占い質問箱

2017.4.17.更新. 2019.5.24.更新.

私の彼とは相性がイイと、ある占い師さんに言われたのに、なかなか結婚できません。
どうしてでしょうか?

実際に、お2人の生年月日を見て調べなければ言えませんが…。
「相性」の他に「縁」というモノがありまして、「相性」はお2人がパートナーを組んだ場合に、うまくやって行けるかのバロメーターで、「縁」はお2人の結び付けのバロメーターです。

「相性」がよくても「縁」が薄い場合、なかなか一緒になれませんし、一緒になっても離れやすいのです。
逆に「相性」が悪くて「縁」が深い場合、別れたくても別れにくいのです。
俗に言う「腐れ縁」というヤツです。

それから女性から男性を見る時、その男性の将来の金運も看なければいけません。
せっかく結婚しても、落ち目になる男性でしたら女の一生がワヤですからね。

エッ?
「愛があれば、それだけで幸せです。」って?
それでしたら、何も言いません。


占って欲しいのですが、気にする方なので、悪い事を言われた時、怖いのですが…。

気にするせんは無関係で、正しく占ってもらったら、その占い師が言ったとうりになるのです。
それとも、あなたは占い師の前に座って、快いお経でも聞くおつもりですか?
それでしたら鑑定料が勿体ない。

良い事だけ信じて、悪い事は信じないと言う御仁も、あなたといっしょのようなモノですよ。

占いは開運法ですから、まともな占い師でしたら、必ずその対処法を言ってくれるはずです。
それを守って凶事を乗り切られたらイイのです。
何も怖い事なんかありませんよ。
見知らぬ土地へ行く時に、地図でよく下調べするでしょう?
それといっしょですよ。

占ってもらって、「転ばぬ先の杖」をお持ち下され。


先生に四柱推命を教えていただきたいのですが…。

私は占い教室を開いていますが、一切、生徒の募集はしていません。
私が看たお客様が頼んで来られた時のみ、開講するのです。

しかし、頼んで来た人全員を教える事はありません。

プロになりたい人しか教えません。
それは、興味本位で習っても上達せんのです。

又、素質のない御仁もお断りしています。
占い師に向いているかどうかは、生年月日で一目瞭然にわかります。
向いていない人に、いくら教えても無駄な事は、今までにイヤというほど経験していますから…。

それともう1つ、人柄にこだわります。
占いは他人の心の中に入って行くモノです。
ですから、脅せばいくらでも鑑定料をボる事ができるのです。
しかしそれは悪徳宗教家と同じですよ。
占いは宗教ではありません、開運法です。
高い鑑定料を要求せず、お客様が悩みを持たれたら、いつでも気軽に相談に行ける占い師になれる人柄。
これにこだわるのです。

しかし、そのお蔭で私が教えた弟子のほとんどが現在、占いで食べています。
ホンマに嬉しい限りです。

受講期間は15ヵ月、四柱推命の他に「方位学」と「家相」「姓名判断」も教えます。
遠方の人には通信教育もあります。

しかしシゴキますよぉ。
それでもイイのでしたら、メールを下さい。
費用等をお教えします。

「占い師になりたい人は…」

私はある四柱推命の学校に行っていますが、教えられた通りに占っても当たりません。
四柱推命には何か秘訣でもあるのですか?

『教えるのが専門』の先生に四柱推命を習っても当たらないのは当然です。

占いの世界は閉鎖的な世界でして、技術的な新しい情報やデータは全く公表されません。
新しいデータとは実占によって得られるモノですので、これらは全て『占うのが専門』の先生個人にのみ蓄積し、『教えるのが専門』の先生には流出せんのです。
だから、あなたが行っている四柱推命学校は古典的なカビ臭いテクの切り売りしかできないのです。
ですから習った通りにされても当たるわけがありません!

あなたの近くにも、私とこみたいな『占うのが専門』の先生が占い教室を開いているとこがあるのではありませんか?
そんな先生のとこへ弟子入りし直す事です。


占い師の先生に弟子入りして教えていただくと、その月謝が高いと聞いたのですが…。

それは当たり前です。
占いのカルチャースクールとは違いますので…。
しかしそこで伝授してもらった事が収入につながるのですから、すぐ原価消却でき、タダみたいなモノですよ。

品物を扱う商売を始める事を考えたら、1回だけの仕入れに相当する軍資金になります。

まあ、占いの技術は『口伝』ですので、高いと思うのでしたらやめておく事です。
これは価値観の問題ですので…。


占いのカルチャースクールでもプロ占い師になれるのですか?

