TOKYOオハラ発表のスケジュール

  日時:2001年4月22日(日) 12:00開場 /場所:国立代々木競技場 第1体育館
  スケジュール:12:30 開会式
           12:55 (第一部)グランプリ
           13:55 TOKYOオハラ・曲と振付けの発表
           14:15 (第2部) 国際芸能フェスティバル
           15:30 終了

上記終了後、渋谷109ビル前を中心に道玄坂と文化村通りで、4:30より6:00まで、パレードがあります。その時も、途中で一度時間をとり、TOKYOオハラを路上で披露します。 時間は17:17開始の予定です。 場所は109ビル前等3個所で行います。

東京オハラ」とは、「鹿児島おはら節」を基にしたダンス音楽で、何千人もの人達が踊る為の音楽(藤掛先生作曲)。4月22日に東京渋谷の道玄坂を交通遮断して行われる「東京おはら祭り」で初披露されます。


◆東京おはら 投稿者:小部@iモードさん  投稿日: 2001年4月22日(日)17時44分

路上だけ聞きましたが先生による演奏ではなく録音したものがながれていました。曲は踊りの曲なので陽気でたのしいものでした。ミニレポートでした。

◆東京おはら祭りいってきました 投稿者:千葉さん  投稿日: 2001年4月23日(月)00時47分

■数年ぶりに若者の街渋谷(笑)に足を運び、東京おはら祭りみてきました。
■今日は風が強くて肌寒かったのにもかかわらず沿道には大勢の見物人が、また外国の方も取材など含めてかなりいました。久しぶりの渋谷ということで、場所がわかるかどうか不安だったのですが、いかにもそれらしい特設やぐらが109の前にあってすぐにわかってよかったです。ちなみにそのやぐらには藤掛先生と奥様(だと思いました)の姿もありました。
■それにしても109をはさんで道玄坂通り、文化村通りをジャックしてのパレードは凄かったです。参加者だけでも2000〜3000人位はいたような気がしますし、見物人にいたってはその10倍以上いたかもしれません。まさしく「お祭り」でした。
■藤掛先生の作曲された「TOKYOオハラ」は予定通り17時17分から始まり、録音された音楽にあわせて、高校生10数名、高校を卒業して30年位たった女性の方たち10数名(笑)による踊りが5分程でしたが109の前他3箇所で繰り広げられました。
■曲のほうは、Voice One Two Threeの音色(俗にいうワン、ツー、スリー)で始まるアップテンポの曲。おはら節も藤掛先生の手にかかるとこんなに現代的な形に生まれ変わるんだなぁというのが印象でした。ダンスのほうですが、若者組のダンスはパラパラあり、ギバちゃんこと柳葉敏郎や哀川翔が昔所属していた一世風靡セピア風のダンスありで、とても楽しかったです。それと対称的に高校を卒業して30年位たった女性の方たち(^_^;)の「踊り」は伝統的な振り付けで、それはそれでよかったです。私の後ろでみていた若いカップルからも「楽しそーー!!」という言葉が出ていました。残念だったのはスピーカーがチャチだったせいで、音楽があまり良く聞こえなかったのですが、とにかく雰囲気は楽しめました。
■帰りは参加団体の一つのサッポロビールが行なっていた新しい発泡酒の無料試飲で、ビールを丸々コップ一杯飲み干し、気分良く帰ってきました(^^)
■以上、東京おはら祭りレポートでした。


◆学校より書き込み 投稿者:ずぃまさん  投稿日: 2001年4月24日(火)12時57分

東京オハラですが、私、幸運にもその日たまたま渋谷に買い物にきてまして、偶然にも、お祭り騒ぎにでくわしました。「そういえば東京オハラは今日だったのか!」と思い出し、109の前で踊りをしばらく見てました(!)。
見た感想は、いやぁもう、圧巻(笑)。
若者の私から見ても、かなりカッコいいリズムで、個人的にはかなりのヒットでした。
ちょっと遠くて踊りが見えなかったのが残念でしたが、楽しそうな雰囲気は私のいるところまで届き、あの祭り特有のワクワクするような興奮が沸き起こって、楽しいひと時を過ごせました。

>千葉さん&小部さん
お二方とは、お祭りの時、どこかでお会いしているかもしれませんね!