<参考文献>

・岩井 啓子『病院近くのわが家−難病の子と家族の滞在施設をつくる −』朝日ソノラマ 1998
・岩井 啓子「癌の子どもと家族のために宿泊施設を!」  『ナーシング・トゥデイ』日本看護協会出版会1993年3月号
・岩井 啓子「癌の子どもたちを支えるボランティア精神」  『ナーシング・トゥデイ』日本看護協会出版会1993年5月号
・岩井 啓子「ロナルド・マクドナルド・ハウスとアメリカの小児病院 part1」『ナーシング・トゥデイ』 日本看護協会出版会1997年1月号
・岩井 啓子「ロナルド・マクドナルド・ハウスとアメリカの小児病院 part2」『ナーシング・トゥデイ』 日本看護協会出版会1997年1月号
・岩井 啓子「アメリカで増えているホスピタリティ・ハウス」  『ナーシング・トゥデイ』 日本看護協会出版会1997年1月号
・岩井 啓子「マクドナルドハウスなどアメリカの施設の現況」  『骨髄バンク』第3号 全国骨髄バンク推進連絡協議会 1997.5.
・伊原美紀、奥成美子、小原信男、小池梓「宿泊施設を作りたい−松本 での可能性を探る −」信州大学医療技術短期大学部看護科卒業研究 レポート 1998.12.25.
・『朝日新聞』1991.7.15.
・『日本経済新聞』1996.3.10.
・『毎日新聞』1999.3.28.
・『朝日新聞』1999.5.5.
・『中日新聞』1999.7.26.
・『日本経済新聞』1999.12.17
・『THE SHAKAI SIMPO』第4057号 1999.9.1.
・『人権と教育』26 障害者の教育権を実現する会 1997
・児島美都子、中村永司、杉山章子『国際医療福祉最前線』勁草書房1999
・武山ゆかり『家族が病に倒れたとき』小学館1999
・『医療ソーシャルワーク』45号 社団法人東京都医療社会事業協会  1997.7.1.
・巡静一、早瀬昇『基礎から学ぶボランティアの理論と実際』中央法規 出版1997
・『療育技法マニュアル第12集』神奈川県1998
・飯塚眞之『私のホスピス取材旅行』メディサイエンス社1996
・アルフォンス・デーケン『〈突然の死〉とグリーフケア』春秋社1997
・アルフォンス・デーケン『死とどう向き合うか』NHK出版1996
・アルフォンス・デーケン・平山正実編『身近な死の経験に学ぶ』春秋社1986
・アルフォンス・デーケン・飯塚真之共編『日本のホスピスと終末期医療』春秋社1991
・日本死の臨床研究会編『死と向き合うための12章』人間と歴史社1999
・『訪問看護と介護』vol.4医学書院 1999
・近藤博子、池田文子「白血病治療中のトータルケアのポイント;患児 の家族から見たトータルケア」『小児看護』第20巻 第3号 1997.3
・『がんばれ!難病とたたかう子供たち』vol.34 財団法人日本児童家庭 文化協会
・松田 直「施設・病院訪問教育と子どもの生活の充実を図る視点」  『発達障害研究』第20巻 第4号 1999
・伊佐地真知子、鈴木励子、杉本敏子、西口裕「小児慢性特定疾患児および家族への支援を目指して」『日本公衆衛生雑誌』第44巻第8  号日本公衆衛生学会1997.8.
・「遠隔地から入通院する小児がん、白血病等の難病患児と家族の宿泊施設の運営に関する調査研究」報告書  小児がん等難病と闘う子どもと家族の「愛の家」運営委員会 1994~1996
・第12回こどもの難病シンポジウム報告書 財団法人日本児童家庭文化協会
・ファミリーハウス運営委員会ホームページ(http://plaza13.mbn.or.jp/~familyhouse/index.html)
・病気療養中の子どもの教育とQ.O.L.     (http://www.asahi-net.or.jp/~RI5Y-OGW/)
・RONALD MCDONALD HOUSE CHARITIES(http://www.rmhc.com/)
・National Association of Hospital Hospitality Houses (http://www.nahhh.com/index.html)
   


目次にもどる

ホスピタリティハウスのコーナー