四柱推命横丁/四柱推命の未来予知

2002.3.30.UP

世の中、占いが好きなお人はんがいたはったら、占いが嫌いな御仁もいたはりま。
そ〜ゆ〜中で、四柱推命をとらえて「当たるも八卦、当たらぬも八卦。」ちゅうてはる御仁は、無知を曝してはるんだすさかい論外でんねんけど…。
「お前、俺が結婚でけんと言〜たな。ほんだら今から結婚して来たる!」ちゅうんにはうなづけるモンがおます。
つまりその御仁は結婚して来れるからだす。

「エッ?! 占いで結婚でけへんと出てるんやろ? そやのにナンで結婚して来れるんや?! どないなってるねん!!」ちゅうて言わはるかもしれまへんが、ちょっと待っておくんなはれ。

そら先ほどの御仁が町で手当りしだいに「結婚してくれ!」ちゅうて、女子(おなご)はんに声をかけはったら、1人くらいは物好きもいたはって、結婚をしてくれはるかもしれまへん。
しかしそれは「形の上での結婚」でんがな〜。
占いに…、四柱推命に出る結婚ちゅうんは「幸福な結婚」を指してまんねん。

つまり、四柱推命の占い師が「結婚できまっせ。」ちゅう事は、「この時期やったら、幸福な結婚になりまっせ。」ちゅう意味なんだす。
反対に「結婚は無理でんな〜。」ちゅう事は、「この時期の結婚は、幸福な結婚にならんかったり、できまへんで〜。」ちゅう意味なんだす。

これは過去のデータに如実に出てまんな〜。
この時期ちゅうヤツは、相性云々以上のモンだっせ。
結婚すべき時期の結婚は、ホンマに幸福な結婚になっとりま。
そ〜ゆ〜訳で、マトモな占い師には結婚しはる時に、すでにその末路がわかっと〜ちゅう事だす。

これは結婚だけやおまへん。
出産、転職、起業、転宅…、全てにおいて、その時期ちゅうモンがおますんや。
その時期をタイムリーにとらえて、速やかに遂行せんとあきまへんのんだす。

ま〜、ここまで読んでくれはった賢明なる読者はんは、も〜おわかりやと思いまっけど、「四柱推命は人の気紛れからの行動まではサポートしてへん」ちゅう事だす。

ほんで四柱推命は「予言」やの〜て「運命鑑定」だすんで、「具体的行動の未来予知」やなしに「行動結果の吉凶の未来予知」をサポートしてまんのや。
「鑑定」ちゅうたら、お宝の鑑定のよ〜に、価値ある物か否か、エエ仕事をしてる物か否かちゅう、「エエか? あかへんか? の二者択一の判断」を下すんが本筋だっしゃろ?
そやから「〜をしたいんやが、やってうまいこと行きまっしゃろか?」ちゅう、問いかけを占い師に持って行かんとあきまへんねん。

も〜1回言いまっせ。
四柱推命は人の気紛れからの行動まではサポートしてまへん。
つまり、気紛れで結婚はできま。
しかし、「お金持ちになられへん。」ちゅうて言われて、いくらそれに反抗しはっても、お金持ちになられへんモンはなられへんのんだす。

わかりまっしゃろ?
前者(結婚)は「行動」、後者は「運気」だす。
「行動」は気紛れや妄動でいくらでもできまっけど、「運気」は気紛れや妄動では変えられへんちゅう事だす。
「行動」はその御仁の選択でやれまんねんけど、その結末を支配する「運気」は選択でけへんのんだす。

ま〜、こ〜ゆ〜事でんので、あんさんが占い師に「わては結婚できまっしゃろか?」ちゅうて聞きはった時、その占い師の答の真意を読み取らんと、鑑定料がムダになりまっせ。

占い師も素質がおまへんとなれまへんよ〜に、占いをしてもらいはるお人はんも、「占ってもらう素質」がおまへんとあかへんちゅう事だっしゃろな〜。

上林岳承

総合開運研究学会
上林岳承

運命鑑定/プロ養成占い教室
daikando@sd5.so-net.ne.jp


プロの四柱推命『関西占い物語』