●戸籍の話トップへ

★元市民課職員の危ない話★
●ホームへ
▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲
誰も教えてくれない戸籍の話
▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

   
出 生 (3)

  

 ここで、「同一戸籍内の者と同一の名をつけることはできない」という先例についてお話ししようと思います。

 「同一戸籍内の者」なので、夫「一郎」、妻「花子」の夫婦なら、生まれてきた子供に「一郎」あるいは「花子」という名前はつけることができません。親と同じ名前はつけられないということです。ここで私がお話するまでもなく、「そりゃ、そうだろう」ですね。
 でも、出生届を出す前に、一郎と花子が離婚して、花子がその戸籍から抜けていた場合なら、なんと生まれてきた子供に「花子」という名前をつけることができるのです。
 あるいは、出生届を出す前に、夫「一郎」が死亡してしまったという場合でも、生まれてきた子供に「一郎」という名前をつけることができます。

 「同一戸籍内にあっても、すでに婚姻等により除籍された者と同一の名をつけることは許される」という先例があるからです。


 また、夫「一郎」、妻「花子」、そして、子「太郎」という3人の戸籍だった場合、今度生まれてきた子供に「太郎」という名前をつけることができません。すでにその戸籍に「太郎」がいるので、同一の名前はダメ。兄弟姉妹で同じ名前はつけられないということです。
 この場合も、1人目の子供の「太郎」がすでに死亡していた場合や、だれかと養子縁組をしてすでにこの戸籍から抜けていた場合、また、すでに婚姻してその戸籍から抜けていた場合(ものすごーく、歳の離れた兄弟!)は、今度生まれてきた2人目の子供に、同じ「太郎」という名前をつけることが可能です。

 実の親子、兄弟姉妹は、通常、同じ名前をつけることはできないのですが、つけることができる場合も可能性として残されているといえます。(実際に私はまだ見たことはありません。はい。)

 「同一戸籍内の者と同一の名をつけることはできない」ですから、逆に言えば、違う戸籍の者とは同じ名をつけることができます。
 生まれた子の、祖父母、叔父叔母、従兄弟などは、戸籍が別ですから、この人たちと同じ名前はつけられるのです。おじいちゃんとまったく同じ名前をつけることは可能なのです(おじいちゃんの名前が誤字などの場合はまったく同じとはいきません)

 

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆

 

 さて、すでにその戸籍に「竜太」という人がいた場合、生まれてきた子供に「龍太」という名前をつけることはできるでしょうか?

 「龍」という字は、名に使える字です。もちろん「竜」も使えます。字としては使える字なのですが、「竜」と「龍」は字体が違うだけで、同じ意味の漢字なので、この場合は同じ字ということで、同一の名になりますから「龍太」という名前をつけることができません。

 ならば、「隆太」、「流太」、「柳太」ならつけることはできるでしょうか?

 たとえ「竜太」という人がその戸籍にいたとしても、「竜」と「隆、流、柳」は全然違う字だからもちろんOK? それとも、同じ「リュウタ」だからやっぱりダメ?

 はい、違う字(漢字)ならOKなんです。すでにその戸籍に「竜太」という人がいても「隆太」、「流太」、「柳太」ならつけることができるのです。戸籍で制限しているのは、あくまでも字(漢字)で、読み方は関係ないのです。違う漢字なら、読み方が同じでも違う名前という考え方です。

 逆に言えば、その戸籍に「裕子(ひろこ)」という人がいた場合、生まれたきた子供は「裕子(ゆうこ)」、「ひろこ」じゃなくて「ゆうこ」なんだ、違う名前なんだと主張しても、読み方は関係なく、「裕子」はつけることができません。
 最初の例の、同一戸籍に「竜太(りゅうた)」という人がいた場合も、生まれたきた子供は「りゅうた」じゃなくて「りょうた」と読むんだといっても、「龍太」を名前にすることはできません。

 

◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆

 

 話は、少し変わって・・・、

 国際結婚が増えていますので、夫が外国人、あるいは、妻が外国人という夫婦もめずらしくありません。

 産まれたときに、父または母が日本人なら、子は日本国籍を取得します。当然、日本人の父か母の戸籍に入籍するわけですが、日本には、ミドルネームという概念がありませんので、名は1つしかつけることはできないのです。

 たとえば、「ベルナール・キース(ベルナールが氏で、キースが名とします)」という外国の男性と「山田花子」さんが結婚して、子供が産まれると、その子は山田花子さんの戸籍に入籍します。氏は当然「山田」に決定。さて、名前は、ミドルネームを「ディーン」にして、そう「山田・ディーン・太郎」にしたい、なんていう場合、この「・」は、名前に使える字(字というよりも記号!)ではないので、このようにミドルネールをつけることはできません。
 「ディーン、太郎」も、「、」がダメ。「ディーン 太郎」は、レイアウトの問題として、氏と名の間にスペースを入れるのはよくあっても、名にスペースを使うことはできません。やっぱりミドルネームは無理なのです。

 でもカタカナは名前に使える字ですから、「ディーン太郎」という名ならつけられます。氏名は「山田ディーン太郎」です。
 もちろん名を「太郎ディーン」とするのも可能です。

 もし、山田花子さんが、夫の氏に変更して、「ベルナール花子」という氏名になっていたとしたら、子に「ディーン太郎」という名をつけると、「ベルナール ディーン太郎」という氏名になります。
 もちろん、カタカナだけの名もOKなので、名を「ディーン」とつけたら、「ベルナール ディーン」という氏名になります。これが本名の日本人なんて、なんかカッコいい気がしないでもありません。

 昔は今よりもひらがなを使用した名前がたぶん多かったと思います。特に女性は「とめ」「はな」「よし」「さえ」のような。もちろん今でもひらがなの名前はありますよ。でも割合として漢字を使用する名前が増えてきたような気がします。それが、最近ですと、漢字は漢字でも「よくこんな漢字見つけたなぁ!」と思ってしまうような、読み方のかわらない人名漢字が使われることも多くなり、また、漢字そのものはよくある漢字でも、読み方が凝っていたりするものも多いです。カタカナで書いてもよく似合うような名前でも漢字なのがありますね。「麻理亜(マリア)」「流花(ルカ)」みたいな。いわゆるそれまでのありきたりの一般的な名ではなく、個性的な名が増えてきたともいえるでしょう。

 女性なら「マミ」「ルミ」「ユリ」などカタカナの名前が思いつきます。でも男性でカタカナの名前の人っていますか? まぁ、カタカナだけではなく、ひらがなも女性に比べて男性はかなり少ないでしょう。

「ジョージ」「ジミー」「ジョー」「ケン」など、芸能人の芸名としてはよく見かけますが、男性の本名がカタカナというのはなかなか見かけませんね。
 漢字が嫌い?な私としてはカタカナの名前はけっこう好きなんですけど・・・。
 個人的な話で失礼しました!

   

 

●ホームへ       ●戸籍の話トップへ戻る