そらなれますが、すぐ消えて行くプロという事です。

かつての占いブームの時にそんな占い師や、本を読んだだけの占い師がボーフラのようにワイて来て、すぐ消えましたじゃないですか。
そんな学力では実占では通用しませんからね。
甘いモノではありません。


私はプロの占い師をめざしていますが、これで生活して行けるでしょうか?

プロになる人でしたら、ご自分の運気をご自分で看れるのと違いますか?
よく、テレビや雑誌に出ている占い師が「自分を占う事はできない。」って言っていますが、自分であろうが他人であろうが、生年月日1つできちんと占えるモノですよ。


自称「〜流四柱推命」をどう思われますか?

流派をたてるという事は、その流派のテクの特徴の公開義務があります。
すると、技術的な事を聞きに来られたりして、他へのテクの流出になる危険性があります。
また、そんなリスクをかけて流派を名乗っても、それに見合うメリットはありません。
つまり、この世界は流派を名乗ったところで、お客様が増えるというモノではなく、流派や占術、所属協会やその肩書に無縁の、正味の実力の世界であって、実績と評判のみでお客様が来られるのです。
ですから流派をたててイキガっても、座敷で飼うモップみたいなチンケな犬が、大きなシベリアンハスキー犬にキャンキャン吠えているのと同じ事なのです。

泰山流という一般的流派を隠れミノにして、「知る人ぞ知る」でイイのです。
それが1番賢いやり方なのです。
四柱推命で泰山流以外の別派を唱えている御仁に、大したのがいないのがイイ例ですよ。


稚拙な四柱推命で占っている人の間違いを、技術的に細かく指摘したHPをどう思いますか?

別に間違っている御仁に指摘してやる必要なんてないでしょう。
間違ったまま放っておけば、自然淘汰されて消えて行かれますからね。
なのに、そんな事をするのは、売名行為や自分の本を売るためと違いますか?
お客様に「こういう人に四柱推命を看てもろたら×ですよ。」と教えているのかもしれませんが、お客様はそんな細かい技術的なモノはわかりませんので、占い師の識別方法にもなりませんし…。

しかし、そんな御仁の指摘した部分を見ましたところ、その御仁も間違っていたり、どうでもエエようなところを指摘していたりと、それほど大した文献ではないのが大半ですよ。
一生懸命、力説してますが、私や実占派の者から言わせてもらうと、その御仁自身も遅れているのです。
それほど現代四柱推命は、ある程度のところまで、もうすでに解明されており、議論する余地も無いのです。
「今頃、何を言〜てまんねん。」と言いたいところですが、それも無理はなく…。
アマや自称占い師、学者占い師らには、そんな情報は流出していないのです。
四柱推命のどの本にも載っていませんし、考えてみなさい『ホンマのテク』を本に書くわけがないでしょう。
私らが困るのは、『ホンマのテク』が不特定多数の者に流出する事ですから…。
力んで指摘している御仁の理論を読んでみて、四柱推命の核心に迫っていない部分でウロウロしており、「やっぱりな〜。」というか一安心という事です。

誤解せんようにして下さいよ、私の四柱推命が唯一無比だと言っているのではありませんよ。
四柱推命で永く実占していたり、企業や財界の顧問や相談役をしている占い師のテクを、私も知っているだけの事なのです。
『ホンマのテク』は、一門や流派ではなく、そんな集団の中にあるのです。
そうでないと、私もイッチョ前に企業の顧問なんかできませんよ。


四柱推命に霊感をプラスして占い「占い師の当たる当たらんの分岐点は霊感にある。」と主張している占い師さんがいますが…。

またこんなのが出て来ましたか。
こういう人種は消滅しても、どこからか、また新たに別人がボーフラのようにワイて来る。
私の仲間内ではこんなのを「またあんなんが出て来よったな〜。」って苦笑しています。

