petter wettre

「TOUR DE FORCE」(HOUSEHOLD RECORDS DAA003)
PETTER WETTRE/DAVE LIEBMAN

 こういうことがあるから新譜購入はやめられない。ペーター・ウェテル(と読むのかどうからわからん)? 誰やねん、こいつ。全然知らんわ。と言いつつスタートボタンを押す。えっ? このテナー、リーブマンじゃなくて、ウェテルなの? すごいやん、このひと。いやー、これはめちゃめちゃかっこええわ。音色も、空間をいかしたプレイも、自由なリズムも……これはかなりすごい。私のもっとも好きなタイプの演奏である。あわててインターネットでペーター・ウェテルとは何者か、調べてみたが、わかったようでわからん。リーブマンも鬼のようだし、ベースがなんとアトミックのリーダーにして変態ベーシストのハーカー・フラーテンだ。うーん、この濃密な音世界はほんとにおいしい。このペーター・ウェテルというひと、しばらく追いかけてみようと思う。うーん、世の中にはまだまだすごいテナーがおるもんですなー。

「LIVE AT COPENHAGEN JAZZHOUSE」(HOUSEHOLD RECORDS DAA002)
PETTER WETTRE TRIO

 リーブマンとの共演盤がすごくよかったので、ライヴでピアノレストリオならこのひとの持ち味がもっと発揮できるだろうと思って購入。その読みはバッチリでした。このひとの硬質なトーンはそのままこのひとの音楽性をあらわしている。コルトレーンにルーツを持つスタイルだと思うし、非常にアグレッシヴな面もあり、ドラム、ベースとの有機的なからみも含めて、聴いていてものすごく興奮する要素満載だが、どこか知的な匂いがする(というかどれだけフリーキーに吹いても、どこかで冷静さが残っている)のもまた良い。そういうあたり、たとえばアラン・スキッドモアやパット・ラバーベラと共通するものを感じる。リーブマンやグロスマン、ブレッカーなどは、白人テナーマンとしてある意味突き抜けてしまい、自分の異常な世界を築いているわけだが、このひとはそこまで突き抜けていない。自分の世界とコルトレーンの世界を折衷しながら、うまいバランスを保ちつつ、めちゃめちゃ高度な音楽性を表現しているわけで、そういうひとにも私はひかれるのです。バスクラもいい。共演者もいい。もっと話題になってもいいアルバムなのに。もしかしたら、私が知らないだけですごく売れてるのか……?