四柱推命横丁/窮通寳鑑

2008.4.13.UP

「窮すれば通じる」ちゅう言葉がおます。

これは「窮して」二進も三進も(にっちもさっちも)行かれんよ〜になったら…。
「捨我得全」ちゅうて、雑念や学歴や環境などを一切、捨てて、万事を尽くして天命を待てば必ず「通ずる」ちゅう事を言〜てま。

「捨我得全」…。
わてにとって、「捨我得全」は高校教師クビの時がまさにそれでおました。

つまり…。
占い師ちゅう、今までの学歴、職歴を捨てて、これに当たったからこそ「窮すれば通じた」んだす。

また…。
占い師修業時代にFRPの防水職人や、占い師駆け出しん頃に引っ越しのバイトもでけ申したんだす。
もし「わては大学出や。」とか「元教師やさかい、チョークよりも重いモン、持った事ない。」ちゅうて言〜とったらでけんかったと思いまっせ。

そやけど…。
こ〜ゆ〜方針の根源ちゅうんは、わて、我がままで排他的な性格で、とてもとてもサラリーマンは勤まりまへん。
そないな、一匹狼的な性格ちゅうか欠点を拒否せず受け入れ申して、ほんで消化して「性格の短所を武器に変えた」ちゅう事だっしゃろ〜か?!

「窮すれば通じる」ちゅうても、万人が万人とも「通ずる」事はおまへん。
何でかちゅうたら、「通ずる」も「通じん」も運気しだいだっからだす。
「通じよう」ちゅうて念じはってもだっせ、成功する運気がおまへんかったら「通じ」まへん。

運ちゅうモンは…。
良ければ、何をしてもうも〜行くモンだっけど、悪ければ、何をしてもうも〜行かんモンだっせ。

わての場合、運がよろしおましたから、教師クビの後、占い師ちゅう事で再生でけ申したんだす。
そやさかい最前の…。

「窮して」二進も三進も(にっちもさっちも)行かれんよ〜になったら…。
「捨我得全」ちゅうて、雑念や学歴や環境などを一切、捨てて、万事を尽くして天命を待てば必ず「通ずる」ちゅう言葉は、わての勝てば官軍的考察かもしれ申さん。

「窮すれば通じる」ちゅう言葉について…。
これは、「いくら努力しはっても、成功する運気がおまへなんだら、『窮すれば通じる』ちゅう事はおまへん。」ちゅうこっちゃ。
それは、当然の事だす

そこで、アフリカのある原住民で、その特定の原住民が「雨乞い」の儀式をするちゅうと必ず雨が降るちゅう話を…。
ナンで、この原住民が「雨乞い」の儀式をやったら雨が降るんか?!
それは、この特定の原住民はんらは、雨が降るまで儀式をし続けるからでんねん。

そやから、「窮した時は成功するまで努力を続ける」事や!

エエ?!
それって、新興宗教の台詞でんがな〜?!

「教祖様、全然まだ病気が治りませんが。」
「あなたは、まだ信心が足りないのです。もっと寄進しなされ。」

ちゅうて、無知で弱い困ってはるモンから金品をムシリ取る手口の論法といっしょでんがな〜。

そやけど、「窮した時は成功するまで努力を続ける」ちゅう言葉…。
一般受けする、ホ〜ンマに道徳的な言葉や。
もし、ここで、わてが「いくら努力しはっても、成功する運気がおまへなんだら、『窮すれば通じる』ちゅう事はおまへん。」ちゅうて言い申したら…。
ヘヘヘ、散々に非難を受けまっしゃろ〜な〜。

そやけど…。
運のおまへん時に、何をやってもうまいこと行かへんちゅうこと…、みなはん、よ〜知ってはりまっしゃろ〜??

四柱推命の原書に「窮通寳鑑(きゅうつうほうかん)ちゅうのがおます。
これは「窮通」は「窮すれば通じる」、「寳鑑」は「寳の鑑…、すなわち道を示してくれる『未来予知』」を意味してま。
つまり人間は昔から、「窮しても〜たから努力してまっけど、果たして自分は、報われる運気を持ってまんねやろ〜か?!」ちゅう事を知りと〜おますんや。
それも「早い時期」にね!

そない考え申したら…。
占いちゅうたら、ホンマはそ〜やおまへんのに…、宗教みたいに胡散臭いモンに思〜てはる御仁がいたはりまっけど…。
「窮した時は成功するまで努力を続けなさい」ちゅう道徳的観念の方が…。
ヘヘヘ、ずっとずっとパーフェクトに「宗教みたいに胡散臭いモン」と違ゃいまっか?!

「窮しても通ずるんか否か?!」は、わてに聞いておくんなはれ。
これは『運命鑑定』の領域だっからな〜。
四柱推命はホ〜ンマ便利な占術だして、こ〜ゆ〜事がポ〜ンとわかりまんねん。
わての四柱推命で「窮しても通ずるんか否か?!」を知って、早い時期に楽になっておくんなはれ。
ほんで合理的な努力をしておくんなはれ。

そやけど、そないなあんさんだしても…。
「性格の短所を武器に変える」ちゅう事と、「捨我得全」ちゅう事を追求しといておくんなはれや〜。
それが、開運の第一歩だっからな〜。

上林岳承

総合開運研究学会
上林岳承

運命鑑定/プロ養成占い教室
daikando@sd5.so-net.ne.jp


プロの四柱推命『関西占い物語』