だいたい、四柱推命に霊感なんかをプラスする必要はありません。
四柱推命のセオリーどうりに鑑定すると、きちんと正しい鑑定結果が出るモンです。
私なんか、霊感の「れ」の字もありませんが、四柱推命1本で長年、食わしてもらっていますよ。
私は阪神大震災で持ち家が全壊しても、その年内に四柱推命1本で稼いだお金で新築しました。

言ったら悪いのですが、この御仁はよっぽど四柱推命に自信が無いのではありませんか?
私が言いたいのは「自分の占術の技術的な至らなさを霊感云々で誤魔化すな。」という事です。
霊感という言葉で、自分にイカサマのカリスマ性を持たすのは自由です。
ですが、私らから見たら惨めにしか見えません。
そんな事をして、素人は騙せても、この道のプロは騙せないという事です。
そんなアホなマネせんと、自然淘汰されたくなかったら、しっかりと占術を勉強する事ですな、陰では笑われているのですよ。


気学の方位で凶方に行く場合でも、四柱推命でいう「身旺」であれば凶方の影響が出ないと聞きましたが…。

そんな事はありません。
だいたい、四柱推命と気学とはディメンション(物理でいう単位系)が違う占術ですので、互換性はありません。
Macとウィンドウズのようなモノです。

また、こんな事も聞きませんか?
四柱推命の命中に不足している「五行」を名前で補うという事を…。
あれもイカサマですよ。
ナンの根拠もありませんし、四柱推命と姓名判断に関しましても互換性は無いのですから…。

世の中、公害の「複合」汚染はありましても、占術の「複合」はありません。
そう覚えておいて下さい。


先生のお考えは、他の占い師さんに宣戦布告をしているようにとれるのですが…。

そう、とっていただいても結構です。
別にこの世界は、同業の者と似非ニセの仲良しこ良しになる必要はありません。
そんなのは某女性週刊誌の占い特集の占い師の対談ですよ。
あの対談を読むと、笑いが込み上げて来ます。
無理して相手の占い師に合わさなくてもイイんじゃ〜ないですか?!
自分の力のみを信じた一匹オオカミのハズでしょう?
見苦しい!
まぁ、三流以下の者がワイワイとやっているのですから、どうって事は無いのですけどね。

だいたい姓名判断や手相、風水の占い師が「今年の上半期の世相」を占えるわけがありませんやん。
世相に画数がありますか?!
世相に手の平の線がありますか?!
世相に方角がありますか?!
そんなイカサマ野郎とマジに対談する事自体、ヒゲをチョン切られたオオカミだと言っているのです。
私でしたら「あなたに今年の上半期の世相なんかを占えるのですか?!」って、開口一番に言ってやりますけどね。

私は同業の者と人間関係を良くしようとは考えていませんし、占い師全員を敵に回してもイイと思っています。
そんな事と無関係に、食べて行けるのがこの稼業ですから…。
かつて、上岡龍太郎と和泉宗章が組んで「占いを告発する」というウォーズがありましたが、あれは「占い否定派」の告発でした。
私は「占い肯定派」としての「占い告発」をしているのです。
できれば『占い界の統一』をしたいのですよ。


生時が分からない場合が多い(特にお年寄りの場合)と思いますが、三柱で占われるのですか?
どうされているのでしょうか。
三柱になると、信頼性が低くなると思うのですが。

細かい事ですが、「三柱」という言葉はありません。
こういう場合は「生時なしで…」が、正しい用語の使い方です。

私は、生時がわからない時、仕方がないので生時なしで鑑定しています。
ですが信頼性は低くはなりません。

確かに人によっては、生時で大きく結果が逆転する場合もありますが、そういう場合は、生時干支を推理できるような過去の事象に関しての質問をして、生時干支を推理しています。

あなたの言わんとしている意味はよくわかります。
しかしプロはそういう場合も、信頼性を失わないように工夫して鑑定しますのでご心配なくどうぞ。


四柱推命でも、前世が見れると聞きますが…。

誰がそんな事を公言しているのですか?!
四柱推命は生きている、その人個人のモノですよ。
前世を出さねば、その人の事が占えないとは、四柱推命もえらいナメられたモノですね〜。
四柱推命は、その人の前世なんぞという、胡散臭いモノを考えなくても、ズバリ、ストレートにその人の事が占えるのですよ。

それに前世って、本当にあると信じているのですか?
それでしたら、過去の人口と現在の人口が、あまりにも違い過ぎませんか?
私は、死ぬると全て消滅し、原子単位になると思っていますよ。
前世とか、あの世という寓話は、現世における未練の裏返しです。
ですから、私は「太く短く」をモットーとしています。
「細く長く」と考えるから、現世に未練を残すのです。


私は前世で、占い師の関係の仕事をしていましたか?

