蔵干

2000.11.11.UP. 2003.3.27.更新. 2019.3.1.更新.

今に始まった事ではないのですけど、四柱推命には色々な理論や解釈の仕方があります。
他人の鑑定を聞いていますと、驚くような理論に苦笑いします。

そういう事で、四柱推命は誰が占っても同じ結果が出るモンではない現実です。
ですからプロに好まれる占術という事です。
もし誰が占っても同じ結果が出るのでしたら、プロになる値打がないのと違いますか?
四柱推命が当たるのではなくて、個人の占い師が当たるのです。
個人個人の差別化がされない事には、プロとしてやって行けません。

そういう意味では、占い師は排他的だと思います。
しかし他人の間違った鑑定に、とやかく忠告する必要はありません。
どだい技術の統一なんかは無理な事ですし、その必要もありません。
占いの道はシビアですので、自然淘汰されて行ったらイイんじゃ〜ないですか?!

ところが次に述べる蔵干については、ちょっと私なりの考えを述べたいと思います。

蔵干表が違うのは論外として、蔵干の出し方について2つの理論が現在出ています。

1つは従来どうり「節入後日数に基づいて、全ての柱の蔵干を決定する」方法。
もう1つは、いわゆる一般に流通している蔵干表は『月律分野蔵干表』が正式名なので、これは生月の蔵干のみの設定表として「各柱の蔵干を個々にその深い浅いを考えて決定する」方法。
つまり節入後日数が深い人であっても、例えば3月生まれでしたら生年の蔵干を浅い蔵干に決定するというように、各柱の蔵干も個々に決定して行く方法が後者の方法です。

私は前者の方法を採用していますが、後者の方法も納得させられる理論です。
しかし実占面では前者の方法でないと、実際の人物とは食い違った結果が出る場合があります。

では、なぜ理論的には納得できるのに、実占面では問題が生じるのか?!
それは、占いというモノにはナンとでも理論を作る事ができるからです。
しかし、理論と実占とは違います。
つまり理論を机上で考えてみましても、一向にラチがあかないのです。
その理論が正しいか否かは実占しか答を出すスベはないのです。

しかし、ただ単に実占ではこうなるからこの理論はNGという事では、「味もシャシャリも無い」ので、「節入後日数に基づいて、全ての柱の蔵干を決定する」方法の根本理論を述べます。 

四柱推命は古来より日干を重んじており、同生月内の同日干であっても、節入後日数で同日干同士を差別化する必要があって、その具体的な具現材料として蔵干があるのです。
つまり各蔵干個別の深い浅いではなく、「生日干支の深い浅いが蔵干設定の基準」というか、そのように設定して地支から出て来た十干に蔵干という名称をつけ、四柱推命の規定として昔の人が定義されたのです。

例えば、どの柱でも『酉』ならば節入後日数が深い生まれは『辛』、浅い生まれは『庚』というようにです。

ですから生年地支が『酉』で、3月に生まれても12月に生まれても、節入後日数の深い生まれでしたら『辛』、浅い生まれでしたら『庚』とし、3月は浅いから『庚』、12月は深いから『辛』という諷にするのではないのです。

同生月内の同日干であっても節入後日数が深い人と浅い人とでは、違った蔵干を取らせる事により、差別化するという事が根本にあるのです。
それは節深い日干と浅い日干とはレベルが違うからです。
同じ「丙」であっても、節入後日数が1日の「丙」と11日の「丙」とはレベルの違う、違った「丙」ですという事なのです。
この日干のレベルが「波運」を歪めているのは周知のとうりです。

エッ?!
「そんなこと知りまへんな〜。」って?!

空亡とか、七殺とか、判で捺したような解釈で通変星を転がして鑑定(?)するから、わからないのです。
そういう事ですから、何年やっていてもウダツが上がらないのです。

そういう訳で、全ての地支からは日干のレベルに相応しい(フサワしい)十干が、蔵干として排出されるのです。
アナログ式に各柱の蔵干が個々の深い浅いで出て来ると思っている御仁は、きっと「顕現の遅速」をご存知じゃないのと思います。

エッ?!
「『顕現の遅速』??」って?!

知らなくてもイイんですよ。
四柱推命の下地のできていない御仁が、こういうハイテクをお知りになられても、使うスベがおわかりにならないですから…。

また話は違うんですが、原書の「四柱八文字」を天干と地支だと解釈されるのは正しいのですが、それはあくまでも発展途上の原始的(進化前)な鑑定の仕方であるという事を知らず、原書を鵜のみして、四柱の干支のみで鑑定しようとする方法にも『日干の差別化』が考慮されていないのでNGです。
これは日干が節入後日数で浅く出ていましても深く出ていましても、例えば日干が『壬』ですと差別する事なく、残りの四柱七文字が同様の作用をするという鑑定法です。
時代の逆行ですなぁ。
他にも原書に書かれてる事によって、現代四柱推命の発展が遅れたという事柄がたくさんあります。
原書崇拝主義もエエカゲンにしないとイカンのと違いますか?!

上林岳承

総合開運研究学会
上林岳承

運命鑑定/プロ養成占い教室
daikando@sd5.so-net.ne.jp


プロの四柱推命『関西占い物語』