[目次


藤掛先生と作品に関するコーナー


Mando Boyさん、ありがとう! 投稿者:管理人  投稿日:1999年12月06日(月)21時32分50秒

早速のお返事、ありがとうございます!
曲目解説までいただき、とってもうれしいです。

藤掛先生の新曲を聞きに行けなかった人が、インターネットで雰囲気を垣間見ることができる。
そして、曲目解説を見て、興味を持つ、「いい曲ならやってみたい」・・・
インターネットでは音楽を流すことは、いろいろな問題・制約があるでしょう。
しかし、文章で想像を膨らませるのはまったくの自由です。
     「行く川の水は絶えずして、しかも元の水にあらず」
     「水のリズム」をテーマにしてこの曲は生まれました。
なんか、すごくどんな曲か聞きたくなりました。

Mando Boyさん、本当にすばやいお返事、うれしかったです。うるうる。


アクアリズム初演情報 投稿者:Mando Boy さん 投稿日:12月06日(月)02時18分19秒

 管理人さん、どーも(^ ^)/。昨日練習さぼってアクアリズム聴いてきました。
 まずは一連の情報をば、

 曲名:マンドリンオーケストラの為のシンフォニエッタ Aqua Rhythm
 初演年月日、場所:1999.12.4(土)、広島県民文化センター
 演奏時間:約17分
 初演団体:広島修道大学マンドリン部(第35回定期演奏会)
 オケ編成:1st=5人、2nd=7人、ドラ=6人、チェロ=3人、ギター=9人
      ベース=3人、以上計33人


藤掛先生の近況です。 投稿者:管理人  投稿日:11月03日(水)23時31分01秒

先日先生よりメールをいただきました。
すごくおいそがしいようです。そのメールより抜粋です。

「紙すきのうた」が終わって、休みも無くソロオーケストラのコンサート、
国民文化祭の邦楽の祭典で、琴や尺八、三味線等100人による新作の交響詩「山河緑照」の初演指揮と続き、11月は9日に東京で、12日に岐阜県大垣市でソロオーケストラのコンサートがあり「紙すきのうた」は11月14日に美濃和紙の本拠地であり物語の舞台となった「美濃市民会館」で再演されます。それまではゆっくり休みも取れそうにありません。来年は出来るだけ早い時期にマンドリンの新曲ばかり5〜6曲まとめて(楽譜とCD)発表するつもりですのでどうぞ楽しみにお待ち下さい。

とのことでした。新曲ばかり5〜6曲・・・
あれとこれとえ〜と・・・ということは!
とても楽しみです。


現在NIFTYに公開されている藤掛先生の曲の一覧

  FUJIKAKE, Hiroyuki [藤掛 廣幸] (1949-,日本)

曲  名  型式 音源 Lib-No 公開日
スタバートマーテル RCP SC55mk2 6-0056 93/08/25
グランドシャコンヌ RCP SC55mk2 6-0060 93/11/10
パストラル・ファンタジー RCP SC55mk2 6-0080 94/06/09
吹奏楽のための協奏的序曲 MID SC88 6-0179 95/11/23
吹奏楽のための協奏的序曲 MID SC88VL 6-0310 97/06/11
白鳳狂詩曲 R36 SC88VL 6-0184 95/12/18
セレナーデNo.3 MID SC88Pro 6-0398 98/11/17
セレナーデNo.4 RCP SC88 6-0227 96/05/25
TrePickPrelude MID SC55mk2 6-0286 96/10/23
じょんがら MID SC88PRO 6-0357 98/02/21
スタバートマーテル MID SC88Pro 1-4993 99/09/05

(千葉 修平 さんよりの情報です。/99年9月27日)


当時、広島修道大学が頻繁に委嘱されているのは

「セレナーデNo.2」・・・広島修道大学マンドリン部第15回定期演奏会
              1979.11.13/場所:広島郵便貯金ホール(初演)

 「春の讃歌」・・・・広島修道大学マンドリン部第17回定期演奏会
          1981.11.19/場所:広島郵便貯金ホール(初演)

「夜明けの讃歌」・・広島修道大学マンドリン部第20回定期演奏会(初演)1984.

当時、広島修道大学が頻繁に委嘱されているのは、広島修道大学マン
ドリン部の創立メンバーで、現在は日本マンドリン連盟中国支部副支部
長の檜垣尚文さんと藤掛さんとの親交がきっかけのようです。現在も親
交は続いているそうで、ほとんど毎年広島を訪れていらっしゃいます。
 この11月、久しぶりに広島修道大学が藤掛先生の曲を委嘱初演する
のを非常に楽しみにしています。近々BOXに立寄って情報収集してこ
ようかと思っています(^ ^)。
 
 (Mando Boy@JMU中国支部事務局です(^ ^) さん 投稿日:09月05日(日)05時39分08秒)


藤掛先生の曲とアンコール 投稿者:きねづか事務局 さん 投稿日:09月09日(木)23時32分40秒

アンコールに藤掛先生の曲を・・・という話題を見て自分の学生時代
の事を思い出しました。

私が学生時代の定期演奏会は、帰山先生の歴史的序曲第四番をメイン
にしたのですが、アンコールは藤掛先生の「八つのバラード」から
「星の子供」を選んでアンコール曲にしました。

結果、アンケートを見るとアンコールの曲がメインの曲よりも良かっ
たというものがあり、びっくりしました。全般的にアンコールも良か
ったという意見が数多くあり、藤掛先生の曲の人気を思い知りました。

これに気を良くして、その後の東京演奏会では、メインは龍野先生の
イマージュ(新曲初演)にしたのですが、アンコールは、またまた
「八つのバラード」から「フィナーレ」にしました。これもとっても好評でした。

この文章を書いていると、また「八つのバラード」が弾きたくなりました。

追伸、
イ・ムジチのCDは私も持っています。
マンドリンオーケストラの為の「日本の歌三章」(藤掛廣幸編曲)は
まだ聞いた事がないので、とっても興味があります。
きねづかで候補曲に出してみようかな(^。^)


藤掛先生の近況

追伸1
藤掛先生は最近テニスにはまっておられるため、腕がムキムキです。

追伸2
藤掛先生は「星空のコンチェルト」が最近のお気に入りです。

(井上泰信@ARSNOVA さん 投稿日:09月10日(金)01時44分59秒)


藤掛サイン.jpg (24633 バイト)
藤掛先生のサインです。

これを書いていただいたのは1995年5月26日の
第43回上智大学ソフィアマンドリーノ定期演奏会
(なかのZEROホール)のときです。(私は高校生でした。)
先生がいらした理由はわかりませんが
たぶん、久保田先生がパストラル・ファンタジーを
指揮したからだと思います。
いただいた理由は、ほかの部員が藤掛先生が2階の客席に
いるというので、みんなでもらおうとおしかけまして
10人くらいでサインをいただきました。

(明治大学プレクトラム研究会、小部 崇さん。99.8.26記)


  [目次