XFree86


入手場所
ftp://ftp.xfree86.org/pub/XFree86/
4.4.0 source: 4.4.0/source
4.4.0 patch: 4.4.0/fixes
インストール
4.4.0の場合
gtar xpfz XFree86-4.4.0-src-1.tgz
gtar xpfz XFree86-4.4.0-src-2.tgz
gtar xpfz XFree86-4.4.0-src-3.tgz
gtar xpfz XFree86-4.4.0-src-4.tgz
gtar xpfz XFree86-4.4.0-src-5.tgz
gtar xpfz XFree86-4.4.0-src-6.tgz
gtar xpfz XFree86-4.4.0-src-7.tgz
cd xc
cd config/util
make -f Makefile.ini lndir CC=gcc
mv lndir /usr/local/bin
cd ../cf
host.defファイルを作る
cd ../../..
mkdir OBJECT吐き出し用
cd OBJECT吐き出し用
lndir ../xc
env CC=gcc gmake World |& tee World.log(csh系)または...
env CC=gcc gmake World | tee World.log 2>&1(sh系)
mkdir -m 755 /usr/local/X11R6
mkdir -m 755 /usr/local/X11R6/etc-X11
ln -s /usr/local/X11R6/etc-X11 /etc/X11
gmake install install.man
ここで ldd /usr/local/X11R6/bin/xterm して、リンクが見つからなかったりしたら
cd lib
gmake install
してみましょう。たぶんx86だけの現象だと思います。
設定
Xをbuildするの、何年ぶりだろう... Ultra10が出た当時が最後のような気がする... Sony NEWS-OS 4.2.1a+とか6.1.2あたりで無理やりbuildした記憶も、もう過去のもの。
せっかくですからpathのusr/openwin/binの前に/usr/local/X11R6/binを設定しましょう。設定する環境変数については、PATHは
/usr/sbin /usr/local/bin /usr/bin /usr/dt/bin /usr/local/X11R6/bin/usr/openwin/bin /usr/ccs/bin /usr/perl5/bin /usr/ucb
MANPATHは
/usr/man:/usr/local/man:/usr/local/X11R6/man:/usr/dt/man
XFILESEARCHPATHは
/usr/local/X11R6/lib/X11/app-defaults/%N%S:/usr/dt/app-defaults/%L/%N%S:/usr/openwin/lib/X11/app-defaults/%N%S
な感じぃ。
それと、NFSで/usr/localをmountする側は、symbolic linkの設定を忘れずに行いましょう。
host.def
#ifndef HasGcc2
#define HasGcc2 YES
#endif
#ifndef ProjectRoot
#define ProjectRoot /usr/local/X11R6
#endif
#ifndef BuildServer
#define BuildServer NO (Xsunに限る、が、そーもいかないひとはこっちをみてね)
#endif
参考
http://www.xfree86.org/
Solaris XFree86 Video Drivers and Porting Kit
http://www.tools.de/solaris/xf86/
なんでSPARCでもXFree86なんよ?
まあーいーぢゃん! X.Orgの R6.6とも同期とってるみたいだすぃ、実際に使ってるユーザーが多いほうがいーじゃんねぇ、そんだけ。

Copyright (C) 2002-2004, のらねこひらまつ, All rights reserved.