辞めてまえ!!/「火」の大過

2011.8.11.UP

命中に五行の「火」…。
つまり、丙や丁…。
はたまた巳午…。
寅午戌の三合…。
ひどい占い師(?)はんは、納音五行の「火」まで動員して…。
「火」の大過を煽る(ヘヘヘ、「火」の枕詞だっせ!)スカタン(出来損ないの人)がいたはりま。

ほんで…。
「あなたはね、『火』が多いから、たくさん水を飲みなさいね。」とか…。
「夏は苦手ね。身体を壊しやすいから。」とか…。
「川や池や海などの水辺で住みなさい。」(放っといてくれ!)とか…。

そないな事を真顔で鑑定(?)したはるんを見聞きするたんび…。
わて…。
この御仁、850億年、占い師(?)しとっても…。
ヘヘヘ、ウダツが上がりまへんで〜!
ちゅうて思うとともに…。

あんさん!
一体、何を占えまんねん?!
あんさん!
一体、何をいっつも占ってはりまんねん?!

ちゅうて大昔から思う次第だす。

四柱推命は「バランスの学問」だっさかい…。
五行の大過不及は必須項目だす。
しかし…。
いくらそ〜だしても、前者のよ〜な見方、解釈の仕方はしまへんちゅうこっちゃ。

もっともっと核心に迫った事象で、高級な使い方をしまんねん。
昔は、この辺がプロとアマの境界線だした。
その境界線が地滑りしたちゅうか…。
プロがおらんよ〜になったちゅうか…。(プロの実力を持ったプロが少ない。)

だいたい、合わんのに、こないな鑑定方法をアホみたいに続けと〜のがおかしおますんや。
わてなんか「火」大過だっけど…。
夏は得意だっせ!
夏バテなんかしまへんで〜。

そ〜ゆ〜こっちゃ。

上林岳承

総合開運研究学会
上林岳承

運命鑑定/プロ養成占い教室
daikando@sd5.so-net.ne.jp


プロの四柱推命『関西占い物語』