四柱推命横丁/印綬

2010.5.29.UP

お客はん「うちの娘、中学生なんですが高校進学を○○高校にしようと思うんですが。」
??占い師「印綬がありますので、お勉強ができますよ。」
お客はん「○○高校に行けますか?」
??占い師「印綬がありますので、受験は心配いりませんよ。」

まだ、こないな戯(たわ)けた事を平気で、お客はんに言〜と〜占い師(?)はんがいたはりま。
「印綬」やから賢こ〜おますんか?!
「印綬」やから頭がよろしおますんか?!

ほんだら、東大生は全員「印綬」だっか?!

わてのお客はんに、東大の理学部の大学院を出た殿方はんがいたはりまっけど…。
命中に1つも「印綬」がおまへん人だっせ。

そ〜ゆ〜事で…。
頭がエエちゅう事と「印綬」とは、関係おまへんちゅうこっちゃ。
「印綬」だっから、頭がエエとは言えんちゅうこっちゃ。

「印綬」は、日干にエネルギーを陰陽配偶で供給する星だっけど…。
そやから言〜て、「印綬」は現実面の解釈で「頭脳」の星やおまへん。

エッ?
「頭脳の星やちゅうて習ろ〜た。」ってだっか?!

それは…。
「印綬」はインプットの星ちゅう事を、四柱推命を勉強し始めはった初歩の人に、日干との関係を覚えさすための便宜上の教義やちゅうこっちゃ。
そやのに…。
お客はんから鑑定料をいただくプロ占い師が、こないな初歩の「印綬」の便宜上の意味合いで鑑定(?)したらあきまへんで〜。
現実面に合致した「印綬」の解釈を、お客はんにせんとあきまへんで〜。

ま〜、こないな占い師(?)の輩はん方には、「通変第2法則」ちゅう現代四柱推命の新技術は伝わってはらへんのんだっしゃろ〜な〜。
技術的に、ほど遠い…!!

そ〜ゆ〜事で…。
四柱推命は、ライバルの西洋占星術とは違い…。
誰に四柱推命を教わったか?! ちゅう系列で、その占い師はんのプロの実力を大雑把だっけど推測でけるモンでんねん。

「印綬」ちゅう、四柱推命では水や空気のよ〜な当たり前の星やのに…。
その使い方や解釈の仕方が、こ〜でんねんから…。
系列によって、大変な技術の差が出てしまいまんねや。
四柱推命の世界において、技術の均等な拡散はでけてまへんのんだして…。
ある系列のみに、技術が偏って伝承されとんが現実でんねん。

そやから…。
「印綬がありますので、お勉強ができますよ。」ちゅう、戯けた事を平気で鑑定料をいただいとんのに言う占い師(?)はんが、21世紀に入り申してもいたはるんだす。
大変な世界でんな〜。

上林岳承

総合開運研究学会
上林岳承

運命鑑定/プロ養成占い教室
daikando@sd5.so-net.ne.jp


プロの四柱推命『関西占い物語』