大運と年運

2011.12.18.UP. 2019.3.12.更新.

昔…。
或るラジオ番組の取材を受けた時…。

「巷の四柱推命が間違っているところは?!」って質問された事があります。

その際…。
まぁ、たくさんあるのですけれど…。
私は…。

「巷の四柱推命は、『命中』『大運』『年運』を三位一体で見ていないところにある。」って、この1つを答えました。

私は何度も言っていますが…。
『大運』は四柱推命の神髄です。
それは…。

正しい『大運』の見方ができる四柱推命の占い師が稀(まれ)だからです。

人の運において…。
その10年間の『大運』に…。
その10年間に起こる事が書いています。

『年運』は、『大運』で起こる事象のタイミングを知るためにありまして…。
『年運』には、具体的に起こる事象は書いていないという事です。

つまり…。
『大運』で、この10年間に離婚すると出ていなければ…。
『年運』に、どんなオトロしい(恐ろしい)星が巡ろうとも…。
離婚にはなりません。

ですから…。
まず『大運』で…。
「その10年間に何が起こるのか?!」を把握できるテクを持たねば…。
どうもこうも鑑定にならないというか…。
8億6千万年、例え占い師(?)をされてても…。
スカタンな鑑定(?)しかできないという事です。


金運は「大運第一法則」で…。
その他の事は「大運第二法則」で…。
把握して行きます。

エッ?
「そんな用語、知らん。」って?!

それはあなたが…。
古いカビの生えた四柱推命しか知らないからです。
現代四柱推命は日々進化しているのです!


このようにして『大運』で把握した事象を…。
では「ナン年に起こる」のか?! を…。
『年運』で推し量って行き…。
未来予知をする。

そして…。
経験を積むと…。
それが「ナン月に起こる」とか…。
もっとハシカい(おりこうさん)人は「ナン月ナン日に起こる」って…。
日付を切って鑑定をします。


『年運』に「この人にはイイ星が巡って来たから…。」とか…。
「悪い星が巡って来たから…。」とかで…。
具体的な運気を決定している内は…。
四柱推命の神髄には、全くほど遠く…。
四柱推命を一からやり直す事です。

そういう見方では…。
四柱推命のライバルの…。
正しく占った「西洋占星術」には勝てません。

上林岳承

総合開運研究学会
上林岳承

運命鑑定/プロ養成占い教室
daikando@sd5.so-net.ne.jp


プロの四柱推命『関西占い物語』