★元市民課職員の危ない話★
●ホームへ
▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲
戸 籍 制 度 の 変 遷
▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

 明治元年10月、京都府で「京都府戸籍仕法」が制定されました。翌年明治2年には各府県にその京都府戸籍仕法が頒布され、戸籍の編成についてはそれをみならいなさいということになったわけです。東京でもその年に「東京府戸籍令」(当時はまだ「東京府」なのさ)ができましたが、いくら京都府戸籍仕法にならって作ったものでも、京都の戸籍とは若干違っていたようです。  全国統一の中央集権政治を実現しようとする明治新政府にとって、国内の総人口を把握することは重要かつ急務だったわけです。ところが各府県でバラバラに戸籍を編成していたのでは、正確に調査することはできません。
 そこで・・・・
 

 明治5年式戸籍 

(「戸籍法」明治4年4月4日大政官布告第170号・明治5年2月1日施行)

 日本で最初に全国統一様式の戸籍ができたのが、この「明治5年式戸籍」です。この戸籍は実施の年が壬申の年だったので、一般に「壬申戸籍」(じんしんこせき)といわれています。

 戸籍の編成単位は「戸」で、本籍は住所地とされ、身分登録とともに住所登録という性格もあったので、現在の住民票の役割もはたしていたようです。

 

 明治19年式戸籍 

(「戸籍取扱手続」明治19年10月16日内務省令第22号、「戸籍登記書式等」同日内務省訓令第20号)

 戸籍様式、戸籍制度の改革により・・・本籍の表示は住所とするという点は明治5年式戸籍と同じですが、屋敷番制度ではなく地番制度が採用されました。そして、除籍制度が設けられたのがこの戸籍からです。(それまでは除籍という概念がなかった!)

 

 明治31年式戸籍 

(「戸籍法」明治31年6月15日法律第12号同年7月16日施行・「戸籍法取扱手続」明治31年7月13日司法省訓令第5号)

 明治31年に制定された民法(旧民法)で、「家制度」が制定され、人の身分関係に関しても詳細な規定を設けられることになったので、それらの事項を登録できるようにするために、戸籍は内容が変わりました。

 「家」が戸籍編成の単位です。

 この戸籍の大きな特徴は、戸籍簿の他に「身分登記簿」制度を設けたことです。身分関係の届出や報告はすべてこの「身分登記簿」に記載されるようになったのです。そしてそれらの事項を戸籍簿に書き写すという手間のかかる制度だったため、大正3年戸籍法によって「身分登記簿」は姿を消す運命になったわけです。

 

 大正4年式戸籍 

(「戸籍法改正法律」大正3年3月30日法律第26号・「戸籍法施行細則」大正3年10月3日司法省訓令第7号、施行大正4年1月1日)

「身分登録簿」を廃止したことによって、記載内容が詳細になったのがこの戸籍です。それまでの明治31年式戸籍は改製することなくその効力が認められました。でも、まだ混在していた「明治19年式戸籍」はこの「大正4年式戸籍」に改製すべきと決められたものの、その改製作業が行われないままになったものたくさんあったようです。

 

 昭和23年式戸籍 

(「戸籍法を改正する法律」昭和22年12月22日法律第224号・「戸籍法施行規則」昭和22年12月29日司法省令第94号、施行・昭和23年1月1日)

 これが現在の戸籍です。昭和23年といっても、それまでの戸籍が実際に改製されたのは昭和32年頃、どちらにしても私が生まれる前のことなのに、現在でも「戸籍」というと明治大正の戸籍をイメージする人が多いですね。
 この戸籍に改製される前の戸籍が「改製原戸籍」です。「改製原戸籍」は「大正4年式戸籍」や「明治31年式戸籍」そして「明治19年式戸籍」ということがいえます。

 昭和22年の民法改正によって「家制度」が廃止され、男女の平等、個人の尊厳が基調となったので、戸籍の編成も夫婦単位となり戸籍の様式も変更することになったのです。

 あっ! 「これが現在の戸籍です。」といいましたが、戸籍のコンピューター化が実施されている市区町村は、これも改製されています。「これが現行の戸籍法に基づく戸籍です」といったほうがいいですね。
 

 

●ホームへ