辞めてまえ!!/年運通変「印綬」で…

2016.5.29.UP

わての弟子Aが昔、或る占いハウスにおった。
その時のおもろいハナシを…。

お客はん「私、子供ができないんですけど、いつできますか?」
占い師(?)「来年、子供ができるから心配ないわよ。」

それを隣のブースで聴いとった、わての弟子Aが…。(当時は、まだわての弟子ではおまへんだした。)
A「さっきのお客さん、ナンで来年、子供が産まれるんですか?」
占い師(?)「来年、あの人は『印綬』が来るからお母さんになるのよぉ。だから子供ができるのよ。『印綬』はお母さんの星よ!」
A「………。」

当時はまだ、わての弟子にはなってまへんだしてんけど…。
わての弟子Aは「そんな鑑定でエエんやろか??」ちゅうて思〜たそ〜だす。

印綬が来たらお母はんになる。
そやから子供がでける…。
これは間違いだす。

年運通変は10年ごとに巡り申す。
ほんだら…。
50歳のご婦人はんは、印綬に最高で5回、巡り合〜て、最高で5回、お母はんになるちゅうことは…。
最高で5人、子供はんを持ったはる計算になりまんがな〜。
これは、おかしおまっしゃろ〜?
この法則に従って人類は、生活を営んでまへんのんと違ゃいまっか?!

こないな戯けた見方をするんがいてるから…。
四柱推命がメジャーになれまへんねん!!

上林岳承

総合開運研究学会
上林岳承

運命鑑定/プロ養成占い教室
daikando@sd5.so-net.ne.jp


プロの四柱推命『関西占い物語』