ぼやきコラム/テレビ出演2

2009.7.17.UP

あいも変わらず、わての周囲をマスコミがチョロチョロしはりまんな〜。
わて、遊んどんと違ゃいまっさかい…。
しょ〜もないテレビのハナシなんかを持って来んといておくんなはれや〜。
持って来はるんやったら、よ〜考えて持って来ておくんなはれや〜。

エッ?
「ど〜ゆ〜ハナシやったら??」ってだっか?!

それはでんな〜。
真の占いファンの視聴者はんが占いの何を知りたいんか?!
視聴者はんの立場に立たはって考えはったら…、わかるんと違ゃいまっか?!
サラリーマン根性で、テレビ番組を企画しはるさかい、あきまへんねん。

この間も、某テレビ局の番組制作会社はんが、真の占いファンの視聴者はんを無視した企画を持って来はったんで断り申した。
そやけど、わてを諦めまへんねん。
そやから…、あんましシツコいんで、わてのこの稼業のスタンスを言〜たったんだす。

わてのこの稼業のスタンスとは?!
わての他の占い師はんらに対するスタンスは1つ。
同門以外、他を認めへん排他的な気持ち1つや。

わての他の占術に対するスタンスは1つ。
四柱推命の他には、西洋占星術しか運命鑑定とは認めてへん気持ち1つや。

ほんだら、こんな一般向けせんモンを、テレビで使えんちゅうて思〜てくれたんか退散しより申した。
大成功!

わては一般社会とソリの合わん生まれだす。
そやのに一般ウケして、どないしまんねん?!
わての占い師としてのイメージは、この一般社会とソリを合わしてへんとこにおますんや。
そやから…。
わての鑑定は…。
判で捺したよ〜なアドバイスやの〜て、わて得意の変幻自在のアドバイスがでけまんのんだす。

この間も、わての愛弟子から聞きましたで〜。


占い師として活動してから口あんぐりな事が多いですが、ここ1〜2週間は特にそんな事が続きました。
15年以上高額月謝を払い続けて未だに勉強中の人。
占い勉強中のお客様に占法の極意(←らしい)を得意げに教え、それを自慢する人。
防犯用のカメラを「お客様の鑑定時間をチェックする為のもの」と言い、看た時間分キッチリ高額鑑定料請求してる人・・・etc。


ま〜、上林一門以外の占いなんてモンは…、ヘヘヘ、こんな程度の世界でんねん。
そやのに、こんな族とテレビ出演で同化共存してどないしまんねん?!

いつもわてが言〜てますよ〜に、この稼業、占い師全員を敵にまわしても食〜て行けまんねん
そやから一匹狼の世界やちゅうて言われとんだす。
わてはこれからもさらに、同業者と他の占術に対して排他的になって行きま。

タロットなんかの他の占術の事を聞かれ申したら…、「あんなんで占えるわけおまへん。正しく占の〜て四柱推命と一致でけるんは西洋占星術のみだっせ。」
他の占い師の事を聞かれ申したら…、「あいつが何を占えまんねん?! それをこっちが聞きと〜おまっせ。銭をドブに捨てるだけだっせ。」

こ〜ゆ〜トークをオンエアでける企画のテレビには出てやってもよろしおます。
だって、わて、そないな事を…、わてのプロ生活の実績として言〜てまんのんだっから…。
体裁を考えた言葉を、わてに吐かす企画のテレビを持って来はっても無駄だっせ!
ま〜、アウトサイドを行く占い師の性(サガ) ちゅうモンでんな〜。
そやけど、わては正道を貫いとんだっせ。
そ〜ゆ〜こっちゃ。

上林岳承

総合開運研究学会
上林岳承

運命鑑定/プロ養成占い教室
daikando@sd5.so-net.ne.jp


プロの四柱推命『関西占い物語』