ぼやきコラム/信じる

2007.5.30.UP

ことわざに…。
「できぬ堪忍、するが堪忍。」ちゅうのがおますが…。

この「堪忍」を「信じる」に置き換えて…。
信じれん事を信じるんが信じるちゅうこっちゃ。

わて、この稼業しとって、口で「信じる」「信じる」ちゅうて言〜とんのに、肝心な時に信じよ〜とせ〜へん事で人間関係の悩みを抱えはる御仁が多いのに気づき申した。
当たり前の事を信じて当然だす。
そやけど、信じれん事を信じてこそ、信じるちゅう事やおまへんか?!

そら、それには「騙される」ちゅうリスクもおまっしゃろ〜。
そやけど、自分が「この人は」ちゅうて思いはったお人はんに対しては、信じれん事を信じるんが信じるちゅう事と違ゃいまっか?!

わては…。
愛する女子(おなご)はんが…。
はずみで、わてにキツい事を言〜ても…。

わては「それはあいつの本心やない。あいつはそないな事を言う女子(おなご)やない。」ちゅうて思いま。

それは、その女子(おなご)はんを愛してるからだす。
わてが選んだ女子(おなご)はんやさかい、信じてまんねん。

一々「あんたは、××を言〜た。」なんて詰め寄ったり、問いつめたり…。
そんなん、わて、無縁や。

わてが向陽閣で占いしとった時だした。
わての係のお人はんが…。

「お客様のアンケートで、上林さんに対して××の事が書かれていますが、そのお客様の間違いか、言い過ぎでしょう。上林さんはそんな人やないですからね。」 ちゅうて、言〜てくれはった。
わて、ホ〜ンマに、うれしおました!!
そやさかい、さらに、その信頼に答えよ〜ちゅうて思い申した。

信じよ〜とする事と、信じられよ〜とする事とは一貫した事であり、一体のモンだっせ。

エッ?
「そやけど岳承はん。信頼するに足りん人にはどないしまんねん。」ってだっか?!

ハッキリ言〜て…。
わては、そないな御仁も信じま。

あんさんな〜。
人間って…。
人を疑ご〜たり疑心暗鬼になっと〜時の顔が、一番、醜い顔、してまんねんで〜。

怒りの顔…。
悲しみの顔…。
それらは芸術になりま。
そやけど、人間の人を疑っと〜顔は芸術になりまへんで〜。

キリストの最後の晩餐の絵…。
あれは名画だっしゃろ〜。
それは、パンを分け与えと〜者の中に、自分を役人に売った奴がおるちゅうて…。
「おまえか?! いや、あいつか?! それともこいつか?!」ちゅうて疑心暗鬼になっと〜顔やおまへんさかいに名画でんねん。

人間、疑心暗鬼に陥ったら人格が変わってしまいま。
これは恐い事だっせ。

映画「スターウォーズ」ん中で…。
ヨーダがよ〜、「恐れ、怒り、悲しみ、疑いはフォースの暗黒面につながる。」ちゅうて言〜たはりまっしゃろ〜。
あれは、「それらの感情は人格を変えてしまいまっせ。」ちゅう、みなはんへの忠告でんねんで〜。

わて、この歳になり申して…。
目の前のごちそうに毒が入っとっても、皿まで食〜たろ〜ちゅうて思〜てま。

要は「毒を食ろ〜ても、その毒を消化して、汗とションベンにして体外に放出」でき申したら、毒ちゅうても恐〜おまへんがな〜。
「これ毒が入ってるんかな?!」ちゅうて疑心暗鬼に陥って怯えるんやの〜て、「毒を無毒に消化する体力」をつけたらイイんじゃ〜ないですか?!
わては、疑心暗鬼で人格を変えと〜おまへんさかいな〜。

わて、数年前、ある女子(おなご)はんに、ちょっとまとまった銭を「これを自由に使いなはれ。」ちゅうて、エエカッコして提供し申した。
ヘヘヘ、男は何歳になっても、女子(おなご)はんにエエカッコをしたがりまんな〜。
ほんで、悪女はんに騙されまんねん。

わて、その時、その女子(おなご)はんに「あんさんが、わてに毒を入れたごちそうを食わすんやったら食わしなはれ。わては、それが毒ちゅうて知ってても皿まで食ろ〜たりま。そないな気持ち、おまへんかったら、あんさんに、この銭を提供でけまへんがな〜。」ちゅうて言いましてん。
ほんだら…。
ヘヘヘ、ホンマに「それが毒」だしたんだっけどな〜。

ま〜、こないな事もおまっけど…。
みなはん、信じるに値するちゅうて、あんさんが選びはったお人はんに対しては、とことん信じるちゅう事が信じるちゅう事と違ゃいまっか?!
あんさんが「信じよう」とする事で、相手はんに「信じられよう」ちゅうこころを引き出しはる事が、「騙されんとこう」とする危機管理に勝るちゅうんをわかってもらいと〜おますな〜。

上林岳承

総合開運研究学会
上林岳承

運命鑑定/プロ養成占い教室
daikando@sd5.so-net.ne.jp


プロの四柱推命『関西占い物語』