悩みの相談2

2012.3.5.UP 2017.4.17.更新

「運命鑑定」ちゅうのは…。
「〜したいのですが?」ちゅう、自分の人生の答を持って来はったお人はんに…。
それは「でけまっせ。」か、それは「でけまへん。」かの2進法の回答を…。
「根拠のおます方法」でさせてもらうちゅう事だす。

つまり…。
あんさんが人生の分岐点で出しはった答の、「答合わせ」ちゅう事に…。
占いを「運命鑑定」として、使用していただくちゅう事でんねん。

ほんで…。
「開運法」ちゅうのは…。
もし「〜したいのですが?」ちゅうご相談に…。
それは「でけまへん。」と出た場合。
「こないしはりなはれ。」ちゅうて、もし改善法がおましたらお教えしま。

一方…。
それは「でけまっせ。」と出た場合。
その事を成すための、「タイムリーな時期」を細かく占い師は述べ申す。
また、物事が紛れんよ〜に、注意点も述べ申す。
それが、この場合の「開運法」ちゅう事でんねん。

占われる側のみなはんは…。
そないなトコを、よくよく吟味、ご理解されて…。
効率のよい、合理的な「運命鑑定」をお受け下され。

上林岳承

総合開運研究学会
上林岳承

運命鑑定/プロ養成占い教室
daikando@sd5.so-net.ne.jp


プロの四柱推命『関西占い物語』