★元市民課職員の危ない話★
●ホームへ
▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲
「戸籍の附票」って何だぁ?
▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲
その4

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 

「戸籍の附票」の郵送請求

 戸籍の附票は、戸籍謄本や戸籍抄本と同じように本籍地の役所でしか取れませんから、住所と本籍が同じという人は、よいとしても、本籍地が遠い所で、すぐには行けないという方も多いです。
 このように本籍地の役所へ行けないという方が戸籍の附票を取る場合は、本籍地の役所に直接行けることができる親戚や知人の方がいれば、戸籍の附票を取って郵送してくれるよう電話でお願いするという方法があります。これも、本籍地の近くにそういう人がいないと無理な方法になってしまいます。頼みにくいということもありますね。また、本籍地の役所はすぐ近くだけれど、平日は役所に行く時間がないと言う人もいるでしょう。
 そんな方のために、郵送で請求するという奥の手をご紹介しましょう。

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇

戸籍の附票請求書

○○区市町村長様  平成16年○月○日

●申請者
 住 所        
 氏 名       印
 電話番号       

●必要な書類
 戸籍の附票  ○○通
 本 籍        
 筆頭者氏名      
 だれの戸籍の附票が必要か
 欲しい人の名       

●申請者の関係等
 本人・夫・妻・子・孫・父母・祖父母
●使いみち(具体的に)

●手数料(定額小為替)○○円


この用紙は最寄りの役所、あるいは郵便局に用意されている場合もあります。

 ご自身が、本籍地の役所へ郵送で戸籍の附票の請求をすれば、郵送でご自宅に送ってもらえるのです。どうです。これは便利でしょう。ただ、電話ではだめなのです。インターネットで請求を受けている市町村もまだ聞いたことがありません。まず、用紙(決まった用紙はありません。便せんでもコピー用紙でも何でもOK)に左の事項を記入します。
 何通必要なのかを忘れずにお願いします。そして、請求をお受けしても不明な点があった場合には電話で確認してからじゃないとお作りできないこともありますので、電話番号は昼間連絡のつくところがベストです。携帯でもかまいませんし、両方書いていただけるとありがたいです。

 さて、次が問題です。左記のように記入した用紙と、手数料(各市区町村で違いがありますので、直接ご確認下さい)分の定額小為替(郵便局でお求め下さい)と、返信用の封筒(宛名にはご自分の住所氏名を記入しておいて下さい)と、返信用の送料として80円切手(これは返信用の封筒にあらかじめ貼ってください)をすべて同封して、本籍地の役所の戸籍係あてに郵送すれば、4日〜7日で戸籍の附票が送られてくるはずです。1、2日でというわけにはいきません。往復の郵送にかかる日数プラス処理する日を考えて、早くても3日〜4日はかかります。間に休日が入ると1週間以上かかる時があるかもしれません。それと記入した請求書に、不備な点があっても処理は遅れます。お互いスムーズに事が運ぶように、記入漏れや同封するものは確認して下さい。氏名のところに印鑑を忘れずに押して下さい。
 最近は、証明書交付の際に本人確認をする市区町村が増えています。請求者の身分の証明として、運転免許証のコピーもあらかじめ同封したほうがよいかもしれません。

  

  

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇

    


 自分で自分の戸籍の附票を請求する時は、原則としては請求する理由は書かなくてもけっこうです。でも、市区町村によっては、本人が請求する場合でも理由を確認するところがありますので、簡単に書いておいて方がいいかもしれません。

 郵便局によっては、この郵送請求の申請用紙が用意されているところもあります。そこで、「戸籍謄本や戸籍の附票は郵便局で取れる」と勘違いしている方もかなりいらっしゃいます。郵便局では取れません。
 本人が市区町村の窓口に交付申請書を持っていくかわりに郵便屋さんが持って行ってくれて、役所の職員が戸籍謄本を交付してくれるかわりに、役所からあずかったものを郵便屋さんが自宅まで届けてくれるだけで、意味的には、直接本籍地の役所の窓口に行くのと、郵送で請求するのと同じことなのです。間に郵便屋さんが入るだけで、「戸籍謄本は郵便局で取れる」ということではありません。
 交付するのはあくまでも役所で、その手続は、郵送で請求できるということです。

さて気になる手数料は

各市区町村によって異なります。直接確認して下さい。

(参考)           

▲ 戸籍謄抄本   1通450円

▲ 除籍謄抄本   1通750円

▲ 原戸籍謄抄   1通750円

▲ 住民票の写し  1通200円

▲ 身分証明書   1通200円

▲ 戸籍附票の写し 1通200円

以上は当市の場合です。注意して下さい。

   

戸籍の附票が200円というのは、どちらかといえば安いほう?かな???
市区町村によって、150円、250円、300円、350円、
あるいは400円、450円かもしれません。

  

※ 全国各市区町村の住所電話番号などはココでわかります

  

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇

 

●ホームへ