そういう事は、イカサマ師に聞いて下され。

先生は蔵干通変星を出さずに、天干と十二運だけで占う方法をどう思われますか?

それで占えるのでしたら、それでプロでおれるのでしたら、それでお金をいただけるのでしたら、それでお得意さんがつくのでしたら、それでナン億も動かす企業の鑑定ができるのでしたら、それで政界財界のドンの依頼を完遂できるのでしたら…。
私が習いたいモノですな〜。
占い師に国家試験が無いので、こんなノンキな族(やから)がボーフラのように次から次へと湧いて来るのです。


私もプロですが、占いをまだまだ信じない人も多いという実態をどうお考えですか?

考えてみなさい。
みんなが幸福になったら、この世に幸福は存在しません。
不幸な御仁がたくさん居るから、幸福の価値があるのですし、幸福感を得れるのではありませんか?

そんなわけで、占いを積極的に使って、幸福になろうと考える人がたくさん居ない方が幸福の価値が上がるという事です。


占い師さんは、みな幸福なんですか?

前回の質問の答が説明不足でした。

占い師でも占いで凶と出れば凶となります。
占いは「開運法」ですが、それ以前に占いは「運命鑑定」です。
つまり、自分のやろうとしている事に関して凶と出たのでしたら、いかに占い師であろうとも凶運を辿る事になります。

「開運指導」というのは、吉運の時はさらに吉になってもらうように、凶運の時はさらに凶にならないように指導していて、凶を吉に変える事は土台、無理なハナシなのです。

けれども、凶でも、その凶の度合いを知る事ができますので、それに対する心づもりはできます。
例えば、病気になって入院と出ても、それで死ぬのか生還できるのかわかりますので、生還できるのでしたら、いつ退院か日にちを計算して、それに合わせて仕事のスケジュールを組めます。
しかし、その凶運からは逃れられないという事です。


同じ四柱推命という占術でも違った答えが出るのはなぜですか?

お医者さんにもヤブ医者がいるように、四柱推命の占い師も同じ事でして、そういうわけで同一の答が出ないのは当然です。

医学界はテクを学会で発表し合い、テクの統一をしています。
なのに、腕のイイお医者さんとヤブ医者が存在する。
占い界は一切、テクの発表のし合いはしません。
ですから、同じ四柱推命の占い師であっても、テクの格差は歴然と出るのです。
それもお医者さんの格差以上に…。

まぁ、誰もが四柱推命で正解の答が出せるのでしたら、私なんかオモシロくなくて、この稼業やってられません。

エッ?
「医者と占い師を一緒にすんな! 権威が違うやろ!!」って?

そんなキツイ事、言いなはんなや〜。
占い師も努力して、日々、テクを進化させているのですよ。
新しい理論や法則を打ち立てているのですよ。


一番当たる占いは、西洋占星術よりも四柱推命なんでしょうか?
四柱推命もいろいろな流派がありますが、泰山流が一番当たるのでしょうか?
泰山流にもいろいろな派閥があるようなんですが??
どこが一番正しいのか教えて下さい。

西洋占星術も四柱推命も両方とも当たります。
結果は一致します。
これは当然の事ですが…。
一致せん占いっておかしいと思いませんか?
ただし、これも正しく占ったらのハナシですよ。
正しく占わないから一致もしませんし、当たりもせんのです。

四柱推命の流派に関しましても、ケッタイな流派でない限り、どれも当たります。
これも正しく占ったらのハナシですが…。

流派派閥、これらはみんな正当な言い分を持っていて。
そしてみんな正しいのです。

ですが、実占の四柱推命はそんな区分には入らないのですよ。
流派というモノは所詮、「机上の空論」の四柱推命なのです。
そういう意味で「みんな正しい」って最前に言ったのです。

実占の四柱推命というのは、本にもカルチャースクールにも紹介されていませんし、流派もナニもそういう次元のモノでも内容でも無いのです。
巷の四柱推命とは、全く違ったモノなのです。

エッ?
「今日はえらい温厚な解答やないか。」って?

