 住基ネットが稼働したといっても、2002年8月の時点ではまだほとんど何も変わっていない状態でした。その後、パスポートの申請に住民票の添附が不要となるなど、若干の変化はみられるものの、上記の苦情の内容は全然クリアーできていません。
 にもかかわらず、苦情がパタッとなくなったのです。

「なんでだろぉ〜、なんでだろぉ〜、なんでだなんでだろー♪」

 とりあえず、住基ネットのお陰です。

 でも、住基ネットへの苦情が・・・・。

  

................................................................................................................................................................................

  

 ってなわけで、危ない話はこのあたりで止めて、住民基本台帳ネットワークシステムに関しては、こちらをご覧下さいませ。

  

★住民基本台帳ネットワークシステムの構築 ← 総務省のサイト

★住民基本台帳ネットワークシステムのパンフレット ← 古いです

★住民基本台帳ネットワークシステム ← 自治体情報政策研究所提供

 

................................................................................................................................................................................

:::住基ネット専用掲示板:::

  

●ホームへ戻る