【戸籍について】
戸 籍     について



   行政書士 早川義裕

( 090-3085-1941

| HOME | 戸籍について |

【行政書士 早川義裕】
行政書士 早川義裕

【相続遺言】
  • TOPページ
  • 相続の開始
  • 相続人
  • 遺言と遺言の方式
  • 戸籍について
  • 遺産分割協議書
  • 国際相続(渉外相続・外国人の相続)
  • 国際相続2(相続関係の法律)
  • 国際相続3(相続関係の問題点)

  • 【公正証書】
  • 公正証書作成と効果
  • 公正証書作成支援
  • 【成年後見】
  • 成年後見
  • 任意後見制度の利用

  • 【入管】
  • 入管手続き
  • 入管手続きQ&A
  • 在留特別許可

  • 【業務案内・相談メール】
  • 相談と依頼
  • 事務所紹介
  • 取扱業務
  • 遺産分割協議書作成依頼フォームメール相談
  • 無料メール相談(一般)

  • 【ブログ hayajimu日記】
    【ブログ】毎日更新
    (別ウィンドウで開きます)


    【主たる対応地域】
    【川崎市内全域】
    麻生区(王禅寺・上麻生・下麻生・高石・新百合ヶ丘・栗木・栗平・白山・白鳥・細山・多摩美・黒川・はるひ野・虹が丘)
    多摩区    高津区
    宮前区    中原区
    幸区       川崎区

    【横浜市内】
    青葉区(青葉台・あざみ野・市ヶ尾・美しが丘・大場町・恩田町・黒須田・すすき野・もえぎ野)
    鶴見区    緑区
    神奈川区    中区
    港南区    南区
    都筑区    港北区    

    【神奈川県内】
    相模原市    藤沢市
    小田原市    秦野市
    厚木市       大和市
    伊勢原市    海老名市
    座間市       南足柄市
    綾瀬市

    【東京都全域】
    千代田区    中央区
    港区       新宿区
    文京区    台東区
    墨田区    江東区
    品川区    目黒区
    大田区    世田谷区
    渋谷区    中野区
    杉並区    豊島区
    北区       荒川区
    板橋区    練馬区
    足立区    葛飾区
    江戸川区
    八王子市    立川市
    武蔵野市    三鷹市
    青梅市    府中市
    昭島市    調布市
    町田市    小金井市
    小平市    日野市
    東村山市    国分寺市
    国立市    福生市
    狛江市    東大和市
    清瀬市    東久留米市
    武蔵村山市   多摩市
    稲城市    羽村市
    あきる野市   西東京市
    瑞穂町・日の出町・奥多摩町・檜原村

    【山梨県全域】
    【長野県全域】
    【千葉県全域】
    【宮崎県全域】
    【北海道全域】

    相談と依頼連絡先
    【ご相談とご依頼】
    携帯からお読み取りください。
    相談無料
    相続が発生すると、相続財産の分割やさまざまな手続きを行うために、お亡くなりになった方やその相続人の方々の戸籍が必要となります。 それらの戸籍を収集することは、なかなか面倒なものです。
    そのようなときには  アターニー事務所  にすぐご相談下さい。  

    ※ご相談は2回まで無料です。
        (ただし電話相談は1回10分以内)

    ※夜間・祝祭日のご相談にも対応いたします。

    ※日本全国、どこでも対応・どこにでもお伺いします。

        
    無料メール相談フォーム   又は ( 090-3085-1941   

    安心してお気軽にお問い合わせください。
    すぐ訪問

    分割協議書作成に関しては      >>遺産分割協議書作成依頼フォーム     よりお申込ください。
    戸籍収集
    【戸籍の収集】
    相続が発生し、手続きするために必要となるのが戸籍の収集です。
    戸籍には、本籍と筆頭者の名前、いつどのような理由で編成されたかが記載されています。
    そして、生年月日、両親の名前、両親との続柄、結婚していれば夫か妻か、いつ結婚したか、さらに、子供の氏名や生年月日などが記載されています。
    したがって、相続が開始されると、この戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)により、相続人かどうかが明らかになります。
    そのためには、お亡くなりになった方が生まれたときから死亡したときまでの、一連の流れが途切れなく続いている戸籍謄本や除籍謄本などが必要となります。

    戸籍の収集はなかなか面倒なものです。同時に、戸籍を読み取るということも大変な作業になります。
    勿論、ご自分で収集や解読をすることができればそれに越したことはありませんが、どうもよくわからない。面倒くさい。時間がない。

    そのような時には、 アターニー事務所 がお悩みをご一緒に解決します。すぐご相談下さい。

    分割協議書作成に関しては      >>遺産分割協議書作成依頼フォーム     よりお申込ください。
    除籍と改正原戸籍
    戸籍には、現在の戸籍のほかに除籍あるいは改正原戸籍というものがあります。
    1. 結婚をすると親元の戸籍から、新たに夫婦で戸籍を編成することにより従前の戸籍から除かれます。
    2. また、独立をして自分だけの戸籍を作ったり、死亡により、同じく従前の戸籍から除かれます。
    3. これを除籍といいます。そして、その従前の戸籍から全員が除かれた後の戸籍は除籍簿として保管されます。
    4. 改正原戸籍とは除籍の一種ですが、法律の改正により作り直されることがあります。昭和や平成においてもこの改正がありました。
    5. その改正前の戸籍を、改正原戸籍といいます。
    6. 改正作成時に筆頭者(死亡していたとしても)以外の方で、死亡、結婚等ですでにその戸籍から除かれている人は、新しい戸籍には移記されません。
    相続遺言.jp アターニー事務所
    電話相談 時   間
    9:00〜20:00
    (
    090−3085−1941
    メール相談【無料】 原則48時間以内に回答 無料メール相談(一般)


    This web site is for general information purpose only.
    The information presented at this site should not be construed to be legal advice.
    このウェブサイトは一般的な情報のみを提供しているものです。ここでの情報は決定的法的助言ではありません。
    Copyright(C) 2009 相続遺言.jp アターニー行政書士事務所 All Rights Reserved.