カウンセリング占い師

2011.6.3.UP. 2019.5.7.更新.

1ヵ月前に女児を授かられたご夫婦…。
なのに、その旦那がダブル不倫した。

そんな旦那が離婚して再婚する云々の依頼を、私が日頃から「??」マークの烙印を捺している、或るオバちゃん占い師(?)に見てもらう事に…。
すると?!

そのオバちゃん占い師(?)、その旦那に怒るは説教はするは道徳は説くは、大変やったそうです。
そのオバちゃん占い師(?)が口から泡を飛ばして、お説教をする醜い光景が想像できますね。

でも、みなさん…。
ちょっと考えてみて下さい。

1ヵ月前に女児を授かったのに、ダブル不倫をして…。
そして、その人妻と再婚したい…。

この事に関して…。
道徳的に問題があるという事は、この旦那、わかっていますよ。
だって、社会人の大人ですからね。

なのに…。
今更、「不倫は悪い事よ! それも1ヵ月前に女児誕生したとこなのに!」って道徳を説いて…。
一体、何になるのですか?!

汚いフェイスのおババさんのあなたに言われなくても、わかっていますよ!

この旦那が知りたいのは?!
妻と離婚して、その人妻と再婚できるか否か?! って事ですよ。
なのに、我がの自己満足で道徳のお説教をたれてどうしますの?!
鑑定の依頼を遂行していないのではありませんか!

依頼者が聞きたい「未来予知」の部分をちっとも答えずに…。
お説教のみをたれる占い師(?)…。
そんな占い師(?)を「カウンセリング占い師」っていうのです。

こんな鑑定依頼に対して…。

道徳とか良心の呵責、世間体という事は、その依頼者の旦那が考える事でして…。
占い師は、この旦那が離婚できるのか?!
また、相方の人妻も離婚できるのか?!
それも、その時期がお互い、重なった時期でできるのか?!

そして…。
両方の夫婦が離婚できても…。
2人の結婚の時期はあるのか?!
もしあったとしても、その結婚が幸せな結婚になるのか?!

そういう事を鑑定して回答するのが本筋でしょう。
どっちの女性が合っているとか…。
どっちが性格や気だてがイイとか…。
もぉエエ!!
もぉ、そんな鑑定…、私、聞き飽きました!!
そんな事を聞くために、この旦那は高いお金を払って鑑定の依頼をしたのではない。

占い師は、こういう時…。
淡々と実務的に…。
鑑定結果に基づいて…。
今後の開運に向けた「スケジュール」を回答すべきと違いますか?!

みなさん、そのように思いませんか?!
それが鑑定依頼を受けた占い師の「本筋」と違いますか?!
道徳や道義心なんてモノは、別の人に説いてもらう事でして…。
占い師が説いてどないしますの?!
「スジ」違いの事ですよ。

しかし、まぁ、技術的に及ばないので、「カウンセリング」でお茶を濁す事になるのですな。
でも…。

依頼者が、そして彼女とこが離婚できるか否か? わからないのでしたら鑑定すべきではないでしょう。
また、再婚して離婚にならずに、うまい事やって行けるのかどうか? わからないのでしたら鑑定すべきではないでしょう。

それらがわからなくて…。
一体、あなたは何を占うのですか?!!
いや、あなたは一体、何を占えるのですか?!!

占う(?)側にとっても、占われる側にとっても…。
全くの時間の無駄であったという事です。
罪な事ですよ。
違いますか?!

上林岳承

総合開運研究学会
上林岳承

運命鑑定/プロ養成占い教室
daikando@sd5.so-net.ne.jp


プロの四柱推命『関西占い物語』