mccoy tyner

「GUITARS」(HALF NOTE RECORDS HN4537)
MCCOY TYNER

 マッコイ・タイナーの最近の活動なんか、まーーーーーったく関心はなかったうえ、管楽器が入っておらず、ギターが入れ替わり立ち替わりゲストで入ると聞いて、まず私が買うようなアルバムではないと思っていたのだが、ついうっかり(?)購入。聴いてみて、ちょっと腰が抜けそうになった。すごいじゃないですか! マッコイもいいんだけど、ビル・フリーゼル、デレク・トラックス、マーク・リボー、ジョン・スコ、ベラ・フレックという5人それぞれのギターがそれぞれに個性を発揮していて聞きあきない(だれだ、このギターの人選をしたのは。聴きたくなる気持ちを煽りまくる人選だぞ)。曲も、一曲目に「インプロヴィゼイション」というタイトルの、マーク・リボーとの即興が入っているのだが、これがテンション高く、がっちりハートをつかまれる。そのあとは、「パッション・ダンス」「ミスターPC」「マイ・フェイヴァリット・シングス」「ブルース・オン・ザ・コーナー」などの超有名曲をどのような切り口で演っているかのベタな興味も手伝って、どんどん聴いてしまう。どのギターもいいんだけど、とくにベラ・フレックというバンジョーのひとがすごくてびっくりした。あと、ロン・カーターとディジョネットというリズムセクションもめちゃめちゃよくて、とくにディジョネットってまだまだすごいなあ、とあらためて感心した。ジャケットのマッコイの写真がかなり痩せていて、かつてのヤクザの親分みたいな貫禄こそなくて、お爺ちゃんみたいになってるが、演奏はぜんぜん大丈夫。ああ、ええ買いもんしたわ。久々にジャズを聴きました。なお、長時間収録したDVDがついているのだが、そちらはまだ見ていない。