【入管】
【入管】

| HOME |入管|

【行政書士 早川義裕】
行政書士 早川義裕

【相続遺言】
  • TOPページ
  • 相続の開始
  • 相続人
  • 遺言と遺言の方式
  • 戸籍について
  • 遺産分割協議書
  • 国際相続(渉外相続・外国人の相続)
  • 国際相続2(相続関係の法律)
  • 国際相続3(相続関係の問題点)

  • 【公正証書】
  • 公正証書作成と効果
  • 公正証書作成支援
  • 【成年後見】
  • 成年後見
  • 任意後見制度の利用

  • 【入管】
  • 入管手続き
  • 入管手続きQ&A
  • 在留特別許可

  • 【業務案内・相談メール】
  • 相談と依頼
  • 事務所紹介
  • 取扱業務
  • 遺産分割協議書作成依頼フォームメール相談
  • 無料メール相談(一般)

  • 【ブログ hayajimu日記】
    【ブログ】毎日更新
    (別ウィンドウで開きます)


    【主たる対応地域】
    【川崎市内全域】
    麻生区(王禅寺・上麻生・下麻生・高石・新百合ヶ丘・栗木・栗平・白山・白鳥・細山・多摩美・黒川・はるひ野・虹が丘)
    多摩区    高津区
    宮前区    中原区
    幸区       川崎区

    【横浜市内】
    青葉区(青葉台・あざみ野・市ヶ尾・美しが丘・大場町・恩田町・黒須田・すすき野・もえぎ野)
    鶴見区    緑区
    神奈川区    中区
    港南区    南区
    都筑区    港北区    

    【神奈川県内】
    相模原市    藤沢市
    小田原市    秦野市
    厚木市       大和市
    伊勢原市    海老名市
    座間市       南足柄市
    綾瀬市

    【東京都全域】
    千代田区    中央区
    港区       新宿区
    文京区    台東区
    墨田区    江東区
    品川区    目黒区
    大田区    世田谷区
    渋谷区    中野区
    杉並区    豊島区
    北区       荒川区
    板橋区    練馬区
    足立区    葛飾区
    江戸川区
    八王子市    立川市
    武蔵野市    三鷹市
    青梅市    府中市
    昭島市    調布市
    町田市    小金井市
    小平市    日野市
    東村山市    国分寺市
    国立市    福生市
    狛江市    東大和市
    清瀬市    東久留米市
    武蔵村山市   多摩市
    稲城市    羽村市
    あきる野市   西東京市
    瑞穂町・日の出町・奥多摩町・檜原村

    【山梨県全域】
    【長野県全域】
    【千葉県全域】
    【宮崎県全域】
    【北海道全域】

    相談と依頼連絡先
    【ご相談とご依頼】
    携帯からお読み取りください。

    ・海外にいる外国人を雇用したい
    ・外国人と結婚した
    ・本国にいる家族を呼寄せたい

      ⇒⇒ 在留資格認定証明書交付申請をする


    新しく外国人を招聘する為に必要な申請です。
    書留用の郵便切手や写真二枚(3cm×4cm)を添付します。
    そのほか多数の立証資料が必要になります。(在留資格によって必要な立証資料は異なります。詳しくはアターニー行政書士事務所にお尋ねください。)
    申請手数料は必要ありません。

    入管無料メール相談フォーム

    ・日本にいる外国人夫婦に子供が生まれた

      ⇒⇒ 在留資格取得許可申請をする


    日本に滞在中の外国人から生まれた子供で、上陸の許可を受けずに日本に滞在することになった場合、30日以内に在留資格取得許可申請をしなければなりません。
    ただし、60日以内に出国する場合には必要ありません。
    そのほか多数の立証資料が必要になります。(在留資格によって必要な立証資料は異なります。詳しくはアターニー行政書士事務所にお尋ねください。)
    申請手数料は必要ありません。

    入管無料メール相談フォーム

    ・語学学校に通いながらアルバイトがしたい

      ⇒⇒ 資格外活動許可申請をする


    留学生や家族滞在で滞在している方は、収入を伴なう活動をすることができませんが、資格外活動許可を取得すればアルバイトが可能になります。 (原則、週に28時間まで)
    留学・就学の場合と家族滞在の場合とでは許可内容に差がありますのでご注意ください!
    申請手数料は必要ありません。
    書留用の郵便切手や写真二枚(3cm×4cm)を添付します。
    そのほか多数の立証資料が必要になります。(在留資格によって必要な立証資料は異なります。詳しくはアターニー行政書士事務所にお尋ねください。)
    申請手数料は必要ありません。

