little walter

「THE BEST OF LITTLE WALTER」(CHESS PLP−802)
LITTLE WALTER

 リトル・ウォルターについては、ブルースファンはこぞって絶賛するが、私はいまだにその良さが(あまり)わからない。そういうときは、「しつこくしつこく何度も何度も聴く」ということで乗り切ってきた私だが、リトル・ウォルターの本作に関しては、何度聴いても、この「ジューク」というヒットナンバーをはじめ、これもヒットした「マイ・ベイブ」とかにしても「ええなあ」とは思うのだが、「すごいっ」という感覚はない。レスター・ヤングだったか、のソロをコピーして、ハープで吹いてみる、というのがリトル・ウォルターの練習法だったというようなことをどこかで読んだ記憶があるが、それならレスター・ヤングを聴けばええやん、と思ってしまう私は、やっぱりブルースがちゃんとはわかっていないのだろうな。しかも、そんなにサックスに似ているとは思えないがなあ(小出さんの日本語ライナーによると「サックスそのものだ」と書いてあって、よくわからん。どっちかというとハープそのものだと思うが……)。悲しいなあ。でも、しかたがないのである。いまだにサルサがわからない(というか、肌にあわない)ように、わからないミュージシャン、肌にあわないミュージシャンがいてもしゃあないのだ。いや、このアルバムで演奏されているような、初期のシカゴブルースのサウンドは、すごく好きなんです。だから、このアルバムも好きは好きなのだが、みんながいうような「アンプリファイアド・ハープの神様」的な扱いがよくわからないのである。すまん。リトル・ウォルターについてはボーカルのほうが好きです。でも、「ブルー・ライツ」のどろどろしたスローブルースのハープの表現は、本作ではいちばん気に入った。あと「テル・ミー・ママ」の超軽快なリズムセクションとそれにのっかるボーカルのかっこよさ、みたいなこともわかります。それにジャケットは死ぬほどかっこいい。