でしだらホンネを言いましょうか。

21世紀の世の中、流派とか技術的な細かい事を声を荒げて言う必要が無いほど、現代四柱推命は、もうすでに解明されているのです。
議論の余地も無いのです。
それを流派派閥を掲げて議論するという事は、その御仁、四柱推命がわかっていないからです。
技術的に間違っている人がいても、そんなのは放っておいたらイイのです。
一門でもない者に、正しい事を教えなくてのイイのです。
そんな御仁らは、どうせ自然淘汰されるのですから…。


「関西占い物語/続『水の章』」を読みました。
先生がいなくなると日本一の占い師が消滅するという事ですね。

そうです!!
って言いたいとこですが、そうではありません。
私の師匠はあなたの評価どうりですが、私は唯一無比ではありません。

占いファンの方々には残念なのですが、私の師匠亡きアト、パーフェクト占い師は存在せん世の中になってしまったという事なのです。
私が死のうが生きようが…です。
本当は巷の占いブームの陰で、占いの法灯が消えかかっている状況なのですよ。
実力とは無縁の占い師らはキャオキャオやっていますけどね…。


占いで凶と出ている事でも、愛と勇気と努力で吉にできますか?

それはできません。
愛と勇気と努力がありましても、占いで出ているとうりになってしまいます。

しかしそれと人の「幸せ」とは別だという事が、あなたにはわかりませんか?
凶は凶と受け入れさせて、その上で依頼者と一緒に「幸せ」を考えるのが占い師と違いますか?!


一般的なプロ、アマの論議に絞って私の考えを述べますと・・プロとアマの違いは、それで生活できるかどうかだと思うのですが、少なくとも継続的に続けていけるだけの精神的な強さが必要であろうと感じています。
将棋等ではアマであっても時にはプロを負かすこともできますが、継続した勝率を残す事は困難です。
ただ、野球でも将棋でもプロの底辺を支えているのはアマです。だから決してアマをぞんざいに扱いませんし、むしろアマのレベルをあげようと様々な取り組みをされていると思います。

イイご意見なのですが、占い界には当てはまりません。

この稼業、アマは絶対にプロに及ばないのです。
それは、学問の内容が全く違うからです。

またこの稼業、アマがプロの底辺を支える事もありません。
私のホンネを言いますと、占いのアマなんてモノは迷惑ですし邪魔なのです。
この族(やから)が居るから、しょうもない占いの本が出版されるのです。
だいたい、四柱推命の本は、アマを喰いモノにする目的で出版されているのですよ。
あんな本には四柱推命の真理が微塵も書かれていないのですよ。
なのに、書かれているように見せるところに、「商売人」の手腕があるのです。
こんな商売人が書いた本で、間違った占いを提供されるのが「迷惑や!」と言っているのです。


占い的に、相性がイイのに離婚しました。
占いの相性って、アテにならないのですか?

私、10年くらい前、離婚したご夫婦のデータを集めました。
すると、驚きますよ!
集めれば集めるほど、相性のイイご夫婦と悪いご夫婦の比率が半々になるのです。

これは一体どういうこと?!

お客様は、離婚したくないから、結婚する前に、占い師のとこへ行って相性を知ろうとされるのでしょう?
なのに、相性と離婚するせんは別のファクターなのですよ。

すると、どこに離婚するせんのファクターがあるのか?!
これは、結婚の時期にあるのです。
これは120パーセント、言える事なのです。

お2人の内、どらちかが「結婚安全圏外」の時の結婚は、どんなけ相性が吉でも離婚するのです。

そういう事でして、離婚するかせんか?! の鑑定方法は、現代四柱推命において、解明し尽くされているのです。


生時を経度時差と均時差で、補正する必要があるのですか?

