初心者のためのドライビング講座


縦列駐車

 縦列駐車は、車庫入れと違い、どんな車にも当てはまるような「ここでこうすればいい」的説明は難しい。車のタイプや大きさ、それに駐車スペースの広さによって、かなり変わってくるからだ。よく、自車の○○と後車の××が重なって見えたら、とかいう説明をしている解説書を見受けるが、はっきりいって当てにならない。なぜなら、自車の形状や運転者の体格、それに後車までの距離によって全然違うものになるからだ。ここでは、できるだけ一般論的な説明をするため、数学的に解説してみたい。
縦列駐車 縦列駐車の方法を説明するためにまず、車の各部のサイズから、以下の計算をしておく。フロントオーバーハング(前輪より前の長さ)をlf、ホイールベースをlw、リアオーバーハングをlr、車幅をw、前輪のトレッド(左右の車輪の間隔)をtf、最小回転半径をrとする。これらの値は車のカタログに載っている。そして、図のr0、rf、αおよびθを以下のように求める。
   r0=(r2-lw2)1/2-(w+tf)/2
   rf={(r0+w)2+(lw+lf)2}1/2
   α=tan-1{(lw+lf)/(r0+w)}
   θ=cos-1(r0/rf)-α

縦列駐車 さて、ここからいよいよ説明の本番。まず、車を前車の横に次式で求められるdの間隔をとって止める。
   d=r0*(1-secθ)+lr*tanθ
ただし、リアオーバーハングが短い車でlr<r0*sinθとなる場合は、
   d=r0*(1-cosθ)
となる。ここまで読むと、何がなんだか分からなくなると思う。要は、縦列駐車のポイントは4つだ。1つ目は車を止める位置。それをここまで数式を使って説明してきた。しかし、結局どれぐらいあければいいのかこの説明では分からないだろう。そこで、中型のセダンクラスの車についてこの計算を行うと、dは約30cmとなる。すなわち、まずはじめに前車の横に30cm(操作上の誤差を見込んで50cmぐらいあけた方が安心か?)の間隔をとって止めればよいのだ。教習所では、1mぐらいあけると教わったと思うが、それはあけすぎ。あけすぎるとかえって入れにくい。

 では、上のボタンをクリックしていよいよ縦列駐車開始。まずまっすぐバックし、自車の後端が前車の後端に並んだときハンドルを左に切る。これが2つ目のポイントである。この時、左後部から後輪にかけてと、右前部に注意すること。ハンドルを切り始めるタイミングが早いと、前車の右後部に接触するおそれがある。また、ハンドルを左に切ってバックすると前が大きく右に膨らむからだ。3つ目のポイントはハンドルを戻すタイミング。これは、自車と前車がθの角度をなしたときにハンドルを戻せばよい。中型セダンクラスだと、θは約22.5度となる。教習所の教本やいろんな解説書には45度とあるが、角度をつけすぎると左後部がつっかえる。そして最後の4つ目のポイントは、右にハンドルを切るタイミングである。自車の左前部が前車の右後部を通過したときにハンドルを右に切ればよい。この時、左前部と同時に左後部にも注意すること。あとは、車が並行になるまでそのまま右にバックすればよい。最後に、ハンドルを少し戻しておくこと(完全に戻す必要はないが、もちろん完全に戻してもよい)。目一杯切ったままにしておくと、パワーステアリングを傷めるおそれがある。また、前ページでも述べたが据え切りはなるべくやらないこと。
 教習所では、一発で入れないと叱られるが、実践では何も一発で入れる必要はない。うまく入らなければ、前後に動いて少しずつ幅寄せしながら微調整すればいいし、全然だめなら最初からやり直せばよい。肝心なのは、あせらないことである。



BACKINDEXNEXT