金運

2010.10.18.UP. 2019.3.11.更新.

金運は「大運」を見ます。
それ以外では、金運の実態を見れるようには四柱推命において、定義されていません。

私が言う金運とは…。
「道で100万円、拾った!」とか「宝くじで1億円、当てた!」という、一時金みたいな些細な金運を指してはいません。
ズバリ! 年収…、それも継続して受け取れる年収を指しています。
いくら宝くじで1億、ゲットしても…、1回切りの事です。
でも、年収が3000万でしたら…、4年で12000万です。
そういう次元の金運を「大運」で見るというか…、四柱推命ではココのみが、そういう金運のシグナルを出しているのです。

ですから…。
正しい「大運」の見方がわかっていない占い師には、金運を観るなんて…、無理無理、無理な事です。
ですから…。
正しい「大運」の見方がわかっていない占い師には、ナン億も一度に動かす「企業の鑑定」なんて…、無理無理、無理な事です。

正しい「大運」の見方がわかってこそ、こういう企業社長さんを見い出す事もでき…。
作る事もできるのです。
こういう社長さんの「大運」は…?!
私がいつも言う「Aランクの大運」なのです。
ですから、このレベルの金運にまで発展されたのです。

ところが…。
この「Aランクの大運」には数種類のパターンがあって…。
今回は全てを述べず、大雑把に2つに分けて述べます。

エッ?
「もったいぶるな!」って?!

わかりました。
いつかきっと、全ての種類を述べましょう。
ですから、今回は大雑把に2種類で堪忍しておくんなはれ。

では、その種類とは?!
「自力本願のAランク」「他力本願のAランク」です。

「自力本願のAランク」は、文字どうり、不動のAランクでして…。
Aランク中のAランクです。
この場合、本当に人生、安泰なのです。

しかし…。
「他力本願のAランク」は、バックの人の助力でAランクになる運気でして…。
そのバックの人によって左右してしまう、不動ではないAランクです。
例えば、そのバックの人が人生で倒れられたら…。
絵に描いた餅…、いや、絵に描いたAランクになってしまい、Aランクの恩恵は受ける事はできません。

では、どんな場合がイイのか?!
そのバックの人が「自力本願のAランク」の時です。
その時「他力本願のAランク」は文字どうりのAランクになり、Aランクの恩恵を安定して受ける事ができます。

まぁ、「大運」のランクは…、ABCDの4ランクがありますが…。
Aランクは、脱サラしてもツブれません。
独立業を続けてもツブれません。
その他のランクでは、危なかったり、絶対にツブれるのです。

そして…。
サラリーマンの場合、C以下のランクですと…、リストラが大いに起こり得る運気です。

人間の人生の運気には、大雑把に述べましても…。
幾多のパターンがあります。
今回は、まだその全てのパターンを述べていません。

このように人生には、幾多のパターンが存在するので…。
「醍醐味がある。」って言えるのです

上林岳承

総合開運研究学会
上林岳承

運命鑑定/プロ養成占い教室
daikando@sd5.so-net.ne.jp


プロの四柱推命『関西占い物語』