そういう事は全然ありません。
四柱推命は「干支術」で、西洋占星術のようにホロスコープを用いません。
すなわち、どこで生まれても、日本標準時で算出するのです。

外国で生まれても、日本標準時で算出しますので、北海道や九州で生まれても日本標準時で算出するのです。
アホな輩(やから)が書いている、四柱推命(?)の本やHPに惑わされなくてもイイのです。

四柱推命は国家資格ではないので、中途半端な知識を持つ輩が「生時を補正云々」なんて好きな事を何も知らずに言いますが、放っときなさい。


四柱推命と西洋占星術とは、どちらが精度が高いのですか?

西洋占星術は「星と星の角度」で見るため、アナログ式の占術です。
しかし、四柱推命は「干支術」でして、毎年、毎月、毎日の「干支」が違うため、デジタル式の占術です。

ですから、西洋占星術は「第何週目は」という回答ですが、四柱推命は「何年の何月何日」という回答ができるのです。

そういう事で…。
西洋占星術が絨毯爆撃でしたら、四柱推命は「ピンポイント爆撃」という事です。

四柱推命のライバルは西洋占星術ですが、全然、退けをとっていません。
ただ、四柱推命の神髄を知らん、似非偽四柱推命占い師が多いだけの事なのですよ。


空亡の時に結婚しました。
心配です。

結論から言います。
空亡の年に結婚しても、空亡の月に結婚しても、空亡の日に結婚しても…。
離婚とは確定しません!

離婚するか、せんかは他の星の動きを見ますから、空亡しようがしまいが関係の無い事なのです。
空亡空亡って騒ぐのは、例の天中殺ブームの後遺症です。


彼が最近、浮気しました。
友人は「別れなさい。」って言いますが、私は別れられません。

あのね。
恋愛ってね。
彼氏がやったこと云々ではないのですよ。
それが別れる別れんの決定的な事ではないのですよ。
「離れたくない。」という気持ちがあるか否かなのですよ。
冷静さ、客観さを失った世界が恋愛の世界なのですよ。
そういう自分の気持ちを大切にする事なのですよ。

もちろん四柱推命では、それが幸せにつながるか否か? がわかります。
しかし、まず、あなたの気持ちを最優先して、今回の事を消化して行く事が「恋のスジ」ではありませんか?
そういう事をしたアトに、私に鑑定依頼をして来て下さい。
何でもかんでも四柱推命のテクのみで解決させるのではなく、まず、あなたの気持ちに忠実に生きてみる事と違いますか?!


四柱推命の勉強は、どのようにしたらよろしいですか?

勉強の仕方は…。
プロ占い師になるのか?
趣味程度で四柱推命を知りたいのか?
それらによって異なります。

前者の場合。
依頼者の人生を左右させますから、しっかりした実占「占い師」の先生に弟子入りして、「プロのテク」と「占い師のあり方」を学ぶべきです。
まぁプロとして、テクは確かなのは当たり前ですから、特に「占い師のあり方」を学ばれたらイイんじゃ〜ないですか?!

後者の場合。
そこらの四柱推命の本を読んで…。
「この本はイイ。」とか「この本はウソばっかり。」とか、批判してるような程度でイイんじゃ〜ないですか?!


先生は「空亡」を重視しておられないのですか?

私は、空亡を軽視してはいません。
本当の「空亡」の使い方を知って、HPやブログで論じているのです。

「空亡」で人気の出る人…。
「空亡」でカリスマ性を持つ人…。
「空亡」で金運の上がる人…。
もちろん、「空亡」で凶意の出る人もいる。

その人の生年月日時で、「空亡」が吉にも凶にも出るという事です。
「空亡」を判で捺したように、凶意のみで鑑定するのはNGなのです。


相性で、「第1種相性」と「第2種相性」とはどう違うのですか?

専門的に言いますと難しくなって、さらにわかり難い説明になりますから…。
簡単に説明します。

男女の相性に限定して言いますと…。
「第1種相性」は、恋愛時代の相性。
「第2種相性」は、結婚後の相性。
そんなイメージで、ご理解して下さい。


メールこの『占い質問箱』にもどしどしメールを下され。
占いの素朴な疑問にも、難しい疑問にも、ズバズバお答えいたします!!

上林岳承

総合開運研究学会
上林岳承

運命鑑定/プロ養成占い教室
daikando@sd5.so-net.ne.jp


プロの四柱推命『関西占い物語』