病気の子どもと家族の支援について語り合いませんか?

こちらのページは「病気の子どもと家族の支援について語ろう☆」MLのお誘いページです。

2001年1月の立ち上げ当初は、病気の子どもに関わる専門職「チャイルド・ライフ・スペシャリスト」になりたいと願っている方たちを中心に、情報交換と励まし合いの場になればと思い開設したMLでしたが、たくさんの方のご参加(多謝☆)と 1300通以上投稿されてきた会話の中で、MLがより広く病気の子どもや家族の支援について話し合う場に育ってきたことに合わせ、2002年10月1日、タイトルを「病気の子どもと家族の支援について語ろう☆ML」に変更しました。


現在は、病気の経験をお持ちの方、ご家族の方、チャイルド・ライフ・スペシャリスト(CLS)の方、ホスピタルプレイスペシャリストの方、看護師さん、医療保育士さん、心理士さん、ソーシャルワーカーさん、ボランティアをされている方、CLSやプレイスペシャリストに興味のある方、福祉・心理・教育系の学生さん、病気の子どもに関わっている方などなど、さまざまな方が参加してくださり、病気の子どもと家族の支援について、様々な立場から幅広く話しています。
へなちょこオーナーとしては、お茶会のような温かな雰囲気で、みなさまと一緒に病気の子どもと家族の幸せについての話や、病院をみんなに優しい場所に変えていくための話などのんびりできればうれしいと思っています。

具体的には…
・講演会、研究会、シンポジウム、テレビ番組、新聞記事、書籍などの情報、感想、報告
・あそびのボランティアの話やあそびのレシピの交換
・病気や子どもと関わる中で思ったことや伝えたいことなど
・悩み、相談事、質問など(全てに答えが出るわけではありませんが…)
などなどいろいろです。

↓以下は最初(2001年の時点)のMLの紹介文です。

病気や事故で心にトラウマを持つ可能性のある子どもを遊びを通してサポートするチャイルドライフスペシャリスト。
日本ではまだ資格を取ることは出来ませんが、この仕事に興味を持ち、チャイルドライフスペシャリストを目指す人たちはたくさんいます。
チャイルドライフスペシャリストのことを知って、なりたい!と思っても一人ではどうすることもできず、心細い思いをしている方に、心強い仲間と出会える場所があったら、情報をいっぺんに共有できる場所があったら、と思い、MLを開設しました。

チャイルドライフスペシャリストを目指している方々を中心に、チャイルドライフスペシャリストに興味がある方、
入院経験がある方、などなど、様々な人が、時には資格のことを相談したり、そんなCLSの卵を応援したり、
入院するとこんな苦労があるんだよ、と貴重な体験を聞かせて頂いたり…みんなで病院にいる子どもの幸せについて話しをできる場所になったら嬉しいです。

アメリカに行かなきゃ資格は取れないけれど、チャイルドライフの理念を知って、それを生かした活動を行うことはできますし・・・
そういうマインドを持った方々と様々なお話ができたら素晴らしいって思っています。いかがでしょう?
大勢で協力し合えばチャイルドライフの理念が日本の病院に浸透する日も近くなるのではないでしょうか(*^-^*)
ぜひぜひ仲間に入って下さい☆

※2003年11月1日現在、参加者は230人以上に増えました。感謝m(_ _)m 多い時で、1日8通ほど、普段は一日1〜2通のメールがやりとりされています。

メーリングリストとは?

メーリングリストとは、メールを通じて参加者全員とコミュニケーションをとることができるシステムのことです。
Mailing Listの頭文字をとり、略してMLと呼ばれています。
決まったメールアドレス(ここではchildlife@freeml.com)にメールを送ると、参加しているメンバー全員に同じメールが送られる仕組みです(自分のところにも届きます。送ったメールが自分にも届いたら成功!というわけです)。
このシステムを利用すると、メールを通して同じ興味を持つ人たちと話し合うことや、情報や疑問を仲間達で共有することが可能になります。
参加者には過去のメールを閲覧することができるように設定してありますので、知りたかった情報を探して見ることもできます。
※このメーリングリストはFreeMLを利用しています。


メーリングリストのルールは?

まず第一に、このML内の発言は、このMLに参加して下さっている方々しか見られないようにしてあります。
ここで知り得た個人情報は、他の方にお話しされることのないよう、くれぐれもお願いいたします(守秘義務)。
みなさんが安心して、思っていることを話せる場所にするために、秘密を守ること、あまりにも個人的な情報(自宅住所や自宅電話番号)は極力載せない、等のご配慮をお願いしています。

それから、迷ったのですが、HTMLメールもできればご遠慮いただいています
(HTMLメールというのは、背景に色を付けたり、文字の大きさを変えることのできるメールの形式です)。
メールソフトによってはHTMLメールに対応していないものもあり、投稿されるメールが読めない方も出てきますので、できればテキスト形式で メールして下さるようお願いしておりますm(_ _)m
特に「Microsoft Outlook Express」は初期設定が「HTML形式」になっていますのでお使いの方はご注意ください。Webメールの中にはHTML形式にしかできないものもあるそうです。その場合は添付ファイル付のメールとして扱うしかないので、配信が多少遅れます(すみません)。ポストペットユーザーの方はペットでなくポストマンに渡して下さいね。

添付ファイル付のメールも、ウイルス対策のため投稿できないように設定しています。
先述のHTMLメールは添付ファイル付メールと認識されてしまうので、「添付ファイル付なので投稿できない」という旨の通知が届くと思います。ファイル付のメールは、こちらでいったんチェックを入れた後配信していますが、手作業のため、配信が遅れることがありますので、ご了承ください(できるだけ早く承認できるよう最大限努力はしていますが、旅行に出てしまうこともあるので…申し訳ありませんがご理解をお願いいたします)。

どうぞネチケット(ネット上のエチケット)を守って、誰も傷つくことのない安心できる場所になるよう、
ご理解とご協力をよろしくお願いしますm(_ _)m


参加するには?

簡単な自己紹介と参加したい理由を書いたメールをこちら(hisamo@js8.so-net.ne.jp)まで送って下さい
(これは、ML内ではプライベートなことも多少やりとりされているため、ある程度、どこの誰だかわかる人たちの集まりにしようと考えているためです。 お名前はハンドルネームで結構ですし、自己紹介も簡単なものでよいので、ご協力をよろしくお願いしますm(_ _)m)。
※タイトルに「ML参加希望」と入れていただけると助かります。通常、いただいたメールのアドレスをそのまま登録させていただいてますので、別のアドレスでの参加をご希望の方は参加希望のアドレスをメール中にお書きください。
ML管理者が参加承認の手続きを済ませると、お知らせのメールが届きますので、あらためて自己紹介メールを(childlife@freeml.com)に投稿して下さい。

参加される前に、このHP内のチャイルドライフ関連のリンク集本棚のページに、基本的な情報を載せていますので、一読されることをお薦めします(^^)。


誰でも参加できるの?

病気の子どもと家族の支援について語りたいという方で、ネチケットを守っていただける方でしたらどなたでも参加できます。

研究会などでMLのメンバーがたくさん会えそうなときはミニオフ会と称して、終了後少し集まってお茶したりすることもあります(もちろん研究会もお茶会も強制参加ではないですよ)。
一人で研究会に行くのは心細いし、いつもMLでお話ししている方に直接会ってお話しするのはなかなか楽しいものです☆
また、研究会やシンポジウム、本、テレビなどの感想や簡単な内容などもML上でやりとりしてみなさんと共有できればとても有意義だと思っています。

あなたの参加を心よりお待ちしています。 どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m



HOME