●ココだけの危ない話目次へ

★元市民課職員の危ない話★
●ホームへ

■■■■■ 本籍と戸籍の話 ■■■■■
 
 

おば「パスポート取るんだけど、本籍はここで取れる?」

職員「(本籍取る?戸籍謄本のこと?)本籍地はどちらですか?」

おば「あっち、東京」

職員「こちらでは本籍が当市の方でないと取れません」

おば「え?ここに住所あんのに?」

職員「はい。戸籍謄本は本籍地の役所で取って下さい」

おば「戸籍は本籍で取る? じゃあ、本籍はここで取れる?」

職員「・・・・」(だからとれないちゅーの!)

おば「あっ、わかった。住所をあっちに移さなきゃ本籍は取れないのか」

職員「(ちがうっちゅーの!!)あのー、戸籍というのは・・・・」

おば「なんだ、難しいんだなぁ。住所あんのになあ。はい。わかりました」

   ----- おばさん、足早に行ってしまう -----

職員「(ちょっと待って、おばさーん、話聞いてよー)

   ----- 全然わかってないまま帰ってしまいました! -----


 よく、「○○の役所でこう言われたんだけど」というお客様がいます。その内容が正しいものなら良いのですが、どう考えても、いや考えなくても、そんなこと絶対言うはずがないという内容の場合も多いです。上記の場合も、このおばさん、後でみんなにあることないこと話しているだろうなぁと思うとゾッとします。

 でも、この場合は、はっきりしているのでまだいいのですが、こちらの説明をその時はわかったような顔をして、実は全然わかってなかったという場合もあります。

 市役所は不親切だ。うそつきだ。サービスが悪いという苦情はたくさんあります。確かに、こちらの不手際だったり、改善するべきものはそう努めますが、実際には、その人が誤解しているか、頭が悪いか、思い込みが激しすぎるという場合も多いのです。言うだけ言って、こちらの話を聞こうとしない人のなんと多いことか。
 すいている時ならばいいのですが、混んでいて、このおばさんよりかなり前に申請書を出しているのにまだ出来上がらず、待っているお客様が大勢いたりすると・・・・忙しい時ほどスマイル、スマイル。
 

 

●戻る   ●ホームへ   ●ココだけの危ない話目次へ   ●次へ