四柱推命横丁/空亡2

2009.7.28.UP

昔の朝刊を見とったら…。
「小学校女性教師、粉洗剤でおにぎりを児童ににぎらす」ちゅう記事がおました。
ホンマ、信じられまへんな〜!!
53にもなる女子(おなご)はんが、食塩と粉洗剤を間違えまっか?!
指でつまんで小2の児童に配ってまんねんで!
指触りでもわかりまっせ!!

こんなんは四柱推命の占い師が、命式を書き間違えるんと同んなじ事でんがな〜。
間違えるわけがおまへんのに間違えるんだすさかいな〜。

そやけど間違えんと命式を書いたっちゅうても…、ヘヘヘ、その解釈が間違ご〜とったらナ〜ンもなりまへん。
そんな占い師(?)はんが、よ〜けいたはりまんねんで〜。

エッ?
「誰の事や?」ってだっか?

あんさんでんがな〜。
「空亡、空亡。」と騒いではる占い師(?)のあんさん!
あんさんの事を言〜てまんねんがな〜。
あんさんが騒ぐだけだしたら自業自得でんねんけど…。
あんさんがお客はんに「空亡やから怖い事が起こる。」ちゅうて、アホな事を言いはったら、それは間違いでんのにお客はんがパニクってしまいはりまんねんで〜!!

ホンマに「空亡」が怖いんだしたら、わての親友が「空亡」の年にピザ屋を始めて、今、大繁盛してるんはど〜ゆ〜事でんねん?!
「すぐには凶の作用は出ません。」ちゅうタワゴトはわてには通用しまへんで〜!
そいつはピザ屋を始めて10年以上経ってまっから。

ほんでピザ屋を始めた次の年、すなわち「空亡」の2年目でんな〜。
その年に14歳も年下のベッピンはんと再婚しましてんで〜。
それも「空亡」の月にだっせ。

違ゃいまんのんか?!
「空亡」の時に結婚したら3年後に離婚するんと?!

ヘヘヘ、してまへんで〜!!
幼稚園に行く子供はんもでけてまっせ〜。
夫婦仲よ〜、ピザ屋を経営してはりまっせ〜。
なんせ結婚10年目だっさかい。

この一連のわての親友の筋書きはわてが書いたんだす。
わてが「空亡」の時期をわざとに選んで、ピザ屋をやらし、再婚をさせましてん。
ナンでかちゅうと…、「空亡が怖い!」ちゅうて言いよりまっからでんねん。
そやから特に結婚は、空亡の年、空亡の月、空亡の日に式を挙げさせましてん。
ヘヘヘ、空亡どころか、ナ〜ンも怖い事はおまへんだした!!
ま〜、プロの世界の技術ちゅうんはこ〜ゆ〜モンでんな〜。

この「空亡」の意味がわからん占い師(?)はんは、も〜廃業しなはれ。
プロで食〜て行くんは無理だっせ。
ほんで食塩と粉洗剤を間違ご〜た小学校女性教師はんも教師、廃業しなはれ。
同時に女も廃業しなはれ。

そ〜ゆ〜こっちゃ。

上林岳承

総合開運研究学会
上林岳承

運命鑑定/プロ養成占い教室
daikando@sd5.so-net.ne.jp


プロの四柱推命『関西占い物語』