●戸籍の話トップへ

★元市民課職員の危ない話★
●ホームへ
▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲
誰も教えてくれない戸籍の話
▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

認 知
(に ん ち)
  

 「認知」という言葉は聞いたことがある人は多いでしょう。でも、認知とは無縁の生活を送っている人にとっては、はっきりとその意味を把握していない方もいらっしゃるでしょうから、なるべくはじめからお話しましょう。

  

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

  

 人間はだれでも必ず、父と母がいます。実の生理上の父母です。子供を出産できるのは女性で、男性は出産することができませんが、いくら女性といっても母1人だけでは、子供を出産することはできません。必ずその子の父がいるはずです。

 母は子を出産するという事実がありますから、その母と子は親子関係にあるということは確実ですね。さてさて、それでは父親はだれなのでしょうか。
 そこで、民法では、母が結婚しているなら、その夫が子供の父であるだろうと推定することになっています。結婚している夫婦の妻が出産した子の父は、その夫婦の夫だというあまりにも当然な話です。
 その子の戸籍の父の欄には、夫の氏名が、母の欄には妻(子を出産した母)の氏名が記載されます。ここまでは特に問題ないですね。

 いくら夫婦といっても、妻が出産した子の父は、本当に夫なのでしょうか。現実には、妻が夫以外の男性と関係を持ち(不倫!)その男性の子を身ごもって出産したという可能性もまったくないとはいいきれません。(話が怪しくなってきました)
 そんな場合、妻(母親)自身が、その子の本当の父親はだれなのか確信できていることもあるでしょうし、また、確信が持てないということもあるでしょう。
 というような、確信あるなしに関わらず、妻が婚姻中に出産した子の父親は、すべて妻の夫の子ということで、戸籍には記載されます。

※ 出産時は婚姻してなくても、身ごもってから出産するまでの間に婚姻関係にあった場合も含む

 

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

  

 父と母がいなければ子は生まれませんが、父と母が結婚していなければ子は生まれないかというとそうではありませんね。結婚していない女性が子を出産するケースは珍しくありません。いわゆる「未婚の母」というものです。

 この場合、その子の戸籍の母の欄には、その子を出産した母の氏名が記載されますが、父の欄は空欄になり、なにも記載されません。
 母自身が、その子の父はこの人だと確信していても、この人の子供だから産んだんだといっても、子の戸籍の父の欄は空欄のままです。
 父と母がいたから、その子は生まれてきたわけですが、戸籍上、父のいない子という記載になってしまいます。実の父親からみても、その子は自分の子だという記載はどこにもなく、生理的な実の血縁関係にあっても、法的には完全に他人という関係でしかなく、親子関係は認められません。
 そこで、生理上血縁関係にある父が、その子は自分の子だと認めて、戸籍上、法律上にも親子関係を確立するための制度が『認知』なのです。
 父親が認知すると(認知届を届け出ると)、子の戸籍の父の欄に、認知した父親の氏名が記載され、いつどこが本籍の誰が認知届を届け出たのかも記載されます。届け出た父の戸籍にもいつどこが本籍の誰を認知したのかが記載されます。

 認知することができるのは、実の(血縁上のつながりのある)親子関係にある人に限られます。実の親子関係にない人が法的な親子関係になる養子縁組とは意味が違うのです。また、ある夫婦の間に産まれた子は戸籍にもその夫婦の子供と記載されていますから、夫以外の男性が認知することはできません。あっ、夫も認知することはできません。

  

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

  

 婚姻中の夫婦から生まれた子の場合、夫以外の男性は認知することができないとお話ししました。

 婚姻中の父母から生まれた子のことを「嫡出子」といいますが、ある夫婦の子の本当の父は、その子の母の夫ではないという場合は、夫は子が生まれたのを知ってから1年以内に嫡出否認の訴えをして、その父子関係を否認することができます。その裁判に基づいて戸籍訂正された後であれば、実の父が認知することができます。

 また、他の男がすでに認知していても、それが事実ではないのなら認知無効確認の裁判に基づいて、戸籍訂正手続後、本当の実の父が認知することができます。

 

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

  

 「認知は必ずしなくてはならない」というものではなく、母自身も認知しなくてよい(理由はいろいろあると思いますが)という意思で、父も認知したくないという意思であれば、そのまま認知しなくてもそれ自体に問題はありません。
 また、母が認知して欲しいと訴えても、父が認知したくない(理由はいろいろあると思いますが)という場合、母(正確にいうと子の法定代理人)は、父を相手として認知の裁判を求めることができます。これを裁判認知といいます。
 裁判認知の場合は、審判の申立人または訴えの提起者が、裁判が確定した日から10日以内に認知届をすることになります。認知届には、審判または判決の謄本及び確定証明書を添付します。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

●ホームへ      ●戻る