四柱推命横丁/第2種相性

2009.7.28.UP

いきなりだっけど…。
あんさん、初めてキスちゅうモンをしはった時、お互いに前歯をぶつけ合いまへんだしたか?

エッ?
「私はぶつけませんでした。」ってだっか?
それはあんさんの相手の男性がウブやなかったからだっせ。

若かりし頃に「お互いに前歯をぶつけ合った」お人はんと、どっかで偶然に出会い申したら…。
ヘヘヘ、テレ臭〜に思うんと違ゃいまっか?!

それにしましてもでんな〜、現代四柱推命において、その結婚が将来的に離婚してしまうんか否か?! ちゅう事がキッチリとわかってしまうんが不思議な事でんな〜。
わて自身、他人はんを占の〜てて、ホンマ不思議に思いまっせ。
ま〜、ここまで現代四柱推命は解明されとんだすけど…。

そ〜ゆ〜事で…。
四柱推命で正しく鑑定してもらいはって…。
「あんさんは離婚しまっせ。」ちゅうて言われ申したら、必ず離婚になりまっさかい…、うまいこと行ったはれへん夫婦の関係を粘りはらんと、早い時期に決断しはるこっちゃ。
だって、どないに粘りはってもだっせ、離婚は早かれ遅かれ起こってしまいまんねん。
現代四柱推命は、も〜そこまで解明でけてまんねん。
少しでも若い時期に離婚しはって、次の幸せを掴みはる事が開運の秘訣と違ゃいまっか?!

そやけど世の中、離婚にならへん結婚が必ずしも幸せな結婚やおまへん。
離婚しと〜ても離婚でけんと悩んではるお人はんもいたはりますんや。
そ〜ゆ〜事でんので、幸せな結婚の判断ちゅうモンは「相性」「縁」「離婚にならん結婚時期」のみではおまへんちゅう事だす。

27宿(28宿ちゅう説もあり)の「宿曜経」に「破壊星」ちゅう人間関係を示す理論がおます。
ほんで、四柱推命にもそ〜ゆ〜理論がおまして…。
四柱推命の理論の方が、「宿曜経」のそれよりもさらに細こ〜判断がでけるんが嬉しいとこでんな〜。

エッ?
違ゃいまっせ!
わては四柱推命の「五行の相生相尅」の事を言〜とんと違ゃいまんねんで。

この理論はスポーツ選手で、どうしても勝てんライバルがおるとしまっしゃろ、こないな関係を理論的に説明する際にも応用できまんねん。
これをわては「第2種相性」ちゅうて呼んでま。
そ〜ゆ〜訳だして、この理論は一般的な「相性」と、よ〜似てまんねんけど、その「相性」とは違った位置付けで判断するんがプロの常道でんねや。
そやけど、この稼業しとって思いまっけど…。
破壊し合う「第2種相性」の仲で、かつ離婚がでけん状態…。
これはたまらん状態でんな〜。

ま〜そ〜ゆ〜事でんねんけど…。
他人はんの結婚ちゅうモンは、様々な価値観が交差してはりまっさかい、単に「相性」「縁」「離婚にならん結婚時期」のみを追求して結婚を判断するちゅう事は、「運命鑑定」においては考えられん事でんねん。
そやさかい、わてらプロは、こないな事象においても的確な開運指導がでけんとあきまへんねん。
ヘヘヘ、少女の花占いやおまへんさかいな〜。

上林岳承

総合開運研究学会
上林岳承

運命鑑定/プロ養成占い教室
daikando@sd5.so-net.ne.jp


プロの四柱推命『関西占い物語』