natsuki tamura

「KO KO KO KE」(MTCJ−3012)
NATSUKI TAMURA SOLO

 これは驚いた。めちゃめちゃええやん。なんの期待もなく(そもそもトランペットはあまり好きではないので、それのソロというだけで、すでに聴きたくないモードに入ってるわけです)聴いたのだが、トランペット無伴奏ソロのインプロヴィゼイションかと思ったらさにあらず。まったくちがっていた。これは、要するにボーカルアルバムである。その合間あいまにちょこっとトランペットが吹かれる。しかも、ボーカルといっても、ヴォイスによるインプロヴァイズドではなく、なんというか、童謡というか民謡というか疑似民族音楽というか、そういう鼻歌的素材を、田村夏樹がまじめに歌うのである。ああ、説明しにくいなあ。ハナモゲラのような即興性の高いものともちがう、新たなボーカルの世界にふれることができるのは絶対保証。傑作として、すえながく愛聴したいです。

「STRANGE VILLAGE」(ONOFF MUSAK,INC MZCO−1073)
GATO LIBRE

ガトー・リブレというのは「自由な猫」という意味だそうだ。メンバーは田村夏樹のトランペット、藤井郷子のアコーディオン(ピアノは弾いていない)、急逝した是安則克のベース、そして津村和彦のギターという4人である。マイナーな、哀愁の、憂鬱な、官能的な、ヨーロッパ的なメロディがアコースティックに奏でられる。個々のソロも、テクニックをこれ見よがしにひけらかすものはひとつもなく、どちらかというとそういうものは殺す方向性の演奏だ。ストイックなまでに、メロディを大事にする。そのためには、テクとかアドリブの歌い上げとかかっこいい解釈とかをあっさり捨てる(いや、あっさりではないかもしれない。よほどの決意とともに捨てるといいかえよう)。その結果、聴きやすくて、楽しくて、ポップな音楽が詰まった作品なのに、一方では、ひじょーにシリアスな空気感が漂う作品ともなった。ジャズ的なスリルはほとんどないが、それにかわる大事なものをたくさん聴かせてくれる。どの演奏も(アレンジとして)ギターがキーとなっているように思える。ほんとにすばらしいギターワークで、聞き惚れる。田村のトランペットはちょうどいいあたりをうまくコントロールしているし、藤井のアコーディオンも絶妙で、あー、このひとたちはちゃんと心得ているのだなあ(あたりまえだ)、と感心しきり。全部が田村の曲だが、どれもどこか外国の民謡とかフォークソングとかトラッドソングとかシャンソンとかアイリッシュの曲とかそういった「ありもの」に聞こえるほどレベルが高い。心が痛いときに聴こうっと。