四柱推命横丁/蔵干

2000.11.11.UP. 2003.3.27.更新.

今に始まった事やおまへんのやけど、四柱推命には色々な理論や解釈の仕方がおます。
他人はんの鑑定を聞いてますと、驚くよ〜な理論に苦笑いしまんな〜。
そ〜ゆ〜事はアマや自称占い師の御仁に多おまして、プロとして長ご〜これ一本でやってはるお人に関しては安心して聞いておれま。

四柱推命は誰が占の〜ても同じ結果が出るモンやおまへん。
そやからプロに好まれる占術でんねん。
もし誰がやっても同じ結果が出るんやったら、プロになる値打がおまっかいな。
四柱推命が当たるんやの〜て、個人の占い師が当たるんだす。
個人個人の差別化がされん事にはプロとしてやって行けまへんのや。

そ〜ゆ〜意味では占い師は排他的やと思いまんな〜。
そやけど他人はんの間違ご〜た鑑定に、とやかく言〜てやる必要はおまへん。
同門や弟子は別だすけどな〜。
どだい技術の統一なんぞは無理な事だすし、その必要もおまへんねん。
占いの道はシビアだすさかい、自然淘汰されて行ったらイイんだす。

ところが次に述べる蔵干については、ちょっとわてなりの考えを述べたいと思いま。

蔵干表が違ってまんのは論外として、蔵干の出し方について2つの理論が現在出てまんねん。

1つは従来ど〜り「節入後日数に基づいて、全ての柱の蔵干を決定する」方法、もう1つは、いわゆる一般に流通してはる蔵干表は『月律分野蔵干表』が正式名なんで、これは生月の蔵干のみの設定表やとして「各柱の蔵干を個々にその深い浅いを考えて決定する」方法。
つまり節入後日数が深い御仁であっても、例えば3月生まれやったら生年の蔵干を浅い蔵干に決定するちゅうよ〜に、各柱の蔵干も個々に決定して行く方法が後者の方法だす。

わては前者の方法を採用してまんねんけど、後者の方法も納得させられる理論だす。
しかし実占面では前者の方法でおまへんと、実際の人物とは食い違った結果が出る場合がおまんねん。

では、ナンで理論的には納得でけまんのに、実占面では問題が生じまんのんか?!
それは、占いっちゅうモンにはナンとでも理屈を作る事がでけるからだっしゃろ。
しかし、理屈と実占とは違ゃいま。
つまり理屈を机上で考えてみても一向にラチがあきまへんねん。
その理論が正しいか否かは実占しか答を出すスベはおまへん。

しかし、ただ単に実占ではこ〜なるさかいにこの理論は×ちゅう事では味もシャシャリもおまへんのんで、「節入後日数に基づいて、全ての柱の蔵干を決定する」方法の根本理論を述べま。 

四柱推命は古来より日干を重んじており、同生月内の同日干であっても、節入後日数で同日干同士を差別化する必要がおまして、その具体的な具現材料として蔵干がおまんねん。
つまり各蔵干個別の深い浅いではの〜て、生日干支の深い浅いが蔵干設定の基準ちゅうか、そのよ〜に設定して地支から出て来た十干に蔵干ちゅう名称をつけ、四柱推命の規定として昔のお人が定義しはったんだす。

例えば、どの柱でも『酉』ならば節入後日数が深い生まれは『辛』、浅い生まれは『庚』ちゅうようにだす。

そやから生年地支が『酉』で、3月に生まれはっても12月に生まれはっても、節入後日数の深い生まれやったら『辛』、浅い生まれやったら『庚』とし、3月は浅いから『庚』、12月は深いから『辛』ちゅう諷にするんやおまへんねん。

同生月内の同日干でおましても節入後日数が深いお人と浅いお人とでは、違った蔵干を取らせる事により差別化するちゅう事が根本におますんや。
それは節深い日干と浅い日干とはレベルが違いまっからや。
同んなじ「丙」でおましても、節入後日数が1日の「丙」と11日の「丙」とはレベルの違う、違った「丙」やちゅう事でんねん
この日干のレベルが「波運」を歪めてるんは周知のと〜りだす。

エッ?!
「そんなこと知りまへんな〜。」ってだっか?!

ヘヘヘ、空亡やとか、七殺やとか、判で捺したよ〜な解釈で通変星を転がしてはるからでんがな〜。
そんなんやから、何年やっとってもウダツが上がりまへんねん。

そないな訳で、全ての地支からは日干のレベルに相応しい十干が、蔵干として排出されるんだす。
アナログ式に各柱の蔵干が個々の深い浅いで出て来ると思〜と〜御仁は、きっと「顕現の遅速」をご存知やおまへんのんだっしゃろ〜な〜。
ヘヘヘ、知らんでもエエんだっせ。
四柱推命の下地のでけてへん御仁が、こ〜ゆ〜事を知りはっても使うスベがわかりまへんさかいに…。

また話は違うんだすが、原書の「四柱八文字」を天干と地支やと解釈しはるんは正しおますんやが、それはあくまでも発展途上の原始的(進化前)な鑑定の仕方であるちゅう事を知らず、原書を鵜のみして、四柱の干支のみで鑑定しよ〜とする方法にも『日干の差別化』が考慮されてまへんと言えまんな〜。
これは日干が節入後日数で浅く出ていよ〜が深く出ていよ〜が、例えば日干が『壬』だすと差別する事なく、残りの四柱七文字が同様の作用をするちゅう鑑定法だす。
時代の逆行でんな〜。
他にも原書に書かれてはる事によって、現代四柱推命の発展が遅れたちゅう事柄がたんとおますんや。
原書崇拝主義もエエカゲンにせ〜なあきまへんな〜。

上林岳承

総合開運研究学会
上林岳承

運命鑑定/プロ養成占い教室
daikando@sd5.so-net.ne.jp


プロの四柱推命『関西占い物語』