LHA for OS/2の解凍まで

を易しく解説... したつもりなんだけど.

DOS版LHAを使う

LHA for OS/2を取り出す
OS/2のDOS/VあるいはPC-DOSプロンプトにおいて, DOSのlha.exeを使って, あなたが取得した最新版(2.08)一式からLHA for OS/2を次のようにして取り出します.
[C:\tmp] lha e lha2-2.08.lzh lha.exe
(lha2-2.08.lzhというファイル名はリリース毎に変わりますので, 取得した名前に置き換えた上実行して下さい.)

HPFS領域で書庫を解凍する
今度はOS/2コマンドプロンプトにおいて, 取り出したLHA for OS/2を使って, ドキュメントなどを取り出します.
[C:\tmp] .\lha x -l lha2-2.08.lzh

ドキュメントを読む
DOS版との違いや, OS/2版特有のオプション等についてはREADME.1stに記述してあります. 必ずお読み下さい.


DOSとは縁を切った方へ

LHA for OS/2を手に入れる
16-bit版でも構いません. CD-ROMからでも入手しましょう. なければこれを持っていきましょう. LHA for OS/2そのものです.
なお, ここで提供するlha.exeは, LHA for OS/2で自己解凍形式をサポートしていないための措置です. 必ず最新版(2.08)一式も取得して下さい.

HPFS領域で書庫を解凍する
OS/2コマンドプロンプトにおいて, 入手したLHA for OS/2を使って, ドキュメントなどを取り出します.
[C:\tmp] .\lha x -l lha2-2.08.lzh
(lha2-2.08.lzhというファイル名はリリース毎に変わりますので, 取得した名前に置き換えた上実行して下さい.)

ドキュメントを読む
DOS版との違いや, OS/2版特有のオプション等についてはREADME.1stに記述してあります. 必ずお読み下さい.


Copyright (c) 1996-2000 HIRAMATSU Satoshi, All rights reserved.
平松@生まれて此の方東京人:hiramatu@ba2.so-net.ne.jp