steve swell

「SWIMMING IN A GALAXY OF GOOD WILL AND SORROW」(ROUGE ART ROG−0009)
STEVE SWELL’S FIRE INTO MUSIC

 なんちゅうタイトルじゃ。なんちゅうバンド名じゃ。リーダーであるスティーヴ・スウェルのやる気がひしひしとつたわってくるではないか。でも、曲も演奏もすごくいいんだけど、なーんか何度聴き直しても印象が鮮やかでない、というか、ガーンと来ない。練り上げられたコンセプト、すばらしいソロの応酬、リズムセクションもよい……言うことない感じなのだが、どこかぴんとこないのだ。リーダーであるスティーヴ・スウェルの演奏はめちゃかっこいいし、ベースはウィリアム・パーカー、ドラムはハミッド・ドレイクなので言うことないはず。ので、もしかしたらアルトのジャミール・ムーンドクのプレイのせいかもしれない。編曲ががっちりしすぎているのか? でも、もちろん悪いアルバムではなく、それどころかめちゃいい内容なのだ。ただ、ちょっと散漫な印象を受けるだけ。これはこっちの問題なのかなあ……。大音量でもっぺん聴いてみよう。こういうアルバムは、何べんも聴いているうちに急に印象が変わったりするしね。

「LIVE @ THE VISION FESTIVAL」(NOT TWO RECORDS MW 780−2)
STEVE SWELL’S SLAMMIN’ THE INFINITE

 スティーブ・スウェの新プロジェクトらしいが、基本はピアノレスカルテットで、そこにこのライヴではピアノのジョン・ブラムがゲストとして参加している。テンションの高いフリーインプロヴィゼイションかコンポジションに突入するのだが、スウェルの曲がどれも高水準なのだ。曲とフリーの部分が有機的につながっていて、全体としてひとつの「曲」になっており、インプロヴィゼイションを聴いた、とか、曲を聴いた、とか、誰々のソロを聴いた、とかいうより、「音楽を聴いた」という満足感にひたらせてくれる。こういうのがポストフリーなのだろうか。ボントロ本来の豪快な魅力を十分に感じさせるトロンボーンソロもいいが、テナーのサヴァ・マティーンがどの曲でもフィーチュアされており、主役を食ってしまうようなすばらしくもフリーキーなソロを展開していて、ちょっと感動ものである。煽りたてるようなピアノ、ベース、ドラム……みんないい。うーん、このバンドは目が離せないかも。全部で3曲しか入っていないが、ラズウェル・ラッドに捧げた曲や、フランク・ロウに捧げた曲があるというのも、スウェルの音楽的バックボーンがわかって興味深い。

