sonny thompson

「CAT ON THE KEYS」(SWINGTIME ST1027)
SONNY THOMPSON

 これまで私はたくさんのレコードを買って、たくさん売ってきたが、売ろうかな、と思うたびに聞きなおして、うーん、やっぱり置いとこう、と思いなおすアルバム。日頃はまず聴くことはないが、そういうときに聴きかえすと、その良さを再認識する。私はこういう音楽の知識はないが、ソニー・ソンプソンはブルースピアニストで、このアルバムの曲はすべてインスト。そして、ピアノが前面に出るというより、ホンカー的なテナーサックスをフィーチュアした演奏が多い(そのあたりが、手放しにくい理由なのである)。ジャケットには、「フィーチュアリング・キング・カーティス、エディ・チャンブリー、デヴィッド・ブルックス」とあるが、これは看板に偽りあり、というか、一種の誇大広告で、全部で16曲入っているうち、キング・カーティスもエディ・チャンブリーも一曲ずつしか入っていないのだ。あとは全部、デヴィッド・ブルックスである。でも、正直言って、デヴィッド・ブルックスといえば、あのバッバ・ブルックスである(ほんとうはデヴィッド・バッシュフル・バッバー・ブルックスらしいが)。ティナ・ブルックスの兄、といわずとも、ブローテナーファンのあいだではスターである。このひとのすばらしいソロの数々を聴くだけでも、このアルバムの価値はある。音もすごいし、ほんと、めちゃめちゃうまいんですよ。では、キング・カーティスとエディ・チャンブリーはだめか、というと、そんなことはなくて、どちらも一曲ずつだが、すごいソロをしている(とくにカーティス)。ブルックスが、ダイナミクスを心得た、うねるようなソロ(つまり、ベン・ウエブスター系統のジャズっぽいソロ)をするのに対し、キング・カーティスは音を終始均一に濁らせて吹くあたりがソウルっぽく新時代的である。たぶんずっと売らないだろうなあ、と今は思っている。