四柱推命横丁/キャパ

2013.7.4.UP 

「いのしえ占い物語/区別」で…。
Aランクのキャパちゅうのを説明し申した。
しかし…。
抽象的な説明だしたんで…。
具体例を挙げて説明しま。

例えば…。
Aランクの占い師がおったとしま。
この占い師はAランクだっさかい…。
わてと肩を並べる占い師になれるんか?!

もし…。
この占い師はんの技術が確かちゅうか…。
わてがいっつも言うと〜、「一般には伝わってへん四柱推命の技術」を会得したはったら…。
ヘヘヘ、それも可能と違ゃいまっか?!

占い師にとって…。
占いの技術は命(いのち)だす。

崇高な技術を持ったはったら…。
難問を解決でき申す。
ほんだら…。
エエお客はんの層が、その占い師はんの客層になり申す。
ほんだら…。
収入が増え申す。

プロ占い師は…。
どの層のお客はんをメインにするか?!
これで裕福になれるか否か?! が決まるんだっせ。

言うときまっけど…。
街の占いハウスにノコノコと来はるよ〜な客層がメインだしたら…。
サラリーマンをしとった方が…。
いくらAランクだしても…。
ヘヘヘ、裕福だっせ。

そ〜ゆ〜事で…。
Aランクの占い師にとって…。
「一般には伝わってへん四柱推命の技術」を会得でけるか否か?! が、その者のAランクのキャパの正体やちゅうこっちゃ。

エッ?
「ほんだら、Aランクのキャパが大き〜て、崇高な技術を会得でけたら…。岳承はん以上の占い師になれまっか?」ってだっか?!

それは?!
実際のところ…。
たいがい無理でんねん。
ナンでかちゅうと…。
「一般には伝わってへん四柱推命の技術」を会得しはっても…。
わてぐらい修羅場を越えて…。
自分の技術を進化させる事は…。
阪神タイガースが巨人に、ペナントレースで無敗の成果を挙げるんと同んなじくらい…。
ヘヘヘ、皆無の至難すぎる業(わざ)だっさかいだす。

そやさかい…。
ま〜、そ〜ゆ〜事よりも…。
まず、占い師しはるんだしたら…。
「一般には伝わってへん四柱推命の技術」を会得しはるんが先決問題と違ゃいまっか?!

上林岳承

総合開運研究学会
上林岳承

運命鑑定/プロ養成占い教室
daikando@sd5.so-net.ne.jp


プロの四柱推命『関西占い物語』