四柱推命 DE 会社経営/延命工作2

2015.1.20.UP

自分の置かれと〜「運命学的現状」を把握したはらへん社長はんがいたはる。


Aランクやおまへん社長はんの会社を…。
倒産せんよ〜に…。
場合によっては「延命工作」を…。
運命学を駆使してする事がおます。

この「延命工作」は…。
例えバナシで言い申したら…。
大阪から東京に行くのに…。
新幹線を使うんがスジでんねんけど…。
その新幹線が不通になっても〜て…。
しょうなしに「在来線のドンコウ」に乗って東京に行く。
そないな状況を連想しておくんなはれ。

「在来線のドンコウ」で行く旅は…。
ヘヘヘ、快適やおまへん。
各駅停車だすんで「いつ東京へ着くんや?!」ちゅうて…。
怒りと〜なる状況。
乗り替え乗り継ぎも繰り返す状況。

ナンでって?!
それは…。
東京へ行くのに「在来線のドンコウ」で行くちゅう、無理な事をしているからでんねん。

会社の「延命工作」も…。
運命学的に無理をして行なってまんねん。
時には運命学に反する所業も使こ〜てまう事もおます。

会社の「延命工作」は無理な事をしてまんねん!

ほんだら…。
周囲の状況は快適やおまへんのんが当然と違ゃいまっか?!
社長はんは経営者としての運気がおまへんから…。
それでも会社を倒産しと〜おまへんから…。
ホンマはすでに倒産してるのに、それを「延命工作」で引っぱって来てまんねんから…。

会社運営において快適やおまへんで当然と違ゃいまっか?!
倒産と不快適を秤にかけて…。
倒産しと〜おまへんから不快適でおましても、会社の「延命工作」を取ったんと違ゃいまんのんか?!

そやのに…。
自分の置かれと〜「運命学的現状」を把握したはらへん社長はんがいたはって…。
毎日の会社運営の不快適さ…。

周囲の軋轢。
一部の輩からの中傷。
圧力。
社員の反抗。

それらにアタフタするのは仕方おまへんけど…。
それらを恐れたり嘆いたり右往左往するんは…。
「○○さんは嫌いや。」とか「××するんはイヤや。」とかの感情的贅沢を言うんは…。
自分の置かれと〜「運命学的現状」を把握したはらへんのんと違ゃいまっか?!

しかし…。
そ〜ゆ〜不快適がイヤなんだしたら…。
自分には経営者としての運気がおまへんのんだっから…。
あっさりと会社をたたみはるこっちゃ。(普通やったら、も〜倒産したはるんだっから…。)

2つに1。
その中間はおまへん!

人生…。
シンプルに考えやんとあきまへん。


しかし、ま〜こ〜ゆ〜事なんだっけど…。
わては…。
依頼された社長はんに…。
「○○さんは嫌いや。」とか「××するんはイヤや。」とかの感情的贅沢を言われて…。

「フンフンそ〜かいな。ほんだら、こないしてみてはどないだっか?!」ちゅうて…。
相談に乗っても〜て…。
ヘヘヘ、わてが、そないな社長はんを甘やかしとんかもしれまへんな〜。(反省!)

上林岳承

総合開運研究学会
上林岳承

運命鑑定/経営相談
daikando@sd5.so-net.ne.jp


プロの四柱推命『関西占い物語』