コンサートのお知らせ・チケット購入




◆合唱団スコラ・カントールム第8回特別演奏会 ヘンデル《メサイア》

2018年10月21日(日) 会場:上野学園・石橋メモリアルホール(JR上野駅入谷口下車徒歩8分)

(会場となる「上野学園・石橋メモリアルホール」については、こちらをご覧ください)

開場14:30
開演15:00
チケット価格: 3000円

演奏曲目
ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル/オラトリオ「メサイア」HWV56 全曲

客演

ソプラノ:朴 瑛実
アルト:穴澤 ゆう子
テノール:大貫 浩史・小沼 俊太郎
バス:西久保 孝弘・松井 永太郎

ヴァイオリン:大西 律子(コンサートマスター)・小池 吾郎・高橋 真二・関口 敦子
ヴィオラ:上田 美佐子・春木 英恵
オーボエ1:森 綾香
オーボエ2:小野 智子
コントラバス:櫻井 茂
トランペット1:斎藤 秀範
トランペット2:永井 友貴
ティンパニ:久保 創
オルガン:今井 奈緒子
チェンバロ:平野 智美

合唱:スコラ・カントールム
指揮:野中 裕


1990年に設立された合唱団スコラ・カントールムは、本年をもって創立29年目を迎えました。2020年には、当団の歴史もついに満30年を迎えることになります。この経験を踏まえ、私たちはヘンデルの《メサイア》全曲演奏に挑むことになりました。開催日時は2018年10月21日(日曜日)の15時(終演は18時の予定)、会場は2014年の《マタイ受難曲》と同じく「上野学園 石橋メモリアルホール」を使用させていただく幸いに恵まれました。

あまりにも人口に膾炙したこの作品については、今さらこの紙面で駄弁を弄する必要はないと存じます。私たちは2016年秋に佐藤雄一氏の指揮・指導による「ヴォチェス・エクスプレセ」に参加しての全曲演奏、同年末の「国際基督教大学クリスマス・コンサート」では第一部の演奏を行いました。その蓄積の上に立ち、万全の準備をもって「スコラ・カントールム」として初の全曲演奏に臨みます。

今年はバッハ・ヘンデル・D.スカルラッティの生誕333年目にあたっており、音楽学者の三ヶ尻正さんの発案で「333HBS」という記念企画演奏が各種催されております。私たちの演奏会もこの企画の一つに数えられるという光栄に浴したばかりか、発音指導、対訳の監修等、あらゆる面においてヘンデル研究の専門家でいらしゃる三ヶ尻さんの全面的なバックアップをいただくことができました。いつも御協力をいただいているお馴染みの客演の皆様との共演も叶い、私たちの今考え得る、ベストの《メサイア》を御披露できることを確信しております。



  ■チケットのお申し込みはこちらからどうぞ。





終了分はこちらへ

トップページに戻る