Setup Solaris

ATA100 (SPARC Only!)


SPARCでもIDEだ
Ultra 5/10の時から、コストパフォーマンスに優れたエントリーマシンには、IDEが採用されてましたが、これがまた、遅いんだわ。でた当時も、Ultra 1とUltra 10で、よーいどんでMU当てても、圧倒的にUltra 1の方が早かった...
でも、もう、そんなことはいわせねぇ!
びんぼー人にも春が来た!!
solaris2u MLの強者の皆さんに感謝!!!
用意するもの
玄人志向のATA100PCIまたはATA100RAIDPCI。但し、すでに絶版。中古屋、ヤフオクを漁るべし!
なお、上記同等製品なら、似たようなことができる可能性あり、但し、保証の限りにあらず。
IDEでATA100で7200rpmなHDD。但し、120GBまで。(Big LBAには対応していません)
ATA100PCI
R63をぶちきりましょう
ATA100RAIDPCI
J7をOpenにして、R63をぶちきりましょう。
あとはご自由に
HDDつないで、format & newfs & mountしまひょ!
40Mがmax speedなSCSIにくらべたら、あっとーてきにはやいです。
でも、IDEが標準なマシン以外は、bootできません。あしからず。
参考文献
たしか、UNIX Magazineの2003年10月号の「ワークステーションのおと」あたりに、写真付きで解説が掲載されました。
Silicon Image SiI649のデータシート

Copyright (C) 2004, のらねこひらまつ, All rights reserved.