辞めてまえ!!/食神2

2011.10.30.UP

或るお人はんが、ナンかで脱サラしたいちゅうて…。
或るスカタン占い師はんとこへ、聞きに行かはった。
ほんだら…。

このお人はんの命中に「食神」がおましたんで…。
「あなたはね、食神という食べる神様が守ってくれてますから、食関係の仕事で脱サラしたらよろしい。」って言われはった。
そやから、このお人はん焼き鳥屋をしはったそ〜でんねん。
ほんだら?!
お見事!
その焼き鳥屋はん、3年でツブれはったちゅうこっちゃ。


「食神」のみならず…。
通変星の星の名称は、単なる記号だして、使われと〜漢字の意味とは無関係やちゅうこっちゃ。
しかし…。
四柱推命の習い始めの頃は、その星の名称と書取りのため…。
「食神はグルメやとか、衣食住に関係した云々。」ちゅうて習い申す。
でもこれは、あくまでも「食神」に馴染んでもらうための手法でしかおまへんで…。
決して、実占で使える「食神」の意味ではおまへんちゅうこっちゃ。

みなはんも、小学校1年の春…。
算数の時間に数字を習いはった時…。
学校の先生が「2」を…。
「アヒルさんの2よ!」とか…。
「8」を…。
「ダルマさんの8よ!」
「6」を…。
「オタマジャクシさんの6よ!」「3」は口づけする時の唇よ! ちゅうては言いまへんけど…。)

って言いはったと思い申す。
これは全て、その数字に馴染んでもろ〜たり…。
形を覚えてもらうための「比喩」やったちゅうこっちゃ。

そやさかい…。
算数の応用問題を解く時に…。
「2」はアヒルさんちゅう事を忘れとっても、解けたはずだす。
数学で微分積分を解く時に…。
「8」はダルマさんや…、ちゅう事が解く鍵でもナンでもおまへんかったはずだす。

そ〜ゆ〜事で…。
「食神」も食べる事とは関係おまへん! ちゅうこっちゃ。
こないな低次元から脱して、依頼者はんを占わんと…。
9億8千万年、占い師(?)したはってもウダツどころか、名も上がらん掃き溜め人間で終わらはるのが関の山やちゅうこっちゃ。

ま〜、人生を真剣に聞きに来はったお人はんに百害おましても一利もおまへんし…。
思うよ〜に収入も得られ申さんし…。
生き甲斐も生まれ申さんし…。

そ〜ゆ〜事で…。
そないな「初級の教義で占の〜てはる」スカタン占い師(?)はんは…。
進路変更しはった方がエエんと違ゃいまっか?!


四柱推命の教義には…。
初級、中級、上級がおまして…。
初級の教義は実占には使えまへん。
使えるのは、中級上級の教義以上でんねん。

そ〜ゆ〜こっちゃ。

上林岳承

総合開運研究学会
上林岳承

運命鑑定/プロ養成占い教室
daikando@sd5.so-net.ne.jp


プロの四柱推命『関西占い物語』