qpopper


入手場所
http://www.eudora.com/qpopper/
インストール
4.0.5の場合
gtar xpfz qpopper-4.0.5.tar.gz
cd qpopper-4.0.5
./configure --with-openssl=/usr/local/ssl
gmake
gmake install
設定
/etc/servicesに以下の内容があることを確認します(なければ追加、利用しているdirectory serviceに応じて適切なところにね)。
pop3 110/tcp # Post Office
さらに、/etc/inetd.confに
pop3 stream tcp nowait root /usr/local/sbin/popper popper -s
ってかいてから、inetdに対して、HUPシグナルを送りつけて、おしまい。
なお、APOP対応や、tls/ssl対応は、やりたきゃやってくださいまし。
本命は、IMAPかな。

Copyright (C) 2003-2004, のらねこひらまつ, All rights reserved.