辞めてまえ!!/墓(ぼ)2

2012.9.3.UP

命中に「墓(ぼ)がおましたら…。
「あなたは墓(はか)を守る。」ちゅうて言うと〜占い師(?)はんは…。
9800億年、占い師(?)しとってもウダツ上がりまへんで〜。

エッ?
「だって、本に墓(はか)を守るって書いてあった!」ってだっか?!

国語力がおまへんな〜。
読解力がおまへんな〜。
その文章をマトモに取ってどないしまんねん?!
その文章を、他の表現に書き換えてみなはれ。


命中に「墓(ぼ)が2つおましたら…。
「あなたは、父方と母方の墓(はか)を守る。」ちゅうて言うと〜占い師(?)はんは…。
9990億年、占い師(?)しとってもウダツ上がりまへんで〜。

だいたい「墓(ぼ)ちゅうのは、「はか」とは四柱推命では読みまへんし…。
いわゆる「お骨」が入っと〜「お墓」を意味してまへん。
金運を意味してまんねん。

エッ?
「ほんだら「墓(ぼ)が2つやったら、金運が2倍!」ってだっか?!

あんさんの発想が○○○○過ぎて…。
ナンも言え申さん。

金運を考えるにおいて…。
「墓(ぼ)が2つおましたから、その御仁の会社が倒産とか…。
「墓(ぼ)が1つだしたから倒産とか…。
「墓(ぼ)を取り巻く条件によって、正反対の解釈になり申す。(倒産の逆にもなり申す。)
そやから…。

命中に「墓(ぼ)が2つおましたら…。
「あなたは、父方と母方の墓(はか)を守る。」なんて言うとったら…。
四柱推命の神髄には一生、ヘヘヘ、近づけ申さん。
そ〜ゆ〜こっちゃ。

上林岳承

総合開運研究学会
上林岳承

運命鑑定/プロ養成占い教室
daikando@sd5.so-net.ne.jp


プロの四柱推命『関西占い物語』