    入管無料メール相談フォーム

    ・働いていた外国人が日本人と結婚した
    ・留学生が日本で就職する
    ・日本にいる外国人の職種が変わった(例:通訳⇒技能者等)

      ⇒⇒ 在留資格変更許可申請をする


    留学生が卒業して、そのまま日本で就職する場合には、在留資格の変更が必要になります。
    このように現在の在留資格と異なる活動を行う場合には在留資格変更許可申請が必要です。
    多数の立証資料と、許可後4、000円分の収入印紙が必要です。

    入管無料メール相談フォーム

    ・在留期間を延長して日本での仕事(生活)を続けたい

      ⇒⇒ 在留期間更新許可申請をする


    在留資格には期間があります。(15日から最長3年まで。在留資格によって異なります) 同じ在留資格で期間を越えて在留するには在留期間更新許可申請をしなくてはなりません。更新を忘れるとオーバーステイとなってしまいます。ご注意ください。
    更新許可申請にも立証資料が必要です。
    許可されると4、000円分の収入印紙が必要になります。

    入管無料メール相談フォーム

    ・就職予定の会社に就労資格証明書を求められた

      ⇒⇒ 就労資格証明書交付申請をする


    現在の在留資格のまま、新しい会社で働く事ができることを確認する為などの書類です。転職の際、会社から求められることがあります。
    手数料680円分の収入印紙と写真一枚(2.5cm×2.5cm)が必要です。

    入管無料メール相談フォーム

    ・日本で長く生活してきたのでこのまま日本に永住したい

      ⇒⇒ 永住許可申請をする


    永住許可を受けた外国人は,「永住者」の在留資格により我が国に在留することができるようになります。
    在留活動,在留期間のいずれも制限されないという点で,他の在留資格と比べて大幅に活動の制限を受けることが無くなります。
    このため,永住許可については,通常の在留資格の変更よりも慎重に審査する必要があるため,一般の在留資格の変更許可手続とは別の審査基準があります。
    手数料8000円の収入印紙が必要になります。
    永住許可がおりてから14日以内にお住まいの市区町村の外国人登録の窓口で外国人登録の変更を行なってください。

    入管無料メール相談フォーム

    ・オーバーステイ状態である

      ⇒⇒ 在留特別許可申立てをする


    必要になると思われる書類関係を集める
    ・入管へ出頭する
    ・違反調査(入国警備官によるもの)
    ・仮放免の申請と許可
    ・違反審査(入国審査官によるもの)
    ・違反認定がなされる(違反認定通知書の交付)
    ・口頭審理の申請
    (違反認定通知書が交付されてから3日以内に入国審査官に申請)
    ・口頭審理(特別審理官によるもの)
    ・違反判定がなされる(違反判定通知書の交付)
    ・意義の申し出 (特別審査官により違反判定通知書が交付されてから3日以
     内に「意義申 し出書」、「不服理由書」、「不服理由を示す資料」を主任調査
     官に提出 する。)
    ・法務大臣の決裁(書面で審理を行い、結果を主任調査官に通知する)
    ・許可されれば、在留特別許可証印又は在留資格認定証明書の交付
    ・在留資格「日本人の配偶者等」で正規在留


    国際結婚手続の電話相談および面談は予約制ですので、 予約申込電話または
    メールで日時をご予約下さい。

    >>予約メール(無料)
    ※夜間・祝祭日のご相談にも対応いたします。

    ※日本全国、どこでも対応・どこにでもお伺いします。

    ※ご相談は2回まで無料
    ですので、
    無料メール相談フォーム 又は上記予約電話へ安心してお気軽にお問い合わせください。
     >>このページの先頭へ 


    This web site is for general information purpose only.
    The information presented at this site should not be construed to be legal advice.
    このウェブサイトは一般的な情報のみを提供しているものです。ここでの情報は決定的法的助言ではありません。
    Copyright(C) 2005 Administrative Attorney Office All Rights Reserved.