ぼやきコラム/教わる

2003.7.20.UP

この間、懇意にしてもろ〜と〜、京都の80歳のおじいちゃんの四柱推命の占い師はんに、「岳(がく)ちゃん、エエこと教えたるからおいで。」ちゅうてお電話をもらいましてん。
わては「ナンだっしゃろかいな〜??」ちゅうて、興味津々で行きましてん。
ほんだら、四柱推命の授業をしてはりまんのや。
そやけど、よ〜見たら、どっかで見たよ〜なプロのお人はんが1人、混じってはりまんねん。

授業は四柱推命の初歩過ぎる内容だしてんけど、生徒はんらの進度がそんなんやから、しょ〜おまへんやん、わては黙って拝聴させてもろ〜てましてん。
わてだけやおまへん、そのプロのお人はんも黙って聴いてはりまんねや。
ほんで授業が終わって、他の生徒はんらを帰らしはって、そのプロのお人はん(実はこのおじいちゃんのお弟子はん)にニッコリ笑って「わかりはりましたか?」ちゅうて言わはりますんや。
ほんだら、そのプロのお人はん、「はい、わかりました。ご教授ありがとうございます。」ちゅうて帰って行かはりましてん。

その後、そのおじいちゃん占い師はん、わてに「岳(がく)ちゃんも、わかりはりましたか?」ちゅうんだす。
わては「四柱推命の『大運』についてですか? もしそうでしたら、ものすごい高等技術をあの人に教えていますよ。」ちゅうて答えましてん。
ほんだら、その占い師はん、「いやいや、岳(がく)ちゃん、あの弟子の態度を見はりましたやろ〜。卒業しはって5年以上も経ってまんのに、あんな初級の授業にいきなり呼び出されても静かに聴いてはりまんのや。岳(がく)ちゃんも、あ〜ゆ〜態度の弟子のみに深い事を教えんとアホを見まっせ!」ちゅうて教えてくれはりましてん。
いや〜、ホンマ、勉強になりましたな〜。

占い教室の卒業生には、その後その年功に合わせて、上級の技術を非公式に教えてやらねばなりまへん。
そやけど態度の悪いモン、ナメたモン、アマに毛がはえた技量やのにテングになっと〜モンには教えてやる必要はおまへんさかいな〜。
学校の勉強と違ゃいまんねんから…。

四柱推命の技術ちゅうモンは案外、初歩の内容に秘伝が秘められてまんねん。
それに気がつくつかんは感性と経験でんねん。
しかし態度が悪〜ては、それ以前の問題だす。
特に師匠に対しては…。

師匠はいつも弟子の事を思〜と〜モンだして、ナンかの時に教えたろ〜としてまんねんけど、それがわからん弟子は論外だす。
ま〜、師匠が弟子にとる言動には無駄がおまへんだして、弟子は素直にその指示に従わんと損でんねん。
親心でやったってるのに、当の弟子がそれを「無駄や。」ちゅうて思〜たら元も功もおまへん。
そんなんはみんな態度に出まっさかい、よ〜わかりま。
わてやったら、そんな態度のモンには金輪際、ナンも教えまへん。
破門されへんだけ、マシやと思う事でんな〜。

最前のプロのお人はん、師匠が他の衆にしてはった授業の内容の中に、自分が求めている技術を暗示してくれていた事に気づき、その技術がわからはったんだす。
ヘヘヘ、暗示ちゅうても、わてが聴かしてもろ〜たところ、見え見えの暗示だしたけどな〜。
しかしそれは、プロちゅうか、経験を積んだモンにしかわからへん、粋な言い廻しだしたんで他の衆にはわからへん仕組みなんだすな〜。

ま〜、師匠について物事の道理を学ぶちゅう事は、学校の先生に勉強を習うちゅうんとは全く別な事だして、如何に弟子は工夫して、師匠から聞き出すかに尽きまんな〜。
ヘヘヘ、ゴマをすってもあきまへんで〜。

ま〜、師匠が弟子にとる言動には無駄がおまへんから、師匠が蒔いてくれたエサには積極的に乗らんと疎遠にされまっからな〜。
わてのお師匠はんの萩森先生も、そ〜だしたな〜。
無駄がおまへなんだな〜。
ヘヘヘ、全てのエサにわては食いつきましたな〜。

はて?!
わてとこのヒヨッコはんらはちゅうと…?!
ヘヘヘ、この京都のおじいちゃん占い師はんのお弟子はんのツメのアカを、煎じて飲んでもらわんと…。
ヘヘヘ、あきまへんな〜。

上林岳承

総合開運研究学会
上林岳承

運命鑑定/プロ養成占い教室
daikando@sd5.so-net.ne.jp


プロの四柱推命『関西占い物語』