「KANREKI:REFLECTION & RENEWAL」(NOTTWO RECORDS MW−929)
STEVE SWELL

 タイトル通り、トロンボーンのスティーヴ・スウェルが60歳を記念して録音した二枚組だが、ジャケットには漢字で「還暦」という文字が50個並び、ジャケットの裏側にはなんと(途中で切れているものも入れると)410個の「還暦」の文字が並んでいて(田中調べ。まちがってるかもしれません)、目がおかしくなる。それだけではなく、ライナーノートのあちこちに計35個、CDの表面に6〜70個の「還暦」が並び(ちゃんと数えられないのは上下左右が切れているから)、ジャケットの折り畳まれる部分にもゲリラ的に「還暦」が12個……という「スティーヴ・スウェルさん、いったいどうしたんだ!」と心配したくなるようなめちゃくちゃなデザインのアルバム。もし、あなたが彼の友達なら病院に連れて行ったほうがええでと思うほど。ノットトゥーレコードはこの暴挙をなぜとめなかったのだ、という気もするが、裏ジャケットには「カンレキというのは、日本の60歳の誕生日のお祝いで、人生の新しい章に移行するためにその人物の過去の経験の反省とエネルギーの再生が行われる」みたいなことが書かれている。まあ、そんなことより内容である。そして、これがめっぽう面白いのだ。最初、ぼんやりと聴いていたときは一曲ごとにメンバーも演奏内容も変わるし、統一感がないなあ、と思っていたのだが、しつこくしつこく聴いているうちに、ものすごく面白いアルバムだということがわかってきた。スウェルのお祝いアルバムなのにスウェルが参加していない曲もあったりするのも面白い。個人的にはスウェルのイメージというのは、ゲブハルト・ウルマンとの「アンサンブルにソロに作曲に……となんでもでき、かなり過激だが、きっちり筋の通ったフレーズをしっかり吹く、めちゃ上手いトロンボーン奏者」というもので、ヴァンダーマークとの演奏もそういう風に思っていたが、本作ではかなりちがった面も見せる。まず1枚目の一曲目は、スウェルにポール・フラーティ、スペンサー・ヤー、ウィーゼル・ウォルターというメンバーでの集団即興で、31分もあるが、これが山あり谷あり海ありドブありで、どんどん場面が変わっていくし、スペンサー・ヤーのヴォイスがなんとも絶妙に楽しくて聞き入ってしまう。2曲目は、ベースがドライヴするコンポジションもので、途中ちょっとフリーになる場面はあるものの基本的にはウルマンやヴァンダーマークとやってる音楽に近いような気がする。アトミックっぽいなあ、と思ったのはマグナス・ブルーが参加しているからか? スウェルの曲だが、ええ曲書きまんなあ。3曲目は、なんとスウェルは作曲のみで、演奏には参加していない。クラリネットアンサンブル4重奏だが、メンバーがネッド・ローゼンバーグ、ギレルモ・グレゴリオらも入っていて豪華である。これがもうめったやたらと面白くて、何度も聴いてしまうのである。即興とコンポジションが絶妙に入り混じり、ソロや混沌とした集団即興、そして不協和音と美しいハーモニーの対比など、そのさじ加減が抜群である。そして、なにより曲がかっこいい。スウェルの作曲の才能にすっかり感心。1枚目ラストは、スウェルとヴォイスのトム・バックナーによるデュオ。これもええ感じです。2枚目にいくと、いきなり一曲目はスウェルの無伴奏ソロの曲。スウェルってソロだと(マンゲルスドルフやジョージ・ルイスみたいに)もっとしっかり吹くのかと思いきや、かなり抽象的な演奏で非常にチャレンジングだった。2曲目〜4曲目は一種の組曲で、クラリネットのギレルモ・グレゴリオ、チェロとエレクトロニクスのフレッド・ロンバーホームとのトリオ。これがまたまたものすごくおもろいのだった。なかでもクラリネットには脱帽。このトリオはすごいわ。たぶん完全即興なのだろうが、めちゃくちゃ気に入った。完璧なトライアングル。こういうのを聴いてると時間が経つのを忘れる。そしてしめくくり5曲目は22分ある演奏で、アルトにダリウス・ジョーンズ、それにギターとチェロとベースという、ドラムのないクインテットで、スウェルの曲であるが、これもめちゃよくて、一曲のなかにさまざまな場面が設定されており、聴いていて飽きないし、とくにチェロの狂気とジャズっぽいアルトが耳に残る。なんともいえない謎めいた魅力のある作曲も見事。というわけで、この2枚組、かなり聴き込んだが、スティーヴ・スウェルの新しい人生、というかリニューアルにふさわしい傑作となったのではないか。

「STEVE SWELL PRESENTS MAGICAL LISTENING HOUR LIVE @ THE SOUTH STREET SEAPORT」(CADENCE JAZZ RECORDS CJR1222)
STEVE SWELL

 スティーヴ・スウェルがリーダーのグループのライヴで、メンバーはほかにネイト・ウーリー、ロイ・ベロゲニス、マイケル・アティアス。つまり全員管楽器なのだ。てっきり、スウェルのコンポジションをこの4人が演奏するものだと思っていたら、全編即興だった。ベロゲニスってこういうのもやるのね。ロングトーンの微妙な変化やノイズ、唾液の音、その他を互いが駆使し合いながらひとつの音楽を織物のように作り上げていく。ダイナミクスが半端ではなく、微細音から爆音まで振幅が広い。しかし、これがスウェルの「マジック」のひとつであって、生音ですごく小さな音の部分が入ると、耳を聾する音量でなくてもかなりでかくしたように聞こえるのだ。長尺の演奏2曲が入っているが、どちらにも共通していえるのは、ものすごい緊張感を保ちつつ全員が即興を行っていることで、ここは俺のソロだから好きにするぜ、という感じで飛び出してくる部分はほとんどなく、ほぼ全編、全員が残りのメンバーの出す音をひとつも逃さぬよう聴きながら自分の音を出している。それがめちゃくちゃ高いテンションにつながっているのだ。リラックスしている部分がほぼないように思える。だから、聴くほうも全身を耳として、対峙するように聴かないと面白くない。そういうタイプの演奏なのだ。メンバーのなかではとくにネイト・ウーリーが、さまざまな音色、フレーズ、リズムをつぎつぎとぶつけてきて、引き出しの多さを感じさせる。指揮というか指示があるのかないのかよくわからないが、ときどきびっくりするぐらい面白い展開になるときがあって、わくわくする。スウェル自身によるライナーによると、このグループでスタジオに入ったことはあるが、このアルバムがはじめてのライヴであって、そのときの録音を無編集で収録してあるそうだ。4人とも椅子に座って、弧を描くようにして演奏している写真が掲載されているが、皆真剣そのものの顔つきである。スウェルのライナーは、なかなか興味深く、この4人での即興のやり方というか作り方みたいなものが書かれている。まさにアコースティックなインプロヴィゼイションで、非常に聴きごたえがあります。