四柱推命横丁/大運と年運

2011.12.18.UP

昔…。
或るラジオ番組の取材を受け申した時…。

「巷の四柱推命が間違っているところは?!」ちゅて質問された事がおます。

その際…。
ま〜、よ〜けおますんだっけど…。
わては…。

「巷の四柱推命は、『命中』『大運』『年運』を三位一体で見てへんところにおます。」ちゅうて、この1つを答え申した。

わては何度も言うてまっけど…。
『大運』は四柱推命の神髄でんねん。
ナンで、そない言うんか?! ちゅうと…。

正しい『大運』の見方がでける四柱推命の占い師(?)はんが皆無だっさかいだす。

人の運において…。
その10年間の『大運』に…。
その10年間に起こる事が書いておます。

『年運』は、『大運』で起こる事象のタイミングを知るためにおまして…。
『年運』には、具体的に起こる事象は書いておまへんちゅうこっちゃ。

つまり…。
『大運』で、この10年間に離婚するちゅうて出てまへんだしたら…。
『年運』に、どんなオトロしい(恐ろしい)星が巡ろうが…。
離婚にはなり申さん。

だいたい、おかしいちゅうて思わなあきまへんがな〜。
『年運』が、具体的に起こる事象を司るんだしたら…。
その事が、人類は或るサイクルで何度も経験してまう事になりまっせ!
例えば離婚…。
これを何度も一生の内で、どのお方はんもする事になりまんがな!

こ〜ゆ〜事は…。
義務教育を受けてはったら…。
おかしい!!
ちゅうて常識でわかるちゅうこっちゃ。

そやから…。
まず『大運』で…。
その10年間に何が起こるんか?! ちゅう事を把握でける技術を持たんと…。
ヘヘヘ、ど〜もこ〜もならんちゅうか…。
8億6千万年、例え占い師(?)をしたはっても…。
スカタンな鑑定(?)しかでけんちゅうこっちゃ。


金運は「大運第一法則」で…。
その他の事は「大運第二法則」で…。
寿命は「大運第三法則」で…。
把握して行き申す。

エッ?
「そないな用語、知らん。」てだっか?!

それはあんさんが…。
古いカビの生えた四柱推命しか知らんからでんがな〜。
現代四柱推命は日々進化してまんねん!

そ〜ゆ〜事で…。
『大運』の見方の違いで、『大運』を3つの法則に分類され申したちゅうこっちゃ。


そないして『大運』で把握した事象を…。
では平成ナン年に起こるんか?! ちゅうのを…。
『年運』で…。
中級では「関連星」を駆使して…。
上級では「○○○」(これは伏せさせておくんなはれ)で推し量って行き…。
未来予知をする。

ほんで…。
経験を積みはったら…。
それが「ナン月に起こる」とか…。
もっとハシカい(おりこ〜さん)モンは「ナン月ナン日に起こる」ちゅうて…。
日付を切って鑑定をするちゅうこっちゃ。


『年運』に「この人にはエエ星が巡って来たから…。」とか…。
「悪い星が巡って来たから…。」とか言うて…。
具体的な運気を決定しと〜内は…。
四柱推命の神髄には…、ヘヘヘ、ほど遠いちゅうこっちゃ。
学習を積んで出直しはるこっちゃ。

そないな見方を何処で習いはったんか知りまへんけど…。
そないな見方では…。
四柱推命のライバルでおます…。
正しく占の〜た「西洋占星術」には勝てまへんで〜。
そ〜ゆ〜こっちゃ。

上林岳承

総合開運研究学会
上林岳承

運命鑑定/プロ養成占い教室
daikando@sd5.so-net.ne.jp


プロの四柱推命『関西占い物語』