★元市民課職員の危ない話★
●ホームへ
▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲
これが外国人登録だ!
▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

その2

登録原票記載事項証明書 ●●

 外国人登録をすると外国人登録証を交付してもらえます。でも、これは、常時携帯しているもので、どこかに提出してしまうわけにはいきません。そこで、この「登録原票記載事項証明書」です。日本人の住民票とほぼ同じ内容の証明です。日本人なら住民票を提出する必要のある手続きの時、外国人なら登録原票記載事項証明書となるわけです。居住地の役所で発行してもらえます。

 この「登録原票記載事項証明書」、以前は「外国人登録済みであることの証明書」ということで、「登録済証明書」という名前の証明書でした。当時私はこんな安易な証明書の名称でいいのかなと、ずっと疑問だったのです。わかりやすくてよいとは思いますが、せめて「外国人登録済証明書」だったらなぁと思うことがありました。
 というのは、印鑑登録証明書の交付申請なのに、この登録済証明書の交付申請用紙に間違って記入してしまう人がけっこういるんです。印鑑登録と外国人登録、同じ登録証明書なんです。印鑑証明を取ろうと窓口に来た人が、「印鑑登録証明書交付申請書」を最初に手にすれば問題ありませんが、たまたま「登録済証明書申請書」と手にしてしまうと、「これだな」と思って書いてしまうのです。「やけに英語がいっぱい書いてあるな」という感じでしょうか。

 戸籍や住民票は、原則として公開の立場をとっています。でも、外国人登録は非公開。そかが完全に違います。日本人よりもプライバシーが強く守られているのです。

 話がそれますが、戸籍謄本や住民票の交付に対して、もっと簡単に取れるようにならないのかという意見があります。たとえば、戸籍謄本は本籍地以外の役所では取れないのか、形式だけの委任状などなくてもいいのではないか、正当な理由と思われるのにとか、申請書がわかりずらいし、書くことが多すぎるとかです。
 それに対して、もう少し厳しく管理してくれ、という意見もあります。本人以外には住民票を交付しないで欲しいとか、本人申請の場合も、本人かどうかのチェックを厳しくして、簡単には取れないようにして欲しいというものです。

 これは、非常に難しい問題です。少なくとも外国人登録は、非公開なので厳しいです。プライバシーが守られるという面では良いのですが、日本の住民票のように正当な理由があっても、登録済証明書は本人じゃないと取れないので、手続が場合によっては、とても面倒なものになるということもあります。
 どっちもどっちなんです。とても難しいです。
 

居住地変更登録 ●●

 居住地が変更(早い話、引っ越し)したら、変更した日から14日以内に新居住地の役所で居住地変更の手続きをしなければなりません。というと日本人の場合と同じみたいですが、ちょっと違います。同じ市区町村内での変更(転居)なら同じニュアンスですが、違う市区町村への変更の場合、日本人なら、まず、旧住所地の役所で転出の手続きをして、その後、新住所地の役所で転入の手続きをするという順番ですが、外国人の場合は、転出の手続きは必要ありません。新住所地の役所で転入の手続きだけすればよいのです。(チョー簡単!)
 手続きには、外国人登録証が必要なことはいうまでもありません。

 

印鑑登録 ●●

 外国人登録をしていれば、日本人と同じように印鑑登録することができます。印鑑登録すれば、印鑑証明書が取れるんです。当たり前ですが。
 日本で生活していると、どうしても印鑑証明書が必要な場合が出てきます。車を購入するときなどがそうですね。

 さて、外国人の方が印鑑登録するときに、ひとつ大きな問題があります。印鑑登録は、登録できる印鑑というのが定められているので、窓口に、登録できない印鑑を持って来ても登録できないという問題です。(うひょ〜、当たり前すぎるぅ〜)

 どういうことかというと、たとえば、氏名が「ABCD EFG」という外国人がいたとします。この人が登録できる印鑑は、「ABCD」か「EFG」か「ABCD EFG」、そして「A EFG」などです。他にもありますが、こんな感じです。これは日本人の場合とほぼ同じで、「氏名」でも、「氏」だけでも、「名」だけの印鑑も実印として登録できます。

 ところが、「エイビーシーデー イーエフジー」という印鑑は登録できません。たとえ発音的に、こういう名前だとしてもです。そして、「海老示出」というような印鑑も登録できないのです。

 たとえば、「海老示出」という氏で「家藤」という名の日本人がいたとします。この人が「ABCD EFG」と、みごとに掘られた印鑑を持って来ても登録できないのと同じです。「江尾士弟」という印鑑もダメです。「エイビーシーデー イーエフジー」も登録できません。
 「エイビーシーデー」なんて印鑑、特別に注文しない限りあるわけないじゃないですか、それでも登録できないものはできない。つらいところです。

 その人が通称名として「エイビーシーデー イーエフジー」と登録している場合は、通称名の印鑑でも登録することができます。「エイビーシーデー」でも「イーエフジー」でも「エイビーシーデー イーエフジー」という印鑑でも登録できます。

 印鑑登録は市区町村で違いがありますので、もしかしたら、登録された氏名(文字)ではない印鑑でも登録できる市区町村があるかもしれません。具体的には住所地の市区町村で確認されることをお勧めします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

●戻る    ●ホーム    ●次へ