●ココだけの危ない話目次へ

★元市民課職員の危ない話★
●ホームへ

■■■■■■■ 戸籍謄本の話 ■■■■■■
 

〜〜〜戸籍謄本請求の申請書を見て記入漏れがあったので〜〜〜

職員「こちらに、本籍と筆頭者氏名をお願いします」

お客「どうして本籍を書かなくちゃならないの。今は、社会一般に本籍は省略する傾向にあるんだよ。会社にも本籍は書かないんだから。プライバシーの侵害だぞ。ブツブツ」

職員「・・・・」


 本籍を書きたくない、教えたくないというのなら、書かなくても結構です。戸籍謄本をお出しできないだけですから。
 でも、戸籍謄本が欲しいんですよね。これが、住民票や印鑑証明書だったらこちらも本籍は聞きません。たしかに、この人の言うとおり本籍を必要とする書類は少ないです。本籍は省略する傾向というのは、当たっています。

 戸籍謄本が欲しいのに、こちらに本籍を教えてくれないというのは、本屋さんで店員に「本が欲しい」と言って、店員が「どの本ですか?」とたずねたら、「どうしてあんたに欲しい本を言わなきゃならないの」と言っているのと同じです。そう怒鳴られたんじゃ店員も一瞬「・・・・」になってしまいますよね。
 根本的に素直じゃないのか、どこかで歯車がずれてしまったのかわかりませんが、あんた、そりゃないだろうって教えてあげたいです。

 怒って、言うだけ言って帰ってしまう人に「お待ち下さい。話はまだ終わっておりません。」って呼び止めて、「これこれこういうわけだから、あんたは間違ってる」と教えてあげたいです。でも、冷静になって考えればすぐわかりそうなことなので、そこまではしませんが、わかりそうもない人には教えてあげた方が親切です。それが住民サービス。
 

  

●前のページへ戻る   ●ホームへ戻る   ●ココだけの危ない話目次へ   ●次のページへ